14705022

【物理参考書】偏差値60を目指すおすすめ参考書7選【エッセンス他】

はじめに

はじめに注意点を2つ。

1つ。物理は参考書だけで身に付けるものではなく、参考書と教科書をよく読み比べて身につけるものです。

2つ。参考書は1つ、多くても2つのシリーズだけを買いましょう。
あれもこれも手を出してもどれも終わりません。

以上2つのことに注意した上でこれから紹介する参考書を選んでみてください。


まず、物理が右も左も分からないという方におすすめなのが、『橋元の物理をはじめからていねいに』シリーズ、もしくは『鈴木誠治の物理が初歩からしっかり身につく』シリーズです。
まったくわからない人が始めるべきものである、といっても決して低いレベルで終わるものではありません。扱っている題材はすこし限られているものの(とくに橋元物理)、扱っていることについてはしっかりと学べるように作られています。
まずこれを教科書とともに読んで、演習問題をこなして基礎の基礎を身につけてください。
なお橋元先生のほうは、最新版は力学編と電磁気編しかまだ出ていない(電磁気編は2016/11/29発売)ので、急いでいる場合は旧版の熱・波動・電磁気編を使いましょう。そちらでも構いません。

上記の2冊が一通り身についたら、『物理のエッセンス』か『鈴木誠治の物理』、『物理教室』のうち自分に合っているものを使いつつ、問題集の問題をどんどん解いていくことをおすすめします。
わからなくなったら教科書に戻り、また参考書に戻る。その繰り返しです。それを繰り返して典型問題が解けるようになれば、記述模試の問題や過去問にもだんだん対応できるようになっているでしょう。

物理において大切なことは、数式を通じて現象をイメージすることです。

たとえば外から力を加えず摩擦がある床面を滑っているのに、加速するような結果が出たら明らかにおかしいですよね。電磁気なんかは、最初はイメージするのが難しいかもしれませんが、徐々に「回路のこことここには電位差がありそうだな」とか「磁場がかかっているからこう飛ぶかな」みたいなのが、イメージしながら問題を解くことでわかってくると思います。まずはその状態を目指して、数式を睨んだり値を極端なもの(時間が十分経つとどうなるかとか、質量が無限大だとどうなるか)にしてみたりして、想像してください。

まず、物理が右も左も分からないという方におすすめなのが、『橋元の物理をはじめからていねいに』シリーズ、もしくは『鈴木誠治の物理が初歩からしっかり身につく』シリーズです。
まったくわからない人が始めるべきものである、といっても決して低いレベルで終わるものではありません。扱っている題材はすこし限られているものの(とくに橋元物理)、扱っていることについてはしっかりと学べるように作られています。まずこれを教科書とともに読んで、演習問題をこなして基礎の基礎を身につけてください。なお橋元先生のほうは、最新版は力学編と電磁気編しかまだ出ていない(電磁気編は2016/11/29発売)ので、急いでいる場合は旧版の熱・波動・電磁気編を使いましょう。そちらでも構いません。
 その参考書がひととおり身についたら、『物理のエッセンス』か『鈴木誠治の物理』、『物理教室』のうち自分に合っているものを使いつつ、問題集の問題をどんどん解いていくことをおすすめします。
わからなくなったら教科書に戻り、また参考書に戻る。その繰り返しです。それを繰り返して典型問題が解けるようになれば、記述模試の問題や過去問にもだんだん対応できるようになっているでしょう。
 なお、物理において大切なことは、数式を通じて現象をイメージすることです。
たとえば外から力を加えず摩擦がある床面を滑っているのに、加速するような結果が出たら明らかにおかしいですよね。電磁気なんかは、最初はイメージするのが難しいかもしれませんが、徐々に「回路のこことここには電位差がありそうだな」とか「磁場がかかっているからこう飛ぶかな」みたいなのが、イメージしながら問題を解くことでわかってくると思います。まずはその状態を目指して、数式を睨んだり値を極端なもの(時間が十分経つとどうなるかとか、質量が無限大なものだとどうなるかとか)にしてみたりして、想像してください。

10285278
参考書名
橋元の物理をはじめからていねいに 力学編
著者
橋元 淳一郎
ページ
250ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon
16672007
参考書名
橋元の物理をはじめからていねいに【改訂版】電磁気編 (大学受験 東進ブックス 名人の授業)
著者
橋元淳一郎
ページ
208ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon
2183746
参考書名
鈴木誠治の物理が初歩からしっかり身につく 「力学・熱力学編」
著者
鈴木 誠治
ページ
264ページ
出版社
技術評論社
Btn amazon
20755756?w=80

簡単すぎて普通の人でも2冊合わせて1週間で終わります。 定性的な理解しかできないので、高みを目指す人は新物理入門もやりましょう エッセンスなどというゴミ参考書より、こっちの方が100倍いいです。 ちなみに2冊合わせて1週間程度で終わらせないとこの本の真価は分からないと思います。というか、そういう能力がある人にしそういう能力がある人にしか有用ではないです。

18179792?w=80

物理の基礎の基礎がくまさんのかわいい説明と図でとても分かりやすいです❗

レビューをもっと見る
8564540
参考書名
鈴木誠治の物理が初歩からしっかり身につく 「電磁気・波動・原子編」
著者
鈴木 誠治
ページ
360ページ
出版社
技術評論社
Btn amazon
748332
参考書名
物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
165ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
11661140?w=80

最初進めていくと難しいと感じるかもしれませんが、解いていくうちにこういうことか!とわかって来る問題集なので、一度使うと決めたらめげないで一冊やりきってほしいです。授業や教科書と併用するといいと思います。実際、私は物理が全くわからない状態でしたが、これをやったらセンター試験はだいぶ助けられました!

21556730?w=80

波動分野の波以外は全部良かったです(多分)。 波のとこだけは分かりにくかったので基礎問題精講でおさえました。

16057798?w=80

初学者には向かないなどと言われる事がありますが、確かにこれ単体では、初学者にはきついと思いますが、教科書、もしくはそれに準ずるレベルで解説の詳しい参考書と「併用」すれば、全くの初学者でも、難なく進められると思います。

レビューをもっと見る
875236
参考書名
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
158ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
21441028?w=80

熱 33題 電磁気 95題 原子 40題 ※いずれも例題を除く 赤と同じくらいのレベルで網羅性も高い。 特に熱は33題だから取り組みやすい。全て解けるようになれば、センターの熱の分野は満点が狙える。他の分野も同様。

19596883?w=80

赤エッセンスはいいけど青エッセンスはそれ程いいとは思わなかったです 教科書と問題集で勉強した方が良さそう

21347272?w=80

物理のエッセンスは受験においてのテクニックしか手に入らない。本質を理解していれば失敗することはないがテクニックはいつか失敗する。

レビューをもっと見る
1363973
参考書名
物理教室 (河合塾シリーズ)
著者
ページ
480ページ
出版社
河合出版
Btn amazon
20547429?w=80

半年以上この本を利用しています。 例題は全てこなし、二周以上はしています。その上での感想です。 私自身物理は得意であり、物理学そのものに対する興味も持っていまが、この本の解説はしっくり来ていません。 解説の雰囲気は、教科書に近い感じです。 良く言えば、簡潔で的確な解説。 悪く言えば、無味乾燥で眠くなる。 しっくり来なかった具体的な点は、以下の2つ程です。 ・誤解し易いポイントの注意がない、 ・変数や定数などで利用する代数に対する断りがない (代数が何の宣言もなく使用される、相異なる文脈で一つの文字が何の断りもなく使いまわされる) 要するに、そっけない感じです 私には、新・物理入門の記述の方がしっくり来てます。

19053795?w=80

ぶ厚くて持ってはいるがなかなか取り組めないって人は多いと思う。 でも実際読んでみると理論が基礎から応用までしっかり抜けなく説明されていて、 なぜ??え?? っていう疑問をもつことがほとんどない。 しかし電気分野などは特に仕組みを数学的に説明していて理論を読むのは大変だが理解したら忘れなく深く記憶できると思う。 難易度は良問とエッセンスを織り交ぜたくらいで例題は少ないが説明に抜けが全くない 好みは確実に分かれるが、普段から理論を分かりながら進めてる人には合うと思う。

14162147?w=80

同じ河合塾の参考書で言うと、物理のエッセンスと良問の風をまとめたくらいの難易度がある。例題は多くないが説明がしっかりしているのでこの教材だけでも基礎を付けることは可能である。 ただ、この参考書は受験生の中で非常に好みが分かれると思われる。なぜならこの参考書は数学的な説明が多く(特に電磁気)、理屈での理解に特化しているからだ。 それに対して物理のエッセンスは細かい説明が省かれており、良くも悪くもまとまっている参考書だ。理屈でというよりは、感覚的な理解が必要である。 この二冊は対極とは言わないまでもタイプが異なる参考書なので、一度目を通して分かりやすい方を選ぶと良い。 個人的なイメージだと文系は物理のエッセンス、理系は物理教室が合っている人が多い。 最後に どちらの参考書も、始める前に基礎的な参考書を一冊終わらせておくと良い。

レビューをもっと見る
Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
    14720702?w=72
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    15195811?w=120

    【物理基礎】公式の覚え方やおすすめ問題集・参考書を紹介!

    14713140?w=120

    【物理参考書】おすすめ問題集8選!偏差値60の壁を突破しよう

    15746168?w=120

    【物理】難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程の使い方と特徴

    14704913?w=120

    【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

    19816022?w=120

    【物理】名問の森物理Ⅰ・Ⅱの使い方と特徴

    15790880?w=120

    【物理おすすめ問題集】京大の物理25カ年の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay