【数学勉強法】数学が嫌いな人必見!苦手を克服するコツと参考書

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

数学が苦手なそこのあなた。数学の勉強法で苦労してませんか?
ライバルに差をつけられないためにも数学の苦手を克服したいですよね。
これから私が数学嫌いを克服する勉強法のコツや参考書と問題集をご紹介します。
自分に合った参考書や問題集が見つからない人や、勉強法がわからない人は
この記事を読んで数学の苦手を克服して、志望校の大学に合格しましょう!

ダメな勉強法

公式は暗記するものだと勘違いしている

公式は導出を理解するべきです。
参考書の公式の導出を飛ばして読んでいるそこのあなた。導出を覚えることは重要なことですよ。
どうしてその公式ができたのかを知れば、その公式を使う場所も覚えることができるのです。
参考書の公式の導出を読んで理解し、丸暗記をやめることを心がけてください。

参考書のレベルが高い

偏差値や目標大学よりレベルの高い参考書や問題集を使ってはいけません。
参考書は今のレベルに合うものを使いましょう
階段を2段飛ばしするのではなく、少しずつレベルを上げていきましょう。

テスト前に記述問題を丸暗記するのはNGです。確かにテスト範囲が狭い定期試験では、解答をすべて覚えることができてしまうかもしれません。
しかし、この勉強法では応用問題が出題される模試や大学受験には通用しません。公式と同じで解答を丸暗記するのではなく、解き方の形を勉強してみてください。

机にたくさん参考書を積んで満足

参考書や問題集は完璧に解けるまでやりましょう。
参考書や問題集は国語辞典や英和辞典のような辞書ではありません。たくさん持っていても賢くなりません。
2冊の基礎問題しか理解できないのであれば、1冊の基礎問題と応用問題を理解しましょう。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

おすすめする数学勉強法

参考書は一つずつに絞ろう!

参考書は最後まで終わらせましょう。私は同時に複数の参考書を使うことはあまりオススメしません。良い参考書を選んで、その参考書を一つに絞って勉強すると、たくさんのメリットが生まれるからです。一つは、目標を設定しやすくなることです。大学受験はとても長い道のりです。その中で、たくさんのゴールをつくり、ひとつひとつクリアしていくことが志望校合格につながります。「一ヶ月でこの参考書の○○ページまで終わらそう!」「今回の模試は微積問題で苦戦したから、次の模試までにこの参考書の微積の範囲を終わらせよう!」など、工夫して勉強してみてください!
そして、参考書を一つに絞ることの一番のメリットはカバンが軽くなることです。受験科目は数学だけではありませんよね。英語や社会の参考書も入れたい、、そんなことも参考書を一つに絞ることで解決するのです!

良いノートに仕上げる

ノートはたて半分に区切って使いましょう!
苦手を克服するために一番重要なことは復習をすることです。このノートの使い方をすると、復習しやすくなるかもしれません!左を解くためのスペース、右を復習のためのスペースにすると、一度目と二度目の解答を見比べる事ができます。「前より良い解答がかけてる!」「前と同じところでミスしちゃった、、」等、苦手を克服できた自分を見れたり、同じミスを見つけやすくなったりするのです!ぜひ、ノートをたて半分に区切って使ってみてください!

付箋を使い勉強しやすく

間違えた問題は付箋をつけると復習しやすくなります。
何度も言ってきましたが、苦手を克服するのに一番重要なことは復習です。
復習したい問題をわかりやすくしておくと便利ですよね!そこで、間違った問題や復習したい問題に付箋をつけておくとわかりやすくなります。復習する問題に優先ランクをつけて、付箋の色を区別しても良いでしょう!

オススメ参考書と問題集

私は次の数学の参考書と問題集をオススメします。これらの数学の参考書と問題集は受験生に幅広く使われている参考書で、素晴らしい模範解答とわかりやすい解説とヒントやコツがついていることで有名です。特に黄色と青色のチャート式数学、フォーカスゴールドは別冊解答となっているため参考書や問題集の中では非常に分厚いものになりますが、その分解答解説が丁寧に書かれていて、独学での自学自習の勉強法に取り入れると役に立つ参考書になります。

改訂版チャート式解法と演習数学(黄チャート)

まずは、数学を基礎から勉強したいあなたにオススメするのが「改訂版チャート式解法と演習数学(通称:黄チャート)」です。黄チャートは、その節の例題の前に教科書にのっているような基礎問題がのっているので、その節の基礎レベル問題がわかっているか確かめてから例題に望むことができます。
例題、PRACTICE(練習問題)が上下にのっており、例題を解き解説を見たあとすぐに練習問題に挑むことができます。もちろん章末問題も節々に用意されていて、その章の復習までを1冊で終わらせることができます。ですので、数学があまり得意ではなく基礎から勉強したい方だけでなく、数学が苦手ではないけれど数学の復習をしたい方にもオススメの1冊です!

参考書名
改訂版チャート式解法と演習数学1+A
著者
価格
1,936円
ページ
479ページ
出版社
数研出版

ゴミ

中学生でも簡単に理解できます! 青や赤は見たことないので比べようがないですが数検の対策にもなると思います。 高校でも使える一冊です!

レベルが難しすぎず簡単すぎずとてもバランスのとれたいい参考書だと思います。 応用をするなら基礎をやる

レビューをもっと見る
参考書名
チャート式解法と演習数学2+B
著者
価格
2,178円
ページ
1125ページ
出版社
数研出版

これやっとけば間違い無いです。

この子は破り取って章ごとに分けるといいですよ 薄くなってやる気も出ますし、なにより破るの気持ちいいです(*^^*)

こいつは、厚くてやるきをなくす。 こういうのはでーととかいくやん? でーととかいったときにね、食事をするわけですよ。 そしたら、こいつに食べさせるときってのは本の紙と紙の間に食べ物はさんであげる。 噛むときの力が強い。厚いから。 特技は、海に落としてもすぐへたらない。 こいつはすぐへたらない。 雨とかに濡れたら膨らむから、ガリガリの子が好きな人は破ればいい。 そういう人にも対応できる子。^_^

レビューをもっと見る

新課程チャート式基礎からの数学(青チャート)

次に、これが最も人気の参考書、問題集ではないでしょうか。数学の基礎はわかってきたが、応用問題や難関大学入試レベルは苦手で難しいと感じるあなたにオススメするのが「改訂版チャート式基礎からの数学(通称:青チャート)」です。青チャートは黄色チャートより10%ほど問題量が多く少しレベルが高く作られています。さらに解説は黄色チャートより少なめに構成されています。ですので、基礎レベルはかなりできるという方に青チャートをオススメします。基礎レベルも難しいと感じるあなたは黄色チャートを購入することをオススメしますが、黄チャートよりは劣るもののチャート式の特徴であるわかりやすい解説はのっておりますので、迷ったら青チャートでも良いでしょう。

参考書名
改訂版チャート式基礎からの数学1+A
著者
価格
2,046円
ページ
567ページ
出版社
数研出版

問題の難易度は易しい問題から難しい問題まで揃っている。 例題は易しい順に基本例題😄、 重要例題😌、演習例題😓となっている。 練習問題も同じ。 EXERCISESは難しい😰 総合演習はもっと難しい😩 最初から全てやろうとするのではなく、単元ごとに基本例題からマスターし、重要例題を身につけて、演習例題をマスターする。 EXERCISES と総合演習は難しいので、意欲のある人だけやればいい。 例題だけ解説動画が視聴できるのでオススメ。 但し、有料である。 さらに新試験対応問題が増えた❗ 今のところ、1Aと2Bだけ

ある雨の日の事だった…. あいにく傘を忘れた僕は、懐にある本書を頭上に掲げた.分厚いので傘を忘れても代用してやり過ごせたのだった.おかげで風邪をひかずに済んだのだ… 高校生活ろくに異性との交流をしてこなかった僕だが、相合傘なる物を聞いたことがある. 八面六臂の友人はこの本でそれをしてみて数多の異性を落としたという. 僕とその友人との違いはこの本をいかに活かすかだ.僕は単なる傘として、友人は相合傘として活用してみせた. つまり活かすか活かせないかはその工夫一つで変わってくる. しかし何たる事だ羨ましい.いっそこの本を燃やしてしまいたい…。

自分はマセマの参考書(はじはじ、元気、合格)をやってから、復習と穴埋めのために青チャをやってます。 クソ分厚いですが、例題だけなら大したことないです。 基本例題はほぼ初見で解けるし、重要例題や演習例題はそもそも数が少ないし難易度的にもそんなになので、他の参考書で基礎を固めた後なら爆速で進みます。 自分は2時間あれば30~40問は進む感じです。 また、青チャはかなりまとまりがあってすっきりしてるので体系的な理解がしやすいです。 それは、裏を返せば解説が雑だと評されることもありますが、他の参考書をやった後なら何ら不都合無いと思います 自分はふつーにわかりやすい解説だなと感じました。 他の解説しっかり系の参考書は1問1問の濃さに重点を置いているのでいささかまとまりに欠ける感じなんですけど、そこを上手く補ってくれるのが青チャだと思います。 他の参考書で1問1問しっかり理解を深めた後に青チャでまとめる。また、青チャでさらっと復習して、忘れてる所があれば他の参考書でもう一度1問1問理解を深める。 こういう使い方がおすすめです。

レビューをもっと見る
参考書名
チャート式基礎からの数学2+B
著者
価格
2,288円
ページ
1204ページ
出版社
数研出版

フォーカスゴールド捨てて青チャートにしたら河合全統模試県で22位になれました、駿台模試も偏差値10あがりました軽く神教材です。

分厚さ、硬さ、匂い…全てが枕に適しています。それだけではなく沢山購入し並べることによってベッドにもなる優れもの。さらにこれを枕にして寝れば頭が良くなる(感じがする)。いい所しかない…と思いきや一つだけ欠点があります。何かと言うと、この枕は自我を持っているのですが、それがツンデレ属性なのです。なのでたまに突き放してくる事もありますが愛し続けることによって必ずデレてくれます。なので欠点ではないです。誰ですか欠点があるなんて言った人は💢 まあとにかく、明日にでも書店に行き自分の気に入った子を買いましょう。いい彼女(彼氏)になってくれると思います(*^^*)

この青チャートを始める前に、マセマのはじはじとかやっても青チャートをやりきるには不充分すぎます。この青チャートを活用するのに基礎的且つ問題量多めのテキストを使わないと、自分は点数上がらなかった。「ここはわかるけど、この部分って何をしてこうなったの?」っていうのがしょっちゅうありました。その原因は、青チャートの基本例題よりも基礎の問題が出来てなかったから。確かに、すごい網羅してるけどこれ使えば数学はなんとかなるっていうことは絶対にないと思います。もちろん基礎ができてるところは、これ使えばグングン点数上がるけど、やっぱり基礎の石垣作ってからじゃないと手出したらアカン。

レビューをもっと見る

フォーカスゴールド

次に青チャートと並ぶ大学入試で使いたい参考書であるフォーカスゴールドをご紹介します。この参考書の何が素晴らしいかというと、基礎問題から応用問題、難関大入試問題までをすべてカバーする問題量の多さとお財布に優しい価格です!内容は青チャートと同様に難関大学入試レベルまでをカバーしていて、フォーカスゴールドもまた別冊解答集となっています。ですので、解答解説までわかりやすく説明してくれて、数学の勉強法に取り入れたい1冊です。
この本を購入するときに気をつけてほしいのが、別冊解答集付きと別冊解答集なしが売っていることです。別冊解答集がないと、このレベルの参考書で勉強するのは不可能ですので、気をつけて購入しましょう。

参考書名
Focus Gold数学1+A―新課程用
著者
ページ
720ページ
出版社
新興出版社啓林館

この子にはお世話になったわ。夏休みに受験を意識し、毎日一章解いていくことで明らかに問題に対する着想が早くなったし、演習量も稼げる。教科書からfocus or赤茶が王道やと思います。わいの尊敬する天才曰く、例題だけじゃ甘い。練習問題ももちろんやらんと演習が足りないらしい。まぁ時間のない受験生にはきついと思うけど、高1高2ならやる価値はある。これのおかけでセンター1A96点取れた。(満点じゃないのはご愛嬌。) チャレンジ問題はふつうにむずいからそこは好みでやったらええと思う。

他にはない圧倒的な問題量、問題の選別が素晴らしい。特にチャレンジ編は自分の力を試せる素晴らしい良問が揃っている。

よくお話を聞いてくださる先生がたから良書と推薦されました、私は電子化されている Libry版 (リブリー)を愛用しています、唯一の欠点とも言える持ち運びの問題は解決しました!

レビューをもっと見る
参考書名
Focus Gold数学2+B―新課程用
著者
ページ
0ページ
出版社
新興出版社啓林館

数学の基礎本というと「青チャート」が有名だと思います。 内容も8割方同じかもしれません。 ただ、個人的に両者を比べるとfocus goldの方が、、 ・解説が若干分かりやすく、丁寧 ・基礎本といいつつ、難問もいくつか掲載されているため、実力がつく。 ・全体的に良問が多い ・気のせいかやや重い(欠点) おすすめです!

受験を終えて家路へ向かう浪人生達。疲れからか、不幸にも黒塗りの参考書を購入してしまう。 後輩を庇い全ての責任を負った三浦に対し、参考書の主、啓林館に言い渡された合格の条件とは…。

言葉では言い尽くせない何かがあなたを助けてくれること間違い無し、、。それはきっと満点の星空の下、胸の奥できらめいた数少ない原石のようなもの、、。

レビューをもっと見る

大学への数学

受験生用の数学参考書としては珍しい月刊誌という形をとっているのが、この「大学への数学」です。なんと半世紀以上、1957年から毎月発行されています。昔から続く参考書であるとおり、良質な参考書で今も人気を博しています。「解説記事」「スタンダード演習」「日々の演習」「学力コンテスト」と、4つの項目に分かれていて、解説記事に沿ったスタンダード演習、わかりやすい解説があることはもちろんですが、月刊誌ならではの珍しい特徴があります。それは後ろについている解答用紙に答えを書いて提出すると、採点官が点数をつけてくれるという大数ならではの取り組みを行っているのです。成績優秀者は誌面に名前がのるなど、月一回ライバルと競い合えるというメリットがあります。数学に自信がついてきたら、この「大学への数学」をやってみるのも良いかもしれません。

参考書名
大学への数学 2018年 02 月号 [雑誌]
著者
ページ
0ページ
出版社
東京出版

ただし、月刊誌なのでこのリンクは2018年2月号となります。

この記事を書いた人
    早稲田大学創造理工学部4年でビリヤードとカードマジックが得意です!得意科目は数学と物理です!

    関連するカテゴリの人気記事

    平方根(ルート)の計算や問題の解き方を完璧に理解しよう!

    因数分解のやり方・公式と解き方のコツ教えます!高校レベルまで対応!

    二次方程式の解の公式・因数分解による解き方を解説!解の公式をマスター

    部分分数分解の公式とやり方を解説!

    三平方の定理が一瞬で理解できる!公式・証明から計算問題まで解説

    二次関数のグラフの書き方と公式を使った最大値最小値問題の解き方!

    関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に