厳選!化学問題集6選!偏差値60程度の私立理系を目指す方へ

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

化学の問題集を解く上で最も重要なのは、「周回する」ことではなく「身についたかどうか」です。
他に重要なことは、問題集の冊数をこなすのではなく、自分のレベル、目的にあった問題集を選ぶことです。
これから化学の問題集を紹介していきますが、自分のレベルと目的に合わせて選んでくださいね。

まず、化学が右も左も分からない方は、学校で配られた教科書、参考書(図録)を使いつつ、教科書併用問題集をこなしましょう。
物理は教科書併用問題集の解答ではなかなかわかりにくいところがあるのですが、化学はそれが少ないからです。

学校併用問題集が合わなければ『化学基礎問題精講』や『スタンダード問題230選』をおすすめします。

この2冊をこなせば、あとは過去問や模試で演習をやることでMARCHやセンター試験のレベルはなんとかなるのですが、そのレベルが身についている場合でも、『化学の良問問題集』『化学重要問題集』『化学標準問題精講』『新標準演習』の4つの問題集はおすすめです。

解説の丁寧さは『化学の良問問題集』や『新標準演習』が圧倒的で、とくに後者は“事典”である『化学の新研究』との相性も良いです。ただ、『良問問題集』は基礎からさらにステップアップという流れがとくに意識されています。
『新標準演習』は問題数がかなり多いです。

『重要問題集』や『標準問題精講』も、解説は少し不親切なところがあるとはいえ、解説と参考書と教科書を読み比べればそれほど苦労しないと思います。

この4つの中からひとつ好みで選んでやってみてください。

教科書併用問題集レベルのおすすめ化学問題集

化学 基礎問題精講

参考書名
化学(化学基礎・化学)基礎問題精講 三訂版

共通テスト同日模試のために化学の復習にセミナーに1度手を出しましたが問題数がかなり多く面倒臭くなり書店にて問題数の少ない問題集をしようとこの教材を購入しました 問題数は100ちょっととそこまで多くなく楽しく解けました! 【精講】のところは試験前に読み直すだけでも復習になりますし、コスパよく化学の力がつくと思います ただ、無機の問題量が少ないのが気になりました。各自で補充して解くと良いと思います

(長所) ・解説が丁寧で要領を得ている!見やすい! ・例題と解説ほぼ見開きになってるから効率良く一通り入試対策の基礎を学べる! →特に、学校の授業などがあって忙しい現役生には良き✨ (弱点) ・問題数が少ないので、時間に余裕がある方は重要問題集や過去問と合わせて使った方がいい。ただし、瞬殺できるようになるまで繰り返し使う、という手段もアリ👍 (私の浪人時代の場合) 化学に自信があり、河合で偏差値60〜70代をうろつく位だったので、基礎固め直しとして春頃に利用していた。

たのしい

レビューをもっと見る

化学頻出!スタンダード問題230選

参考書名
化学頻出!スタンダード問題230選 (駿台受験シリーズ)

なんといってもこれを書いてる先生がイケメンです。実際に駿台で習ったことがありますが、韓国人気俳優コン・ユ(ググってください)に似ています。横浜生まれということですが、まさに横浜ブルース的な感じです。 内容の方に移ると、基礎が多めですが意外とできません。わかりそうで忘れてるところとかを出してきます。基礎ができてるつもりになってる人にとって、自分がどれくらい抜け落ちているか知るためにとても良い教材です。わからないところが多ければ多いほど自信はなくしますがやる価値はとてもあると思います。

これ出来なかったらほかの問題集できないと思います。 二段階滴定とか知らなきゃとけない系の問題ちゃんと入ってるし解説もわかりやすいしこの問題集好きです。

北大以下これ1冊で十分。あとは日本語力 出来なかったところは何度かやり直して、スピードをつけて解くことが重要です。北大化学とかスピードゲーなので(たぶん) 解説もじっくり読み込むと良いと思います(特に無機)

レビューをもっと見る

MARCH・センター試験レベルのおすすめ化学問題集

化学の良問問題集

参考書名
化学の良問問題集[化学基礎・化学]

化学 重要問題集

参考書名
新課程 2015実戦化学重要問題集 化学基礎・化学

理論は網羅性があるものの難易度が低く 無機はそこそこ 有機は難易度そこそこで網羅性に欠ける 痒いところに手が届いてません

何回もやっていくと化学が味わえます 3回目で美味しくいただけました

かなり有名な問題集で、何といっても網羅度が素晴らしい。A問題はわりと基礎的ですが、B問題は初見だと手こずるのも意外とあります。繰り返しやったら一部の難関大学を除いて十分合格点が取れるくらい実力がつくと思います!

レビューをもっと見る

化学の新標準演習

参考書名
センター試験・理系大学受験 化学の新標準演習

セミナーよりは簡単めな印象だけど、解説が丁寧だから(誤植は置いといて…)基礎を固めるには十分だと思う。ボリュームもかなりあるので、ある程度の問題パターンを覚えるにも役立つ(多すぎると思う人は[必]問題を優先的に) 化学で一番最初に買うべき参考書は?って言われたら間違いなくこれだと思う。

九州大くらいまでの国公立ならやってた方が絶対良き。終わって簡単なら新演習に手を出してもいいくらいだと、 センターは多分これ一冊でいける。

気に入った点:解説が詳しい。 個人的な使い方:先ず、例題のみをすらすら解けるようになるまでやる。 それが出来るようになったら次に練習問題へ進む。ちなみに一周目は奇数番号だけをやり、二周目は偶数番号だけをやりました。出来るだけ早く周回するためです。出来なかった問題に関してはチェックを付けて出来るようになるまで繰り返す。 到達点:東大模試で個人的に苦手な化学ではありますが偏差値が60前半まで僕はいきました。 誤植は多いですが、気が付く範囲だと思いますので心配は無用かと。

レビューをもっと見る

化学 標準問題精講

参考書名
化学[化学基礎・化学] 標準問題精講 五訂版

問題数が全体的に少なめなので、重要問題集終わって次の問題集を探しているけれど新演習は時間が無いorきらいな人にオススメです。難易度的には若干新演習の方が上ですが、こちらは解説で基礎的な知識までしっかりまとめてくれていますし、少ない問題数で多くを学ぶという点ではこちらの方が優れていると思います。ただ先述した通り、問題数が若干少なめなので志望校で頻出分野とされているところは他の問題集を使うのもありかなとは感じました。個人的に感じた難しさは、重問のB問題以上くらいが載っているような感じです。重問レベルがきちんと理解出来てれば手も足も出なくて、上滑りすることもないと思います。

京大の蒸気圧の問題がいいよね

されるみたいですね

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    厳選!化学問題集6選!偏差値60程度の私立理系を目指す方へ

    化学のおすすめ問題集6選!難関大学対策はこれで完璧!

    【大学受験化学】化学の新標準演習の使い方と特徴

    【化学参考書8選】偏差値60付近の大学を目指している方へのオススメ

    【大学受験】化学重要問題集の使い方と特徴

    【大学受験化学】化学の新演習の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に