【化学の参考書6選】最難関私立大学(早慶)の理系はこれでバッチリ

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

化学という学問は、セントラルサイエンス、サイエンスの中心と言われます。
もっともセントラルサイエンスというのは物理系の方も言っていることですし、個人的にはどこも中心になりえると思うのですが、化学において学問と学問をつないだ複合領域が発達しているのは確かです。
数学や情報とも、ケモインフォマティクスや計算化学という領域で繋がっていますし、地学に関しては宇宙化学、地球化学という領域がしっかりあります。

化学を理系の難関大が課すのはそういう背景が一部あると思っています。

理系の中でも最難関と呼ばれる大学入試では思考力が問われるの問題が出題されるので、考えながら読むタイプの参考書が必要です。それにぴったりなのが、駿台文庫の参考書、『原点からの化学』です。とくに化学系・生物系・理学部物理系の方は読んでおくべきものでしょう。

多少なりともその知識がないと、難しい参考書はなかなか読み解けないので、化学が右も左もわからない、知識がついていないという方にはその前段階として、教科書自体を読むことをおすすめします。

化学の入試で勝負をかける!という方は、加えて『化学の発想法』を読みましょう。
これは教科書で暗記とされている内容を論理的に掘り下げていたりするのでかなり大変ですが、読むと間違いなくかなりの力がつきます。
化学系に進む人は、大学合格後でも読むべき参考書だと思います。

最難関レベルでも事典としての参考書が必要です。
それに適しているのが、『化学の新研究』もしくは『総合的研究 化学』です。どちらを選ぶかは好みですが、『新研究』のほうがより大学レベルに踏み込んだ内容があると思います。

参考書名
有機化学 原点からの化学
著者
石川 正明
価格
1,320円
ページ
283ページ
出版社
駿台文庫

化学を難関大で使うような、基礎がすべて頭に入っている人、化学が本当に好きな人にしかオススメ出来ません。逆にそれが出来ている人にはとてもいい本だと思います。 原点から、とありますが基礎が理解出来ていないとこの本のレベルには付いていけません。 生物を選択しているのに専門分野でこの教科書を使いましたが、見事に置いていかれました、、、😅

SP3混成軌道から入るあたり原点

レビューをもっと見る
参考書名
無機化学 (駿台受験シリーズ)
著者
石川 正明
価格
1,320円
ページ
0ページ
出版社
駿台文庫
参考書名
化学の理論―原点からの化学 (駿台受験シリーズ)
著者
石川 正明
価格
1,320円
ページ
324ページ
出版社
駿台文庫

こういう化学がしたかったんや(╹◡╹)

これは最強 自明

レビューをもっと見る
参考書名
化学の発想法 改訂版 (駿台受験シリーズ)
著者
石川 正明
価格
1,320円
ページ
0ページ
出版社
駿台文庫
参考書名
総合的研究 化学(化学基礎・化学)
著者
妻木 貴雄
ページ
624ページ
出版社
旺文社

この教材は良書。 ①フルカラーできちんと発展、重要な用語、公式と分けられていてやりやすい ②カラー写真があって、イメージしやすい(無機は写真多い) ③蒸気圧、有機の構造決定、結晶格子、反応速度と化学平衡、気体の製法、浸透圧は特別講義としてより理解できるように作ってある ④高校範囲から踏み込んだ内容もある コレに載っていて、過去の出題された問題内容の例として、 ブタンの立体配座とエネルギー(帝京大医学部)、積分を使った一次反応と半減期の計算(名古屋大学)、標準電極電位(名古屋市立大学)、イオン結合の水素化合物(日本大医学部)

唯一の欠点は他のものに比べて分厚くて重い。 だから学校とかには持って行きにくい。ただそれだけ。 持ち運びを考えない限りはフルカラーだしPOINTなどは目立つようにしてくれているので細かいところまで書いているけれど重点だけおさえたいときにも役立つと思う。

授業で、ん?と思ったところもこれを見れば載ってる。先生いらないと思ってしまうくらい(想像以上に化学の先生くそなんです)まだ高1なので化学基礎を習っていますが、発展的な感じで化学の解説も一緒に見れるので良きです。 実はこのアプリのレビューをみて買いました😂

レビューをもっと見る
参考書名
化学の新研究―理系大学受験
著者
卜部 吉庸
ページ
775ページ
出版社
三省堂

少々お固い枕ではございますが、個人的に固い枕が好きだったので、以前使っていた低反発ウレタン製の枕よりは良いかなとは思います。あとは、まぁ今年の化学担当の先生が大ハズレでございまして、いつも内職をしておりますが、前の授業が体育だとか、嫌いな苦手な教科だとかで疲れが少々たまり内職(授業)に集中できないというときにでも、しっかりと快適な睡眠を提供していただける大変素晴らしいプロダクトだと思っております

この本は化学を徹底に勉強したい人にオススメ‼️ しかし、難しい問題が多いので基礎力を付けてからこの本に手を出したほうがいいと思う。 また、辞書代わりに使うのもアリ。

うーん、、あんまりかなって言うのが僕個人の感想です。確かに細かい知識がハンパないですが、正直これ覚えて入試に出るって訳じゃないし、結構値段もします、そしてあんまり開く機会がなかったって言うのが第1です。 まあ化学を大学受験の科目と考えているだけならこれを必ずしも買う必要は無いかと思いました。

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    厳選!化学問題集6選!偏差値60程度の私立理系を目指す方へ

    化学のおすすめ問題集6選!難関大学対策はこれで完璧!

    【大学受験化学】化学の新標準演習の使い方と特徴

    【化学参考書8選】偏差値60付近の大学を目指している方へのオススメ

    【大学受験】化学重要問題集の使い方と特徴

    【化学】新理系の化学問題100選の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に