14705276

【化学参考書8選】偏差値60付近の大学を目指している方へのオススメ

はじめに

化学以外でも言えることですが、参考書は「これは最初にやって概略を掴むため」「これは事典として」というように、目的別に揃えることをオススメします。

本当に化学が何もわからないという方はまず、学校で配られた教科書、参考書(図録)、および教科書併用問題集をこなすのが良いと思います。
物理は教科書併用問題集の解答ではなかなかわかりにくいところがあるのですが、教科書併用問題集レベルではかなり知識ベースなので化学はそれが少ないです。

ある程度身についたと思ったら、『鎌田の理論化学』『鎌田の有機化学』『福間の無機化学』、もしくは駿台文庫の『原点からの化学』シリーズを使います。
それぞれ好みで、理論・無機・有機からひとつずつ選びましょう。
どちらかというと『原点からの化学』の方が少し難易度が高いですが、ほとんど好みの領域です。これらの参考書についている演習問題と、より実践的な問題集を併用します。
ここでもわからなかったら教科書にも立ち返ることを意識しましょう。
教科書はすべての基礎です。簡単という意味ではなく盤石な基礎です。


事典として『総合的研究化学』もしくは『化学の新研究』をもっておくと良いです。
これらは化学マニアでなければ通読するものではないのですが、かなり「入試問題の裏側」まで載っているので、あくまで事典として逐一調べるためのものですが、もっておいて損はありません。

ちなみに『新研究』の方がより大学の内容に触れているという印象があります。

福間の無機化学の講義

1001591
参考書名
大学受験Doシリーズ 福間の無機化学の講義
著者
福間 智人
ページ
224ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
22932758?w=80

基本学んだ直後に出される演習問題の抜粋が旧帝とか早慶が普通にあるからビビる笑

23233939?w=80

まず、化学において最も重要と言えるのは化学反応式です。 化学反応式がかけないと何が生成するのか、どんな反応が起こるのかなどがわからないし、計算問題においては係数を用いて物質量を決定するのでとても重要な手がかりとなります。 僕は今まで化学反応式は覚えるもの、また、感覚で書くものだと思っていました。でもこの本は、様々な反応の根底にある式のパターンからいろんな式を「作る」ということに着眼しており、パターンを押さえれば初見の式でも割と書けるようになりますし、見たことあるような式でも係数の間違いなども少なくなり、確信を持ってかけるようになります。 そして本題の無機の分野では、ポイントを押さえた講義部分の後に入試問題が置かれており、そこそこ難関大学のやつもありますが、それも直前に習ったことを用いれば答えられるものばかりです。読んで理解→解いて理解→やり直して理解の3点バーストによってより強固な理解へと導いてくれます。 これのおかげでセンターの無機分野でいっつも1桁しか取れなかったのに、本番では満点近く取ることができました。 さらに、付属している小冊子も、ここだけは確認しておきたいな〜と思ったところがジャストで書いてありました。それに、化学反応式ドリルとしても使用できます。 化学が苦手な僕でしたが、これと、姉妹書の有機化学のおかげで、過去問演習ではいつも4.5割しか取れなかった僕が本番では8割近く取ることができました! 感謝感謝です。

21296929?w=80

無機で出てくる反応は 酸塩基中和反応 弱酸弱塩基遊離反応 酸化還元反応 揮発性酸遊離反応 分解反応 錯イオン生成反応 (電気分解) に分類できます(たぶん) この本はそれらの反応の仕組みを理解する(前半)ことと、元素別に重要な反応を把握し工業的製法の流れを理解する(後半)を目的に使うには最適だと思います! がしかしそれらの反応を理解した先に待っている 水溶液の色 沈殿の色 沈殿を生成する組み合わせetc... の暗記にはあまり向かないと思いました。 それらの知識を整理するのには『大学入試の得点源 化学【無機】』(文英堂)がめっちゃ使いやすかったけどそれはまた別のレビューで。。 話を戻します! 結局のところ ◎どういう人にオススメか→無機を理解しながら学びたい人 ◎予習復習には適しているか→学校の方針にもよるけど、予習段階ではあまりこってりやらずにさらっと確認するだけにして復習する時にガッツリ読んだらいいと思う。 無機初学者にとったら最初の段階で「オキソ酸ってなに!?電気陰性度とは!?」 ってなって「もうこの参考書いややぁ〜(パタン)」ってなるかもしれないけど、学校の先生に質問したらきっとわかると思うしそこで得た知識はこれからの化学を学ぶ上で大切なものになるから諦めないでほしいです。。

レビューをもっと見る

鎌田の理論化学の講義

994422
参考書名
大学受験Doシリーズ 鎌田の理論化学の講義
著者
鎌田 真彰
ページ
320ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
22601956?w=80

質問なんですけど、この参考書は初学者に向いてますか?皆さんの意見を聞かせてください。

21065514?w=80

授業で理解できなかったところもすんなりいけた。わかりやすいです。

22657281?w=80

値段は¥1300+税。A5サイズの参考書です。 この本をおすすめした理由としては、何と言ってもわかりやすい解説です。自分はヘスの法則が全くわからず、教科書を読み込んでも先生に聞いてもわからなかったのですが、この本を読んだことで解決しました。 教科書には載っていない公式、知っていたら得する知識など化学を入試で扱う人にはとてもありがたい一冊です。量的にも然程多くなく、わからない分野だけ見る、という使い方でも充分役立ちます。 このシリーズの無機、有機もあり、この三冊を繰り返しやれば化学の土台はほぼ完成します。化学を始めたばかりの方、分野別で問題集が欲しいという方にオススメです!!

レビューをもっと見る

鎌田の有機化学の講義

8602749
参考書名
大学受験Doシリーズ 鎌田の有機化学の講義 三訂版
著者
鎌田 真彰
ページ
312ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
23233939?w=80

僕は有機化学が苦手でした。(今もそこまで得意じゃないですが)覚えることが多いしなんかベンゼンっていうよく見る六角形が出てくるし…意味わからん!と思っていた時に出会ったのがこの参考書です。(無機もこれのおかげで買おうと思えました) この1冊を読み込んで、きちんと取り組めば有機化学の基礎はバッチリになります。発展した内容のコラムも読めば超難関大学でもある程度対応できるのではないでしょうか。 この本の特徴として、あるポイントがまとめられてて、その次にそのポイントの解説があり、ある程度進んだら入試問題があるというような構成です。入試問題はふつうに京大東大の問題も含まれていますが、やってみる価値は十分にあります。 でも問題の量はもう少しあっても良かったんじゃないかなと思いますが、それは他の問題集でやれば十分です。 僕は特に芳香族が意味不で嫌いでした。六角形にあそこまで苦しめられるとは思ってませんでした。でもいざきちんと取り組むと、「あ、なんだそういうことか」ということが多々あり、今では六角形(ベンゼン)と仲良しになった感覚です。センター本番でも有機分野は結構取れました。 無機、有機どちらも素晴らしい参考書だと思います。 ただ、素晴らしい参考書で力がつくかはあなた次第です。どちらもしっかり取り組むだけで絶対その分野は得意になれるレベルの良参考書です。 僕はそう、確信しています。

19783931?w=80

センタープレからセンターまでの1ヶ月でこのシリーズの有機と無機を3〜4周したら30点上がりました! 覚えるとこがはっきり分かって使いやすい!

10114734?w=80

自分は夏休みに有機化学初学者としてこれを芳香族まで読みましたがポイントや解法がまとまっていて実践的で良かったです。 しかしこれ1冊だけでは演習不足なのでこれを読んだ後駿台の有機化学演習をやりました 秋の東大模試では有機化学満点取れましたし有機化学に関してはこの二冊で結構戦えると思います

レビューをもっと見る

原点からの化学 有機化学

8470081
参考書名
有機化学 原点からの化学
著者
石川 正明
ページ
283ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon
11147997?w=80

SP3混成軌道から入るあたり原点

レビューをもっと見る

原点からの化学 無機化学

416945
参考書名
無機化学 (駿台受験シリーズ)
著者
石川 正明
ページ
0ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon

原点からの化学 化学の理論

75340
参考書名
化学の理論―原点からの化学 (駿台受験シリーズ)
著者
石川 正明
ページ
324ページ
出版社
駿台文庫
Btn amazon
Icon default user

こういう化学がしたかったんや(╹◡╹)

15478735?w=80

これは最強 自明

レビューをもっと見る

総合的研究 化学

432241
参考書名
総合的研究 化学(化学基礎・化学)
著者
妻木 貴雄
ページ
624ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
22387663?w=80

これを手にしたのは高3の初夏 塾の先生(敏腕予備校講師)に勧められました 以下、先生から言われたこと ・よく分からない原理や物質、実験があったらすぐこれで調べる ・一冊頭に入れる 分厚いので懸念しがちですが、絶対に化学(基礎)が始まったときに手に入れておくべきでした。 こんな分厚いの持ってると周りから浮いてるような雰囲気だったから買ってませんでしたが、、すごく後悔してます。学校の先生の授業が本当に嫌いで、わからないまま、テスト前に勉強しただけで高3になってしまったのです。これはいけません。 買って、使い込むべきです!汚くなるまで!

22470255?w=80

総合的研究のここが凄い! ・全ページフルカラーで良心的 ・見やすくわかりやすいデザインと解説 ・二次試験まで対応できる 総合的研究のここが駄目! ・表紙の銀色の部分が剥がれる

20163422?w=80

わかりやすい、解説もちゃんと書いてあるから、読んでて(これ解説とちゃうやん!)みたいな感じでイライラしない

レビューをもっと見る

化学の新研究

602615
参考書名
化学の新研究―理系大学受験
著者
卜部 吉庸
ページ
775ページ
出版社
三省堂
Btn amazon
22595942?w=80

値段もアホみたいに高くないし(3000円くらい)理系の化学人にとっての辞書、辞典的な役割としては最適。某youtuberも大好きな一冊である。こいつに載っている例題がうちの学校の考査最終問題とかにひょっこりと現れる。満点を阻止しようと企む高校化学科、予備校、大学にだって対抗し完全勝利を手にすることが出来るはずである。こいつがいる限り高校化学に怖いものなどない。

Icon default user

化学が苦手で暗記に頼ろうとしている人にこそ読んでほしい参考書 今まで暗記しようとしていたことが、わかる範囲で極力理詰めで解説されている むしろ他の教科にも出してほしい

19880278?w=80

化学好きなやつにこれ嫌いな人いないんじゃないかってほど所持率が高い。 先生に質問に行きたくはないけど、モヤっとする疑問を解決したい人にオススメ。 高校の先生も使ってたりします。 教科書範囲から逸脱することがあるため、 たまに読んでも分からない私みたいな底辺クラスもいますが、 それなりに楽しめると思います。 文量は他の人が書いているように結構ぎっしりです。 (お守り感覚で私は購入しました)

レビューをもっと見る
Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
    14720702?w=72
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    14706315?w=120

    厳選!化学問題集6選!偏差値60程度の私立理系を目指す方へ

    14705222?w=120

    化学のおすすめ問題集6選!難関大学対策はこれで完璧!

    19699337?w=120

    【大学受験化学】化学の新標準演習の使い方と特徴

    14705276?w=120

    【化学参考書8選】偏差値60付近の大学を目指している方へのオススメ

    15790107?w=120

    【化学】新理系の化学問題100選の使い方と特徴

    19698273?w=120

    【大学受験】化学重要問題集の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay