義肢装具士になるには?おすすめの大学や仕事内容を徹底解説

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

義肢装具士になるための大学

北海道科学大学

北海道科学大学の保健医療学部義肢装具学科は、日本で初めて大学における義肢装具士の養成課程として2006年に誕生しました。北海道科学大学の保健医療学部義肢装具学科では、義肢・装具の装着部位の採寸・採型、製作など義肢装具士の国家資格取得に対応したカリキュラムの提供に加え、歩行訓練ロボットやアシストスーツなど、近年研究が進むハイテク分野に関する教育設備と指導体制も整っているようです。

新潟医療福祉大学

新潟医療福祉大学のリハビリテーション学部義肢装具自立支援学科は、日本で唯一義肢装具士と福祉用具関連資格のWライセンスで新しい医療福祉のプロフェッショナルを育成しています。新潟医療福祉大学のリハビリテーション学部義肢装具自立支援学科の2017年度の就職内定率はなんと100%で、義肢装具士の国家試験合格率は93%です。まさに、義肢装具士を目指すための実践に強い大学であると言えるでしょう。

人間総合科学大学

人間総合科学大学の保健医療学部リハビリテーション学科義肢装具学専攻は国家資格である義肢装具士の受験資格が得られる全国でも数少ない養成校の一つであり、個々に合わせて義肢・装具を作るための工学的知識などを学ぶことができます。また、卒業生は義肢装具製作会社を中心に、病院やリハビリテーション施設、福祉用具関連企業などに就職することが多いようです。

広島国際大学

広島国際大学の総合リハビリテーション学部リハビリテーション支援学科・義肢装具学専攻では、工学の知識と技術に関する学びを提供しており、人間の動作に関わる様々な知識と実践能力を伸ばす学外実習も用意されています。また、リハビリテーション支援学科の教授は義肢装具士でもあり、修理チームメンバーとして2016年のリオデジャネイロ・パラリンピックに参加した経験もあるようです。義肢装具士としての働き方の幅広さを学ぶためには、ぴったりの大学かもしれませんね!

最後に

義肢装具士は、自分の知識と技術を通じて、人の生活を支えるやりがいのある仕事です。そのため、要求される知識も多く、国家資格が必要になります。将来は義肢装具士として人の役に立ちたいと考えているあなたは、ぜひ義肢装具士になれる大学に関して詳しく調べてみてくださいね。将来の大きな目標を達成するために、情報収集を怠らないようにしましょう!

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
早稲田大学文化構想学部卒業。大学では英語教員免許(中高)を取得しました。英国ロンドンのUCL Institute of Educationに在学中です。

関連するカテゴリの人気記事

【MARCH】大学偏差値ランキングや学部、雰囲気、国公立との比較!

旧帝大とは?偏差値・難易度・就職・キャンパス等をまとめて紹介!

【関関同立】偏差値と難易度を紹介!MARCH、産近甲龍との比較も!

【早慶】早稲田大学と慶應義塾大学の偏差値から学部まで徹底比較!

東京六大学を紹介!偏差値情報から六大学の学部・魅力まで教えます

【早慶上智】早稲田・慶應・上智の偏差値と各大学の魅力を紹介!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に