作業療法士とは?おすすめの大学や国家試験、給料や仕事内容まで一挙公開!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

みなさんは作業療法士という職業をご存知ですか?
聞いたことはあってもその仕事内容や年収、なり方や国家試験についてはよく知らない、という方が多いと思います。

そこで、この記事では作業療法士についてご紹介します。
作業療法士になれるおすすめ大学も紹介しているので、大学選びの参考にしてみてくださいね。

作業療法士とは

作業療法士とは医療に関わる職業の一つで、リハビリテーション職に分類されます。作業とは人の日常生活におけるすべての諸活動のことで、例えば「食べること」や「お風呂に入ること」も「作業」に含まれるのです。そして「作業療法」とはそのような「作業」に何らかの理由で支援が必要な人たちをサポートすることなのです。

具体的には、つきっきりでサポートするヘルパーさんとは違って、最終的に一人で「作業」ができるように、作業療法士が一緒に練習をします。その練習内容は「運動」などの基本動作から「食事」などの応用動作、「就学」などの社会的適応能力など多岐に渡ります。

理学療法士との違い

それでは理学療法士との違いは何なのでしょうか。
よく並列して紹介される理学療法士と作業療法士ですが、最大の違いは、機能回復のためのリハビリを行う理学療法士に対して、作業療法士は社会適応に向けた心と身体のリハビリを行うことです。なので障害や後遺症のある部位に対してアプローチするのが理学療法士で、その後日常生活をスムーズに行うためにアプローチするのが作業療法士なのです。理学療法士が基本なのに対し、作業療法士は応用とも考えられますね。

理学療法士になるには?おすすめの大学紹介【偏差値ランキングつき】

作業療法士の仕事内容

具体的な仕事内容としては先にも述べたように練習をサポートします。もちろん最初はつきっきりでサポートをしますが、最終的には患者が一人でできるように、習得を支援します。また患者によって、できることや生活スタイルは様々なので、患者に合ったリハビリテーションを提案することも作業療法士の仕事です。

作業療法士の活動場所も様々で、病院などの医療関連施設はもちろん、老人保健施設や障害者支援施設などの介護福祉関連施設、ハローワークなどの就業関連施設でも活躍しています。特にこれからは介護施設での需要がより高まることが予想されますね。
この記事を書いた人
いくらが好きです。現役で慶應義塾大学 法学部に合格しました。英語と世界史が得意なので、主に英語と世界史を中心とした文系科目に関する記事を書いています。3月末から海外逃亡を決意しました。

関連するカテゴリの人気記事

【MARCH】大学偏差値ランキングや学部、雰囲気、国公立との比較!

旧帝大とは?偏差値・難易度・就職・キャンパス等をまとめて紹介!

【関関同立】偏差値と難易度を紹介!MARCH、産近甲龍との比較も!

【早慶】早稲田大学と慶應義塾大学の偏差値から学部まで徹底比較!

東京六大学を紹介!偏差値情報から六大学の学部・魅力まで教えます

【早慶上智】早稲田・慶應・上智の偏差値と各大学の魅力を紹介!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に