【司法書士になるには】仕事内容と大学、資格情報について紹介!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

司法書士は法律のスペシャリストとして非常に重要な役割のある職業です。ですが普段は私たちの見えるところで仕事をしているわけではなく、どんなことをしているか分からない方は多いのではないでしょうか。
この記事では司法書士になるために必要なことや資格情報、大学について紹介します。ぜひ進路を決めるのに参考にしてみてください。

司法書士とは

まずはじめに、司法書士とは何かについてお話します。ぜひここで司法書士についての理解を深めてください。

司法書士とは司法書士法に基づいて認められた国家資格をいいます。この資格を有する者は個人や法人からの依頼によって法律に関する書類の作成を行ったり、法律上の手続きを代行することができます。
同じく法律関係の資格に弁護士や検察官、裁判官などといったものがありますが、これらと比べると比較的身近な存在であると言えそうです。
ちなみに今では資格そのものだけではなく、資格を有する人自身を司法書士と称することもあります。

司法書士になるには

ここでは司法書士になるための道のりについてお話します。一読してどのようなステップを踏むのかイメージしてみてください。

まず、司法書士を名乗るためには司法書士試験に合格しなければなりません。この試験は司法書士の業務を行うのに必須の資格であり、誰しもが通る道です。合格率は例年約3%であり、非常に難しい試験と言えます。なので司法書士を目指す場合はしっかりと法律の知識を身に付けなければなりませんね。
合格率は低いものの、受験資格はありません。年齢や学歴などは不問なので十分に勉強できたと感じたタイミングで出願してみても良いですね。
ちなみに司法書士の試験には筆記試験と口述試験があります。2つの試験を乗り越える必要があることも要チェックですね。詳しい日程は法務省の司法書士試験について載っているページで確認してみてください。こちらからアクセスできます。

この試験に合格すると司法書士にとして働く資格を得ることができますが、実際に業務を行うことはできません。業務を行いたい場合は、全国に存在する司法書士会と呼ばれる組織に名簿を登録し、研修を受ける必要があります。具体的には、基礎的な内容を学ぶ中央研修、地域ごとで行われるブロック研修、配属前に行われる司法書士会研修(配属研修)があります。
これらの研修を終えると、晴れて一人前の司法書士として活動することができるようになります。事務所に所属したり独立して開業したり、自由に選ぶことができます。

一方で、裁判所事務官や検察事務官は試験を受けずとも司法書士の資格を取得することができる場合があります。これは法律の専門家として深い知識を有していると見なされることによるもので、10年以上を務めて実務経験を積んだ人に認められています。
高校生や大学生のうちは試験を受験するルートで司法書士になるのが一般的ですが、そうでない道もあるということも知っておいて損はないと思います。

司法書士に強いと言われる大学

司法書士試験の合格者数は大学別には公開されていませんが、一般に法律系の資格取得に強い大学は司法書士試験にも強いと言われています。以下では
偏差値が高い大学、司法試験合格者数が多い大学を紹介していきます。志望校や併願校を決めるのに参考にしてみてください。

法学部の偏差値が高い大学

私立 / 東京都 神奈川県
国立 / 東京都
私立 / 東京都 埼玉県 福岡県
国立 / 京都府
私立 / 東京都
私立 / 東京都
国立 / 大阪府
私立 / 東京都
私立 / 東京都 神奈川県
私立 / 東京都 埼玉県
国立 / 愛知県
国立 / 兵庫県
国立 / 宮城県
私立 / 東京都 神奈川県
私立 / 京都府
国立 / 福岡県

司法試験合格者数が多い大学

参考:平成28年司法試験予備試験受験状況(大学生)
【内訳】東京大学:46人 中央大学:35人 慶應義塾大学:28人 早稲田大学:16人 大阪大学:8人 一橋大学:7人
国立 / 東京都 千葉県
私立 / 東京都
私立 / 東京都 神奈川県
私立 / 東京都 埼玉県 福岡県
国立 / 大阪府
国立 / 東京都
この記事を書いた人

関連するカテゴリの人気記事

【MARCH】大学偏差値ランキングや学部、雰囲気、国公立との比較!

旧帝大とは?偏差値・難易度・就職・キャンパス等をまとめて紹介!

【関関同立】偏差値と難易度を紹介!MARCH、産近甲龍との比較も!

【早慶】早稲田大学と慶應義塾大学の偏差値から学部まで徹底比較!

東京六大学を紹介!偏差値情報から六大学の学部・魅力まで教えます

【早慶上智】早稲田・慶應・上智の偏差値と各大学の魅力を紹介!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に