【物理参考書】偏差値60を目指すおすすめ参考書7選【エッセンス他】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

はじめに注意点を2つ。

1つ。物理は参考書だけで身に付けるものではなく、参考書と教科書をよく読み比べて身につけるものです。

2つ。参考書は1つ、多くても2つのシリーズだけを買いましょう。
あれもこれも手を出してもどれも終わりません。

以上2つのことに注意した上でこれから紹介する参考書を選んでみてください。


まず、物理が右も左も分からないという方におすすめなのが、『橋元の物理をはじめからていねいに』シリーズ、もしくは『鈴木誠治の物理が初歩からしっかり身につく』シリーズです。
まったくわからない人が始めるべきものである、といっても決して低いレベルで終わるものではありません。扱っている題材はすこし限られているものの(とくに橋元物理)、扱っていることについてはしっかりと学べるように作られています。
まずこれを教科書とともに読んで、演習問題をこなして基礎の基礎を身につけてください。
なお橋元先生のほうは、最新版は力学編と電磁気編しかまだ出ていない(電磁気編は2016/11/29発売)ので、急いでいる場合は旧版の熱・波動・電磁気編を使いましょう。そちらでも構いません。

上記の2冊が一通り身についたら、『物理のエッセンス』か『鈴木誠治の物理』、『物理教室』のうち自分に合っているものを使いつつ、問題集の問題をどんどん解いていくことをおすすめします。
わからなくなったら教科書に戻り、また参考書に戻る。その繰り返しです。それを繰り返して典型問題が解けるようになれば、記述模試の問題や過去問にもだんだん対応できるようになっているでしょう。

物理において大切なことは、数式を通じて現象をイメージすることです。

たとえば外から力を加えず摩擦がある床面を滑っているのに、加速するような結果が出たら明らかにおかしいですよね。電磁気なんかは、最初はイメージするのが難しいかもしれませんが、徐々に「回路のこことここには電位差がありそうだな」とか「磁場がかかっているからこう飛ぶかな」みたいなのが、イメージしながら問題を解くことでわかってくると思います。まずはその状態を目指して、数式を睨んだり値を極端なもの(時間が十分経つとどうなるかとか、質量が無限大だとどうなるか)にしてみたりして、想像してください。

まず、物理が右も左も分からないという方におすすめなのが、『橋元の物理をはじめからていねいに』シリーズ、もしくは『鈴木誠治の物理が初歩からしっかり身につく』シリーズです。
まったくわからない人が始めるべきものである、といっても決して低いレベルで終わるものではありません。扱っている題材はすこし限られているものの(とくに橋元物理)、扱っていることについてはしっかりと学べるように作られています。まずこれを教科書とともに読んで、演習問題をこなして基礎の基礎を身につけてください。なお橋元先生のほうは、最新版は力学編と電磁気編しかまだ出ていない(電磁気編は2016/11/29発売)ので、急いでいる場合は旧版の熱・波動・電磁気編を使いましょう。そちらでも構いません。
 その参考書がひととおり身についたら、『物理のエッセンス』か『鈴木誠治の物理』、『物理教室』のうち自分に合っているものを使いつつ、問題集の問題をどんどん解いていくことをおすすめします。
わからなくなったら教科書に戻り、また参考書に戻る。その繰り返しです。それを繰り返して典型問題が解けるようになれば、記述模試の問題や過去問にもだんだん対応できるようになっているでしょう。
 なお、物理において大切なことは、数式を通じて現象をイメージすることです。
たとえば外から力を加えず摩擦がある床面を滑っているのに、加速するような結果が出たら明らかにおかしいですよね。電磁気なんかは、最初はイメージするのが難しいかもしれませんが、徐々に「回路のこことここには電位差がありそうだな」とか「磁場がかかっているからこう飛ぶかな」みたいなのが、イメージしながら問題を解くことでわかってくると思います。まずはその状態を目指して、数式を睨んだり値を極端なもの(時間が十分経つとどうなるかとか、質量が無限大なものだとどうなるかとか)にしてみたりして、想像してください。

参考書名
橋元の物理をはじめからていねいに 力学編
参考書名
橋元の物理をはじめからていねいに【改訂版】電磁気編 (大学受験 東進ブックス 名人の授業)
参考書名
鈴木誠治の物理が初歩からしっかり身につく 「力学・熱力学編」

これやればセンターレベル、共通テストは6.7割安定〜9割弱はいけます 初学で教科書→エッセンスの順でやって一回挫折したけど教科書とエッセンスの間にこれ挟んでやったらすごく出来るようになった。

素晴らしい‼️ 教科書、チャート物理、導出物理、 漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本 坂田アキラの物理、新物理入門、宇宙一 はじめて学ぶ物理学 上 学問としての高校物理 これらをある程度やりました。 新物理入門は密度が濃くて説得力もあり良書ですが、使うタイミングは考えないといけない本だと思います。 坂田アキラは演習用としてコンパクトで良い。 初学者インプット教材としては、断トツにこの本がNo. 1です。 要点が掴みやすい! 教科書で微妙な箇所は微積で説明がある! 取り敢えず最低限度の基礎は網羅! 気楽にStress Freeで読めそう! 数学重視のペースを崩さなくても済みそう! という事で 最初からコレにしておけば良かった💦 結果論だけど‥‥。 この後は、体系物理の標準問題でもやって 微積物理も並行して楽しもう❣️

簡単すぎて普通の人でも2冊合わせて1週間で終わります。 定性的な理解しかできないので、高みを目指す人は新物理入門もやりましょう エッセンスなどというゴミ参考書より、こっちの方が100倍いいです。 ちなみに2冊合わせて1週間程度で終わらせないとこの本の真価は分からないと思います。というか、そういう能力がある人にしそういう能力がある人にしか有用ではないです。

レビューをもっと見る
参考書名
鈴木誠治の物理が初歩からしっかり身につく 「電磁気・波動・原子編」
参考書名
物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)

何周もした 本のタイトルにもある通り、教科書だけでは足りない部分を補うための教材になっていて、教科書とセットで使うと効果的 これをやったら、以前挫折したセミナーもすんなり理解できるようになった セミナー、良問、名門で問題演習をやった後に、もう一度エッセンスを見直したら、エッセンスの良さが凄く分かった 受験勉強開始から終了まで使える教材だと思う

これを良書という人が、多いのに驚きです。

この本は、何を目的として作られてるのかが、全くわからない。初学者に向けて書いているのならば、もっと公式などが、なぜ成り立つのかを書くべき。出ないと、ただの公式暗記になってしまう。物理を少し勉強した人向けに書いているのならば、その人は問題演習などの目的で使うのだと思う。しかしこの本は問題数が非常に少なく、解説が全くと言っていいほど無い。これらの点から、この本は軽く言って最悪。

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)

嗚呼暇、退屈。実に単調な日々にうんざりしていた。そんなある日、授業中であったか、ぼんやりと窓の外を眺めていると一冊のノートが閉じた状態でゆっくりと落下していくのを観測した。物理法則に反しているようでどうにも気になり、放課後そのノートが落下したであろう地点に行き、ノートを手に取ると表紙には『物理のナンセンス』と書かれていた。うわっめっちゃラッキー有名なやつだ、わーい無料でゲットしたぜと思い家に持ち帰り早速開いた。前書きには本書の使い方として殺 したい式を書くと40秒後にそれは死 ぬという意味不明なことが書かれていた。とりま回路やるかぁって思ってなんかきっしょい回路方程式の立式方法を真似てみた。そして40秒後にその問題を見返してみる。すると驚いたことに内容が全く思い出せない。まじか?と思い今度は回路を変形させよう的な謎の記述を意識して問題を解く。そして40秒後に見返す。思い出せない…そこで悟ったこれは書いた式を全て脳内から消すノートだと。突然何者かの気配を感じた。振り向くとガリッガリの不気味な奴が立っていた。奴は〝リューキ〟と名乗りそれは俺が落したんだと言い、なぜ落としたと聞くと真面目にこれやってるとクラスの奴らに笑われるからと言う。そしてこのノートはお前と俺を繋ぐ絆だと言った。いや、これゴミやんキモいんだけどてかお前誰やねんと思い、ノートは燃やしたが奴は思いのほかユニークですぐに親しい友人となった。そんな思い出の書である。つまり何が言いたいかというとこれは糞書である。教科書と併用しろと聞くがそれでも糞書だと思う。赤も含めてテキトーなイメージだけ植え付けたりしてぶつ切りの問題を出してくるスタンスは大嫌いだし、確かにそうではあるが未知の力を文字で置かずに勝手に大きさを表記しちゃう(回りくどいが表記して欲しいと思うなぁ僕は)のもヤダし、青もいちいち解き方変えるのキモいし、学問の概念を変に日常生活と絡めてイメージさせてくるのもよくないと…でもまぁこれができるようならあとは何やっても良いと思うね、ある意味ね。こんなんで原理原則掴むくらいの行間を読む能力の高さがあるってことだしね…これが初めの一冊になる理由はこれでできるようになればセンスあるよってことだからじゃね?まあ難関大の人には向かないけど解き方暗記してそのまんま出るような大学には逆に向いてんのかな?あと天才には向いてると思うね! まあ僕は使おうと思いませんね! (注)彼は物理のエッセンスではなくパチモノの物理のナンセンスのことについて書いています

解法のテクニック集として使うには紹介されてる解法が少ない。本質を理解するために使うにしては微積の解説が一切ないのが致命的。初学者が使うにしては要求される「理解力」が高い。ある程度レベルのある人が使うにしては簡素的過ぎる。 私はエッセンスを何周かしましたが、エッセンスでの分からない部分を、ネット検索や物理教室を参照するなどしながら進めていて、今思えばなんのためにエッセンスをやっていたのかと言う感じです。最初から物理教室をやっていれば良かったと感じております。あちらは微積を使った解説もされており、より本質に触れることができます。 「微積を使った説明」というのは、本来物理を説明する上で1番簡単に、かつ厳密に表現できる説明方法なのですが、それをせずに下手に微積をはしょり簡潔な日本語化をしようとしたせいで、逆に利用者側の理解力が必要になってしまってます。 微積を使った解説を敬遠してはいけません。あれこそが「1番簡単にかつ厳密に理解できる物理の解説」なのです。 本質を知りたい、本質から理解したいガチガチの理系タイプの方は、この本では苦労します。 文系ならこれで解法暗記でもしておけばいいと思います。 また、赤エッセンスの力学バージョンも、あれはアレでゴミでしたが、まだ本冊よりはマシでした。あちらは、そもそも高校物理の力学範囲が運動方程式の派生で成り立っている部分があるため、運動方程式との繋がりを意識すればある程度理解できなくもなかったです。しかし、電磁気の範囲の場合は、ほぼ全てがMaxwell方程式からの派生で成り立っているため、Maxwell方程式を習わない高校生の多くは、電磁気の範囲で習う知識のそれぞれに有機的繋がりを見出せずに苦労する訳で、、、その中でも何とか知識と知識の有機的繋がりを意識させるように説明するならばまた別ですが、本冊はそういった事を一切してくれない為、力学バージョンよりもゴミです。要するに本冊はゴミ中のゴミです。

レビューをもっと見る
参考書名
物理教室 (河合塾シリーズ)

問題は、本番形式の長い文章を読まされるタイプのものが殆どです。難易度も総じて高い。また、解説はエッセンスよりダントツで詳しいです。何故かエッセンスに知名度で負けていますが、こちらの方が上位互換です。 厳密な定義付けの為に、微分方程式など、微積を使用していることで、敷居が高くなり使用者数が低下しているのでしょうが、物理はかなり厳密な理解がなければ難関大学では点数が取れません。未知の状況が与えれたり、全く知らない公式や単位をその場で与えられたりする問題では、途端に頭が真っ白になることになります。暗記だけで突破できる物理などセンターでしか出題されないので、難関大志望の方はぜひ微積を使った解説に慣れ、厳密な物理をこの本で学びましょう。 ((これよりも上の参考書と言えば新物理入門とかでしょうけど、あちらはほぼ全ページに微分方程式が書いてあり、かなりマニアック向けだと思います。))

これは神冊!!!!! 来週から始めます

物理だけが唯一の苦手科目だった者です。解説は丁寧でまとまっており、たぶん地方国公立ならこれで対策できると言っても過言ではないと思います。が、私には難しかったです。

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【物理基礎】公式の覚え方やおすすめ問題集・参考書を紹介!

    【物理参考書】おすすめランキング!わかりやすい独学勉強法

    【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

    【物理参考書】おすすめ問題集8選!偏差値60の壁を突破しよう

    【物理】名問の森物理Ⅰ・Ⅱの使い方と特徴

    【物理】難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に