中小企業診断士を徹底解説!おすすめの大学や難易度、仕事・年収など

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

中小企業診断士になるのにおすすめの大学は?

大学生で中小企業診断士の資格を目指そうとすると、実践的な経験が社会人と比べて少ない分、2次試験においては社会人と差がついてしまいがちです。よって、大学に通っているのであれば、大学の中小企業診断士養成講座を受講して、上記で説明した②2次試験と③中小企業診断士実務補修をパスした方が無難といえるでしょう。

そこで、以下では専用の中小企業診断士登録養成コースが設置されている大学をご紹介します。

私立 / 東京都
私立 / 東京都
私立 / 東京都 埼玉県 群馬県

中小企業庁経営支援課 養成課程・登録養成課程の実施機関一覧

最後に

本記事では、中小企業診断士の仕事内容や年収、国家試験の難易度や中小企業診断士になるのにおすすめの大学を紹介してきました。

中小企業診断士の仕事は、抽象的なイメージを持たれがちですが、少しでも具体的なイメージが湧いたでしょうか。

本記事が少しでもあなたの大学選びや進路選択のお役に立てば幸いです。

この記事を書いた人
    一橋大学経済学部に所属しています。

    関連するカテゴリの人気記事

    旧帝大とは?偏差値・難易度・就職・キャンパス等をまとめて紹介!

    【関関同立】偏差値と難易度を紹介!MARCH、産近甲龍との比較も!

    東京六大学を紹介!偏差値情報から六大学の学部・魅力まで教えます

    【早慶】早稲田大学と慶應義塾大学の偏差値から学部まで徹底比較!

    【早慶上智】早稲田・慶應・上智の偏差値と各大学の魅力を紹介!

    【看護大学の選び方】専門学校との違いからおすすめの大学まで!

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に