【物理参考書】偏差値60を目指すおすすめ参考書7選【エッセンス他】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

はじめに注意点を2つ。

1つ。物理は参考書だけで身に付けるものではなく、参考書と教科書をよく読み比べて身につけるものです。

2つ。参考書は1つ、多くても2つのシリーズだけを買いましょう。
あれもこれも手を出してもどれも終わりません。

以上2つのことに注意した上でこれから紹介する参考書を選んでみてください。


まず、物理が右も左も分からないという方におすすめなのが、『橋元の物理をはじめからていねいに』シリーズ、もしくは『鈴木誠治の物理が初歩からしっかり身につく』シリーズです。
まったくわからない人が始めるべきものである、といっても決して低いレベルで終わるものではありません。扱っている題材はすこし限られているものの(とくに橋元物理)、扱っていることについてはしっかりと学べるように作られています。
まずこれを教科書とともに読んで、演習問題をこなして基礎の基礎を身につけてください。
なお橋元先生のほうは、最新版は力学編と電磁気編しかまだ出ていない(電磁気編は2016/11/29発売)ので、急いでいる場合は旧版の熱・波動・電磁気編を使いましょう。そちらでも構いません。

上記の2冊が一通り身についたら、『物理のエッセンス』か『鈴木誠治の物理』、『物理教室』のうち自分に合っているものを使いつつ、問題集の問題をどんどん解いていくことをおすすめします。
わからなくなったら教科書に戻り、また参考書に戻る。その繰り返しです。それを繰り返して典型問題が解けるようになれば、記述模試の問題や過去問にもだんだん対応できるようになっているでしょう。

物理において大切なことは、数式を通じて現象をイメージすることです。

たとえば外から力を加えず摩擦がある床面を滑っているのに、加速するような結果が出たら明らかにおかしいですよね。電磁気なんかは、最初はイメージするのが難しいかもしれませんが、徐々に「回路のこことここには電位差がありそうだな」とか「磁場がかかっているからこう飛ぶかな」みたいなのが、イメージしながら問題を解くことでわかってくると思います。まずはその状態を目指して、数式を睨んだり値を極端なもの(時間が十分経つとどうなるかとか、質量が無限大だとどうなるか)にしてみたりして、想像してください。

まず、物理が右も左も分からないという方におすすめなのが、『橋元の物理をはじめからていねいに』シリーズ、もしくは『鈴木誠治の物理が初歩からしっかり身につく』シリーズです。
まったくわからない人が始めるべきものである、といっても決して低いレベルで終わるものではありません。扱っている題材はすこし限られているものの(とくに橋元物理)、扱っていることについてはしっかりと学べるように作られています。まずこれを教科書とともに読んで、演習問題をこなして基礎の基礎を身につけてください。なお橋元先生のほうは、最新版は力学編と電磁気編しかまだ出ていない(電磁気編は2016/11/29発売)ので、急いでいる場合は旧版の熱・波動・電磁気編を使いましょう。そちらでも構いません。
 その参考書がひととおり身についたら、『物理のエッセンス』か『鈴木誠治の物理』、『物理教室』のうち自分に合っているものを使いつつ、問題集の問題をどんどん解いていくことをおすすめします。
わからなくなったら教科書に戻り、また参考書に戻る。その繰り返しです。それを繰り返して典型問題が解けるようになれば、記述模試の問題や過去問にもだんだん対応できるようになっているでしょう。
 なお、物理において大切なことは、数式を通じて現象をイメージすることです。
たとえば外から力を加えず摩擦がある床面を滑っているのに、加速するような結果が出たら明らかにおかしいですよね。電磁気なんかは、最初はイメージするのが難しいかもしれませんが、徐々に「回路のこことここには電位差がありそうだな」とか「磁場がかかっているからこう飛ぶかな」みたいなのが、イメージしながら問題を解くことでわかってくると思います。まずはその状態を目指して、数式を睨んだり値を極端なもの(時間が十分経つとどうなるかとか、質量が無限大なものだとどうなるかとか)にしてみたりして、想像してください。

参考書名
橋元の物理をはじめからていねいに力学編 大学受験物理(東進ブックス)
参考書名
橋元の物理をはじめからていねいに電磁気編(東進ブックス )
参考書名
鈴木誠治の物理が初歩からしっかり身につく 人気の講義 新課程高1~センタ-上位校まで 大学入試 力学・熱力学編

これやればセンターレベル、共通テストは6.7割安定〜9割弱はいけます 初学で教科書→エッセンスの順でやって一回挫折したけど教科書とエッセンスの間にこれ挟んでやったらすごく出来るようになった。

素晴らしい‼️ 教科書、チャート物理、導出物理、 漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本 坂田アキラの物理、新物理入門、宇宙一 はじめて学ぶ物理学 上 学問としての高校物理 これらをある程度やりました。 新物理入門は密度が濃くて説得力もあり良書ですが、使うタイミングは考えないといけない本だと思います。 坂田アキラは演習用としてコンパクトで良い。 初学者インプット教材としては、断トツにこの本がNo. 1です。 要点が掴みやすい! 教科書で微妙な箇所は微積で説明がある! 取り敢えず最低限度の基礎は網羅! 気楽にStress Freeで読めそう! 数学重視のペースを崩さなくても済みそう! という事で 最初からコレにしておけば良かった💦 結果論だけど‥‥。 この後は、体系物理の標準問題でもやって 微積物理も並行して楽しもう❣️

簡単すぎて普通の人でも2冊合わせて1週間で終わります。 定性的な理解しかできないので、高みを目指す人は新物理入門もやりましょう エッセンスなどというゴミ参考書より、こっちの方が100倍いいです。 ちなみに2冊合わせて1週間程度で終わらせないとこの本の真価は分からないと思います。というか、そういう能力がある人にしそういう能力がある人にしか有用ではないです。

レビューをもっと見る
参考書名
鈴木誠治の物理が初歩からしっかり身につく 人気の講義 新課程高1~センタ-上位校まで 大学入試 電磁気・波動・原子編
参考書名
物理のエッセンス 力学・波動(河合塾series)

まず最初に言っておきますけど、有名な参考書なんだから賛否両論あるわけで、レビューばかり見ていても大した情報は得られないです。エッセンスなんてブックオフとかメルカリでタダ同然で売られているのでとりあえず買って自分で見てみましょう。 それと、「独学に向いてない〜」系のレビューは無視してください。エッセンスの最初に「教科書と一緒に使え」と書いてあるのにちゃんと見てるんですかね。「講義編がまとまっている」も嘘です。他の参考書の方がまとまってます。 エッセンスは「問題集」です。参考書じゃないから講義編が薄っぺらいのは当然です。エッセンスをやる人はまず最初に教科書を読みましょう。どうせ教科書の内容も薄っぺらいので図録も見ましょう。どうしてもイメージしにくい部分はYouTubeで実験動画を探しましょう。講義動画なんかも上がっているので見たかったら見ても良いと思います。自分で実験するのもありです。「実験」なんて大層な言葉を使ってるけど、大体消しゴムを押したり投げたりぶん回してるだけで力学のほぼ全分野の実験になるんですよ。とにかく現実世界と物理を結びつけてください。余力のある人で「結局なんでこんな式が出てくるんだ」って疑問に思う人は微積分を使った本格的な物理に手を出してみましょう。駿台文庫の「新物理入門」がおすすめです。 とにかく「手」と「頭」の両方をフルに使うのが大切です。片方だけでは大したものは得られません。 そこまでやってイメージが掴めたらエッセンスの講義編をさっと読んで問題を解きましょう。ちゃんと「解いて」ください。問題集の解答を最初から読むようでは勉強ができるようになるはずがない。エッセンスは問題が少なめで解答も簡潔なのが良いです。「これくらい書けば分かるよね?」というラインです。解いて終わりではなく解けた問題も解けなかった問題も解答を読んで「再現できる」ようにして下さい。1周目は「考える練習」、2周目以後の再現は「より簡潔に考える練習」です。 こんな感じでちゃんと再現できるようになったら、もう簡単な問題は解かないで入試問題で練習するべきです。物理は、どこまで難しくなっても、 イメージする→イメージを厳密に表現するために持っている条件を数式化する→数式を解く→結果を考察してより厳密なイメージを作る→… の繰り返しです(入試問題だったら解いて終わり)。エッセンスで一つ一つの手法は一通り触れたわけなのであとは演習あるのみです。 程度の高めな問題で練習をしないでひたすら基礎問題を解き続けるのは無駄です。素振りしかしていないのに試合でホームランを打てる野球選手はいません。程度の高い問題を自分で考えて初めて、手法が自分に最適化され、本当の意味で身に付きます。 エッセンスを酷評するレビューも見かけますが、それも的外れだと思います。そのようなレビューは大体「微積分を使った本質的な内容じゃないのにエッセンスを騙るな」みたいな趣旨ですが、そもそもエッセンスというのは「入試物理を解く上でのポイント」的な意味合いでしょうし(本質とは言ってない)、また微積分を使うことで物理が「分かる」ということでもないと思います。僕も微積分を使った物理を一通り(新物理入門や苑田先生などで)学びましたが、微積分を学ぶ意義は「少しレベルの高い数学を扱うことでより厳密なイメージが得られる」ということであって、微積分の技術そのものはオマケです。数学的な技術なんてやれば誰でもできます。微分方程式が解けることが偉いわけではありません。そこから「より厳密で鮮明なイメージ」を得られるかが重要です。 極論を言えば、正しいイメージが作れれば公式物理でも問題ないわけです。数学的な技術に囚われる限り数式いじりからは脱却できず、いつまでも物理は分かるようになりません。そのような人こそ、エッセンスで基本的な問題で物理的なイメージを掴むことが大切だと思います。エッセンスは他の同系統の参考書と違い、そんなに「解法」チックな側面がないです。確かに受験に寄りすぎて実際の定義とは違う都合の良いワザはいくつかある(単振動や遠心力)けど、他の参考書と違いわりと素朴な内容になっているので、そういう思考訓練にはうってつけです。 そうやって練習を重ねていけば、いつかはエッセンスの内容が簡単すぎると思うようになると思います。その頃には入試の物理くらいはちゃんとイメージできるようになっていると思います。物理はそういう科目です。

高2のうちにやっておけば良かった。後悔した。物理習った後にモヤモヤしてたものが解消される感じがする。そんな感じがする。 ただしこの本、人を選ぶような気がする。

物理の基礎知識を知った上でこの参考書をやると良い。名問の森・良問の風への橋渡し

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子(河合塾series)

レビューみたら案の定批判多くて笑った 問題演習にはなるから解答だけ捨てて使ったらいいと思う

ここにバニラを加えると上品な仕上がりになります

嫌いな奴にあげろって暇医先生が仰ってた

レビューをもっと見る
参考書名
物理教室(河合塾series)

一週間で高校物理を理解したい人におすすめ!

初めて学ぶときに役に立ちました。大学受験の物理で必要な知識が網羅されてますが、問題の解き方は解説されてないですので点数upのための参考書というよりは高校物理を理解するための参考書としておすすめです。 直接点数upに繋げたいならば別の問題集で入試問題に慣れることをおすすめします。 例題は、入試問題がそろってます。しかし難易度はかなり高く、苦しい問題ばかりだと思います。

漆原で基本概念を確認した後、これの例題で解き方を学べば問題集が結構解ける。 このコンビ、ポテチとコーラ並みに最強。

レビューをもっと見る
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【物理基礎】公式の覚え方やおすすめ問題集・参考書を紹介!

    【物理参考書】おすすめランキング!わかりやすい独学勉強法

    【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

    【物理参考書】おすすめ問題集8選!偏差値60の壁を突破しよう

    【物理】名問の森物理Ⅰ・Ⅱの使い方と特徴

    【物理】難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に