21294922

【早稲田大学国際教養学部の英語勉強法】傾向対策とおすすめの参考書を紹介!

はじめに

早稲田大学の国際教養学部(SILS)ではどの入試科目も高難易度な問題が出されます。特に国教の英語は長文、英作文のいずれもレベルが高く綿密な対策が必要です。
国際教養学部の英語はレベルも配点も高いですが、英単語、文法、読解の力を鍛えて本番では得点源にしましょう!
この記事では早稲田大学国際教養学部の英語の入試英語についてお伝えします。傾向と対策法やおすすめの参考書・問題集、合格のための勉強法、解き方や読み方のコツまで広く紹介しますので、今後の勉強の参考にしてみてください。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

早稲田大学国際教養学部の英語 入試情報

14641173?w=430

まずは国教の英語についての入試情報を確認しましょう。配点や問題形式をチェックして力を入れるべきポイントをおさえましょう!

配点と設問形式、時間配分について

まずは配点についてです。早稲田国際教養学部の英語はトータルで100点満点です。国語と選択科目(日本史・世界史・数学)がそれぞれ50点ずつということを考えると、英語の対策はとても重要であり、得点源にすれば合格まで大きくリードできるといえます。ですが国語と選択科目でも得点してこそ合格が見えてくるので3科目をまんべんなく勉強するよう心がけましょう。
また、国際教養学部の入試要項では2018年2月の入試から筆記と「英語4技能試験」という2つの方式で採点されることが発表されました。英語4技能とは、読む(Reading)、書く(Writing)、聞く (Listening)、話す(Speaking)の4つのスキルを指します。これらの能力を評価する材料として実用英語技能検定(英検)またはTOEFL iBTの結果が使われます。英検であれば級合格、TOEFL iBTであれば点に応じて国教の入試の素点に換算されます。 筆記は85点満点、英語4技能試験は15点満点となっていますが、詳しい⼀般⼊学試験の制度変更についてはこちらから詳しい情報を見ることができます。
なお、この変更に伴って国際教養学部の入試英語からリスニングが無くなるので注意しましょう!

早稲田国際教養学部の英語では、長文問題は全問マーク式、他の問題は英作文と問題形式がはっきり分かれます。前者を消去法などでテキパキ解いて後者に時間をかけることができるとベストです。

国教の入試英語は制限時間が90分です。大問が4つということで1つの大問に対して多めに時間を充てることができます。目安としては以下のとおりです。
大問Ⅰ:長文(25~30分)
大問Ⅱ:長文(25~30分)
大問Ⅲ:英作文(要約)(15分)
大問Ⅳ:英作文(自由英作)(10分)
長文にやや重きを置いて解いていくことはもちろん王道です。ただ、国教英語の長文は非常に長く、小説が題材になることがあるので時間をかけすぎないよう注意が必要です。1つの大問にこだわらず、全体的に得点していく意識があるとよいでしょう。
また年度によって大問ごとの難易が異なるので、柔軟に対応できるようにするためにある程度時間に幅を持たせておくことをおすすめします。

目標点

長文で8割以上の正解率を維持することを目標として頑張りましょう。長文で8割というとやや高めな印象ですが、その理由としては
1.そもそも100点満点と配点が高く合否に大きく関わるから
2.そこそこウェイトがある英作文の配点がわからないから
3.英語が得意、帰国子女といったアドバンテージがある人が多く受験するから
の3つが挙げられます。
最初のうちは5割に満たない点数でも大丈夫です。得点アップの勉強法を身につけて本番では着実に高得点を取りましょう!

難易度

難易度は
長文:標準〜やや難
要約問題:標準
自由英作文:標準
このような具合です。リード文・問題文・選択肢など全て英語で書かれているため所見では非常に難しく感じるかもしれません。ですが、設問や答えるべき内容はシンプルであることが多いので、全体的に見ると案外普通のレベルだと捉えることができます。
ただし長文問題は文章量があるので、読解に慣れていないと焦ってしまう場合があります。ですが丁寧かつ速く読むことができれば合格はすぐそこまで見えてきます。後ほど紹介する勉強法を参考に合格まで突き進んでみてください。


余談ですが、国際教養学部では学部内に設置される授業は全て英語で行われます。それほどまでに英語に堪能であることが求められているのかもしれません。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

出題傾向と対策法

14641465?w=430

早稲田大学国際教養学部の英語はクセが強いため、傾向を掴んだうえで対策を練っていくことが合格の近道となります。以下で最新の傾向と対策を紹介しますので、問題を解くときの参考にしてみてください。

長文読解問題

早稲田大学国際教養学部の入試英語では、例年長文が2題出されます。筆記で8割取るための要でもあるのできちんと傾向・対策を押さえましょう!
内容に関して、1つは評論やエッセイ、もう1つは小説であることが特徴です。小説を読み慣れていない方は多いと思いますが、評論文と同じように読んでいけば大丈夫です。なので動揺せず普段通り読むようにしましょう。
ちなみに、国教の英語長文が縦長になっていてやや読みにくいです。赤本では1ページの端で次の行へと読み進めますが、本番の冊子ではページの横半分のラインで次の行へと読み進めるため、下に向かって読んでいくような状態になるのです。こうなると、思いの外内容を遡ったり重要な箇所に線を引く作業が大変になることがあります。なので入試用の冊子を見て慣れておきましょう。こちらから2017年の入試問題を見ることができます。

また設問は段落要旨把握問題、内容一致問題・不一致問題、同義語選択問題、空欄補充問題など様々なパターンがあります。ただ、長文問題は全てマーク解答ですので一つ一つ手がかりを押さえて解答できるようにしましょう!
特に段落要旨把握問題では、複数ある選択肢から各段落の内容に一致するものを選びます。10個以上並ぶ選択肢から正しいものをマークする形式ですが、1つのミスでさらに1つミスすることになりかねません。なので1つのパラグラフを読み終えたらすぐに解くことをおすすめします。記憶が新鮮なうちに解答することで速く正確に捌くことにも繋がりますので過去問演習の段階から意識してみてください。

全体を通して長文読解問題では内容理解ができているかが問われる傾向にあります。一方で文法の理解を試す問題はほぼ出ません。受験生は文法を理解しているという前提で問題を作っているのかもしれませんが、国教の入試英語では特に内容理解を重視してみてください。英語の勉強では英単語・文法・読解と主に3つの事柄を扱いますが、国教を見据えた対策としては英語:文法:読解=3:2:5くらいの比で勉強時間を調節し、ひたすら長文に慣れることが大切です。
同じように段落要旨問題があり、かつヘビーな長文問題を出すところに早稲田大学法学部があります。国際教養学部の赤本は収録年数が3年と短いため、法学部(6〜7年度分収録)の入試英語を演習材料としても良いです。
読み方や解き方を確立してサクッと片付けられるよう力を付けていきましょう!

要約問題

要約問題では、英語で書かれた文章を日本語で要約します。読んでまとめて日本語で解答する、といういたってシンプルな流れですが、テーマは経済や政治、法律、文化など多々あり、しかも要約問題の題材としては文章が長いです。日本語で答案作成をするので負担はやや軽減されますが、長文を2題解いた後では決して時間があるとは言えません。
また、読み方や解き方が分かっていないと内容の理解に精一杯でまとめるまでに至らない、なんてことになりかねないので事前にコツを知っておきましょう。

速く的を射た答案を作るコツとしては、常に筆者の主張を押さえることが挙げられます。具体的には抽象・具体を整理して読み進め、抽象の部分だけでまとめることです。
要約とは全体に共通する部分を抜き出すことであって、筆者の主張や特定の内容の掘り下げとは内容が異なるので注意が必要です!内容を抽象・具体と切り分けることを強く意識してみてください。

自由英作文

国教の自由英作文は、ある題目に対する賛成反対の立場を明確にし、その理由と説得力を増すための具体例を述べる、というものです。オーソドックスですがそれぞれの採点基準を満たす要素がないと加点されない可能性が高いです。文法的にも内容的にもミスのない答案ができるようにしましょう!
英作文の対策として
・書き方のフォーマットを作る
・より簡単な表現でまとめる
・見直しの際にチェックする項目を決める
・日頃から練習する
といったことが有効です。普段は対策しない分野であるため、書き方がまとまらなかったり、難しい表現を使って内容がぐちゃぐちゃになってしまうこともあります。なのでこれらのポイントを意識して相手に伝わりやすい答案に仕上げましょう!
後ほど英作文の書き方のコツについて紹介しますが、こちらでより詳細な勉強法を知ることができます。合わせて参考にしてみてください。
Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

早稲田国際教養学部の英語はここがポイント!

21294758?w=430

ここでは国際教養学部の英語で差がつきやすいポイントについて紹介します。戦略的な受験対策もしてより合格に近づきましょう!

細かい箇所は気にせず内容理解を重視する

細かい表現は気にせずに全体の内容を捉えていく、ということが1つ大きなポイントです。繰り返しになりますが国教の英語では文法の問題はほとんど出ませんので、より内容理解に注力することが大切です。
読解の際に文法もチェックして丁寧に読むことを心がけている方は多いと思いますが、国際教養学部の英語を意識するのであれば、特に重視してみてください。いわゆる英語を英語で読むという感覚です。
もしも読解に慣れていない方はじっくり読む精読から勉強を始め、慣れてきたら要点を押さえて読む速読ができるよう段階的に読み方を確立していくと良いです。

いかに止まらずに解けるか

国際教養学部の英語は時間との戦いでもあります。なのでいかに止まらずに解き進めることができるかも入試では意識すべきなのです。仮に大問Ⅰ(長文)で40分使ってしまった場合、残りの50分で大問を3つこなすのには無理があります。
細かいところは気にしないということはもちろんですが、一定のペースで完答までありつけるとベストです。解けない問題があった場合に何分で諦めるか、のような時間の使い方のルールを決めといても良いと思います。
限られた時間を有効活用できるよう事前に考えてみてください。

早稲田大学国際教養学部の英語対策におすすめの勉強法

14647647?w=430

ここでは早稲田大学国際教養学部の英語対策におすすめの勉強法を紹介します。勉強法は様々ありますが、ここでは国際教養学部の英語にフォーカスしたものだけをお伝えします。
ぜひ参考にして、国教合格を目指してください!

英単語と文法をマスターしよう

英単語と英文法の勉強は英語の学習の要です。入試レベルに対応できるだけの基礎力は磨いておきましょう。

英単語についてはセンターレベルはもちろん、あまり見ない語句もできるかぎり暗記したいところです。早稲田の入試を意識して作られた英単語帳や、余裕があれば英検準1~1級の単語帳にも触れておきたいです。
国際教養学部の英語の問題には注釈がないので、自身の語彙力のみで挑むことになります。知らない単語が目白押しだった瞬間に合格は遠ざかるので時間の許す限り英単語の暗記に取り組みましょう。

一方で英文法の勉強は、まず総復習をしましょう。知識に穴があると正確な内容理解ができないので、文法は完璧に仕上げましょう。
次いで理解があやふやな単元を定期的に復習します。例文と一緒に文法を暗記してしまうのが手っ取り早くておすすめです。
文法の勉強はだいたい理解ができたなと手応えを感じたら長文に時間を充てて読解の勉強に移ると良いです。

丁寧かつ速く読めるようになろう

長文問題に対応するためには、いわゆる精読と速読が欠かせません。ぜひ入試本番までに正確に速く読めるようになりましょう!

まずは、丁寧に読むようにして精読をマスターします。丁寧に、といっても具体的な読み方が見えてこないと思うので、要点をまとめると
・SVCなどの文型を頼りにイコール関係や「誰が」「何を」「どうした」などの情報をつかむ
・指示語や言い換え表現に敏感になる
・論理的接続語から文の論理展開を押さえる
・重要そうな箇所に線を引く
主にこの4点に絞られます。どれも基本的な事柄ですが、無意識にこれらのことを実践できるよう日々手を動かすようにしましょう。1つの文章に1時間近くかけてもいいので、とにかく正確に読めるようになることがファーストステップです。また、復習をすることも読み方を確立することにつながるので、解いて終わりではなく数回読み直してみてください。

そして次に素早く要点を押さえる速読を意識しましょう。精読ができるようになっていれば、繰り返していくうちに慣れていきます。上記の要点を素早く処理できるようになり、内容が頭から離れないうちに解答することができます。
速読は読み方が雑になるからNGという考えはありますが、正確さを維持しつつ速く読むことはむしろ正解数を上げることにもつながります。なので、「精読→速読」という勉強の流れをぜひ意識してみてください。

英作文は書き方のコツを押さえよう

要約問題の対策にも直結しますが、英作文は書き方のコツを押さえてしまうことが得点アップの近道です。勉強法は多々ありますが、短期間で減点されない書き方のコツを覚えましょう!
英作文の書き方のコツには
・書き出しや関係性を示す語句のテンプレートをある程度決める
・使えそうな表現を余白に書き残す
・小さいまとまりを作ってつなげるイメージで答案を作る
・名詞はあまり使わない
これらのようなものがあります。書き出しが決まらない、内容が整理できないといった英作文問題でよくある行き詰まりにも対処できますので、ぜひ参考にしてみてください。

また日々の勉強法としては、
・自分でテーマを決めて書いてみる
・身近な人に添削してもらう
などが効果的です。特に客観的に見てもらうと自分では気づかないミスに気づいたり、アドバイスを貰って表現に幅が出ることがあります。
書いて終わり、模範解答を見て終わりではなく書き方の確率やプラスαの勉強も取り入れてみてください。

以下の記事もぜひ参考にしてみてください。
【英作文の勉強法】減点されない書き方のコツとおすすめの練習方法

早稲田大学国際教養学部の対策におすすめの参考書・問題集

14650399?w=430

ここでは早稲田大学国際教養学部の英語対策におすすめの参考書・問題集を紹介します。今後の勉強で使ってみてください。

『早慶上智の英単語[改訂版]』

早稲田を目指すのであれば定番の英単語帳です。早慶上智の入試問題でよく見かけるものばかりが乗っていて、しかも英単語や英熟語の真の意味(逐語訳からは読み取れない裏のニュアンス)を詳しく載せています。
また、つづりが似ていて間違えやすい単語、前置詞と一緒に覚えるべき単語、社会や自然など特定のテーマで頻出の単熟語など、受験生にとってワンセットにして覚えたい内容がまとまっているので、インプットにもアウトプットにも適した1冊です。

50ページを目安に、毎日読んでみましょう。眺めるだけではなく書き勉強も交えるとより定着するので参考にしてみてください。

8607199
参考書名
早慶上智の英単語[改訂版]
著者
小貝 勝俊
ページ
304ページ
出版社
教学社
Btn amazon
17416704?w=80

シス単などの基礎固め的な英単語帳を終わらせた上で 自分の知らない英単語を潰す使い方がオススメ。

レビューをもっと見る

『全解説実力判定英文法ファイナル問題集―文法・語法・イディオム・会話表現の総仕上げ (標準編) 』

文法に加えてイディオムの勉強にも役立つ文法問題集です。単元別に内容がまとまっているのではなく問題がシャッフルされているため、文法の総復習に役立てることができます。
正確な読解のためにはこの問題集レベルの文法はマスターしておく必要があります。ぜひ早めに取り組み、知識の穴があればすぐに文法参考書で確認する、という勉強スタイルで英文法を学習していきましょう!
コピーして使うと繰り返し使えて便利ですよ。

10831
参考書名
全解説実力判定英文法ファイナル問題集―文法・語法・イディオム・会話表現の総仕上げ (標準編) (大学受験スーパーゼミ)
著者
ページ
208ページ
出版社
桐原書店
Btn amazon
19952277?w=80

模試で文法で点を落としてたので買いました。今までずっと分野別になってる問題集でやってたけど問題の予想もだいたいつくし何周もすると問題も覚えてしまっていたのですが、 これはランダムで解説も丁寧で関連事項も豊富ですばらしいです!!! 自分の苦手な分野がわかるチェックシートがついてるので復習もしやすいです! まだ1周しかしてないけどセンター過去問などでだいぶミスが減りました😇😇

21299749?w=80

ランダムで英文法の問題演習が可能です。難関大学を目指す、文法をひと通り終えた、高2生にオススメです。 セールスポイントはなんと言っても、解説の丁寧さでしょう。 実力試しかつ復習に最適なので、私大演習の前に「丁寧に」取り組んでみてはいかがでしょうか。

17586112?w=80

英文法を一通り学習した後での実力測定に最適な、ランダム系英文法問題集の老舗。 分野別に正答率を計算できる弱点発見シートも付いているので、英文法学習2周目を始める前の目安にもなる。 1動詞等、2形容詞等、3関係詞前置詞等の3系統について、それぞれ難易度別に3セットずつ、プラス会話問題1セットの計10セットで構成。 そういう意味では完全にランダムではないが、そこまで気にする必要はないと思う。 内容的には、後から発刊された旺文社の最終チェック問題集が対抗馬だが、どちらを選ぶかはお好みでどうぞ。両方解いた限りではこちらの方が難易度高めに思えるが、その差は僅か。それより私的には、索引が3倍程度付いているためリファレンスとしても重宝する点をオススメ。 同じシリーズで「難関大学編」も出ているが、問題の難易度が高い程度で、網羅している範囲はほぼ同じ。GMARCHや地方国立大程度なら、「標準編」で十分だろう。 あと、各回の標準解答時間が30分程度で設定されているが、結構シビア。私は1回目に取り組んだ際はほとんど時間内に終えることができず、2回目でもギリギリがほとんどだった。 普通この手の制限時間は甘目に設定されているだけにめずらしい。 英文法が得意な人以外は、時間にこだわりすぎずに取り組むことをお薦めする。

レビューをもっと見る

『ドラゴン・イングリッシュ基本英文100』

主に英作文対策に使いたい参考書です。100個の例文とその構文の解説、例文に出てきたものと同じ意味を持つ表現が載っています。例文暗記は英作文の勉強で非常に効果的ですが、加えて同意語や類似表現も一緒に勉強できるのはこの参考書を使って勉強する大きなメリットです。
少しずつ見慣れない表現も見かけると思いますが、繰り返し読んでいくうちに今まで以上に英語の表現力が身につくのを実感できるようになります。

2週間で1週できるくらいのペースで読むことができるとベストです。文章構成力のほかに読解力のトレーニングにも繋がりますのでぜひ使ってみてください。

3012
参考書名
ドラゴン・イングリッシュ基本英文100
著者
竹岡 広信
ページ
240ページ
出版社
講談社
Btn amazon
21415843?w=80

日本語特有の言い回しをどう英語に変換するか、日本語で言っている時制は英文だとどうなのかなど英作文の鬼門といえる所をドラゴン・イングリッシュ基本英文100では一文一文詳しい解説で分かりやすく記載されています。 個人的には基本英文700選を読んで暗記できないし、構造の意味がわからんと感じる人はお勧めします。 PS おすすめの志望校は東京工業大学などの和文英訳がでるような大学で、早慶や東大京大に関しても十分対応できますが、それなりの文法力、語彙力が必要と思います。

20769264?w=80

【ずっと英作文が苦手だった私】 英作文で満点が取れない。いつも部分点でした。しばらくは、英作文は難しいから満点が取れなくても仕方がないと思っていましたが、前置詞が抜けている、自動詞か他動詞か分からない、言い回しが思い付かない、など多くの問題が出てくるうちに、どうしていいか分からなくなりました。 「ここにatを入れればいいんだよ」 「これはtheは要らないよ」 「こっちの言い回しの方がいいと思う」 こんなアドバイスばかりで、あともう少しだったのに…と悔しい思いをするばかり。私は、単語力やイディオムの知識が無いせいでこうなのだと思い込んで、必死に単語帳をやり始めました。それは確かに無駄なことではありませんでした。でも成果が出たかというと、そうではありませんでした。ずっと悩んだまま、書店に足を運ぶと、「ドラゴン・イングリッシュ」が目に留まりました。 【変な名前!でも開いてみると…】 『ドラゴン・イングリッシュ基本英文100』とあるように、英文は100題しかありませんでした。中を見てみると、左側に日本語の文。右側に和英の文。下側には、「間違えやすいところ」「注意すべき言い回し」など。案外シンプルでした。 【とりあえず1周してみよう】 CDを聞きながら、とりあえず1周してみようと、電車の中、待ち時間など、隙間時間を利用して、流し読みしました。 「こんな言い回しあったんだ、便利だな」 「私もここ引っかかった!」 などなど。次第に納得するところが増えていきました。何周かして、1ヶ月後の授業では、みるみる英作文の点数が取れていくようになりました。初めは少し不思議なくらいでしたが、自然に日本語から英語に言い換える「言い回し」が自然と出来るようになっていったのです。 【こんな人にオススメ!】 そうは言っても、この本は簡単ではありません。初心者なら、この本は避けるべきです。もっと基礎の文法を1回おさらいして、単語力もそこそこあるのに、なかなか英作文で点数か取れない、文法をやったはいいが、自分で使えないという人に最適だと思います。 【私の活用法】 間違えやすいポイントがたくさん書いてあるので、自分が分からなかった、知らなかったものに、蛍光ペンを引いていきます。そして、左側の日本語を見て、大体の英文の構造を頭に思い浮かべて、右側の英文を見て自己採点します。その際に、前もやったのにまた間違えてしまった蛍光ペンで引いたところには、波線を。という風に出来ていない言い回しを徹底的に絞っていきます。 英作文に苦しんでいる方、この本を買おうか迷ってらっしゃる方、たくさんいらっしゃると思いますが、ある程度文法が分かっていらっしゃるようなら(英検準2〜2級合格レベル)、この本を買ってみて損は無いと思います。100文しかないことに心配が残るかもしれませんが、これが300文だとしたら、1周するのが大変です。お試し気分で買ってみてください。

18680562?w=80

英作文力をゴミから並に上げてくれた良書 これを覚えたら後は演習あるのみな気がしてきた あと、地味に東大に挑戦!のコーナーが良問揃い 東大英語4Aの雰囲気を掴める

レビューをもっと見る

『TopGrade 難関大突破 英語長文問題精選』

読解力を試すのにおすすめの問題集です。長文の難易度が1〜3に分かれていてかつ過去問が題材になっていて、非常に実践的に腕試しができます。
また、stepという分け方に応じてマーク式・要約問題・内容一致・和訳など問題形式が分かれています。この分類は国際教養学部の入試英語と非常に似ているため、この問題集を通して国教の英語に慣れていくことができる、という大きなメリットがあります。
早稲田大学国際教養学部の赤本は収録年度数が3年と少なめなので演習材料を問題集でカバーする必要がありますが、この本はそれに適した1冊でもあります。
過去問演習の前に取り組んでみましょう。

29029
参考書名
TopGrade 難関大突破 英語長文問題精選 (Noblesse oblige)
著者
村瀬 亨
ページ
174ページ
出版社
学習研究社
Btn amazon

早稲田大学国際教養学部の過去問演習で総仕上げ

参考書や問題集を使ってある程度知識が備わったら、いよいよ国際教養学部の過去問で最後の総仕上げです。国際教養学部は歴史が浅く、あまり過去問を遡ることができないので一回一回の取り組みを大切にしましょう!
過去問演習で気にすべきは
・まずは大問ごとに時間をかけて解く
・自分なりの時間配分を見つける
この2点です。英語力に自信があっても、国際教養学部の読解問題の長さには圧倒されると思います。なので、丁寧に解いてみて読解や解答の感覚に慣れる、その中で大問ごとのペース配分を考える、という本番に向けた下準備をしたいところです。
過去問演習というと正解率を気にしてしまいがちですが、2/13日を見据えて使い方を工夫してみてください。

19943710
参考書名
早稲田大学(国際教養学部) (2018年版大学入試シリーズ)
著者
ページ
432ページ
出版社
教学社
Btn amazon

最後に

14702772?w=430

ここまで早稲田大学国際教養学部の英語について、傾向と対策、日々の勉強法、おすすめの参考書・問題集などについてお話しました。
国教の英語はやや難しい印象を受けますが、的を射た勉強を心がければ8割を超えて得点源にすることも十分可能です。長文・要約問題・英作文をまんべんなく対策して高得点を狙いましょう。

正しい勉強法を続けることで国際教養学部に合格するだけの力が身につきますので、最後まで諦めず頑張ってください!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
18538440?w=72
早稲田大学 法学部に通っています。得意科目は古文・日本史です。あと半年で卒業してしまいますが、出来る限り受験生のサポートができたらと思っています。

関連するカテゴリの人気記事

19939774?w=120

【慶應義塾大学法学部の英語】配点・対策と参考書

19195963?w=120

【慶應義塾大学商学部の英語】配点・対策と参考書

19785884?w=120

【早稲田大学法学部の国語】傾向対策とおすすめの参考書を紹介!

19582205?w=120

【早稲田大学法学部の英語】傾向対策&おすすめの参考書を紹介!

19804847?w=120

慶應法学部小論文の総まとめ!頻出テーマ解説とおすすめの参考書

19572781?w=120

早稲田大学文学部・文化構想学部の受験対策!早稲田の英語を徹底解説

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay