【数学勉強法】数学が嫌いな人必見!苦手を克服するコツと参考書

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

数学が苦手なそこのあなた。数学の勉強法で苦労してませんか?
ライバルに差をつけられないためにも数学の苦手を克服したいですよね。
これから私が数学嫌いを克服する勉強法のコツや参考書と問題集をご紹介します。
自分に合った参考書や問題集が見つからない人や、勉強法がわからない人は
この記事を読んで数学の苦手を克服して、志望校の大学に合格しましょう!

ダメな勉強法

公式は暗記するものだと勘違いしている

公式は導出を理解するべきです。
参考書の公式の導出を飛ばして読んでいるそこのあなた。導出を覚えることは重要なことですよ。
どうしてその公式ができたのかを知れば、その公式を使う場所も覚えることができるのです。
参考書の公式の導出を読んで理解し、丸暗記をやめることを心がけてください。

参考書のレベルが高い

偏差値や目標大学よりレベルの高い参考書や問題集を使ってはいけません。
参考書は今のレベルに合うものを使いましょう
階段を2段飛ばしするのではなく、少しずつレベルを上げていきましょう。

テスト前に記述問題を丸暗記するのはNGです。確かにテスト範囲が狭い定期試験では、解答をすべて覚えることができてしまうかもしれません。
しかし、この勉強法では応用問題が出題される模試や大学受験には通用しません。公式と同じで解答を丸暗記するのではなく、解き方の形を勉強してみてください。

机にたくさん参考書を積んで満足

参考書や問題集は完璧に解けるまでやりましょう。
参考書や問題集は国語辞典や英和辞典のような辞書ではありません。たくさん持っていても賢くなりません。
2冊の基礎問題しか理解できないのであれば、1冊の基礎問題と応用問題を理解しましょう。

おすすめする数学勉強法

参考書は一つずつに絞ろう!

参考書は最後まで終わらせましょう。私は同時に複数の参考書を使うことはあまりオススメしません。良い参考書を選んで、その参考書を一つに絞って勉強すると、たくさんのメリットが生まれるからです。一つは、目標を設定しやすくなることです。大学受験はとても長い道のりです。その中で、たくさんのゴールをつくり、ひとつひとつクリアしていくことが志望校合格につながります。「一ヶ月でこの参考書の○○ページまで終わらそう!」「今回の模試は微積問題で苦戦したから、次の模試までにこの参考書の微積の範囲を終わらせよう!」など、工夫して勉強してみてください!
そして、参考書を一つに絞ることの一番のメリットはカバンが軽くなることです。受験科目は数学だけではありませんよね。英語や社会の参考書も入れたい、、そんなことも参考書を一つに絞ることで解決するのです!

良いノートに仕上げる

ノートはたて半分に区切って使いましょう!
苦手を克服するために一番重要なことは復習をすることです。このノートの使い方をすると、復習しやすくなるかもしれません!左を解くためのスペース、右を復習のためのスペースにすると、一度目と二度目の解答を見比べる事ができます。「前より良い解答がかけてる!」「前と同じところでミスしちゃった、、」等、苦手を克服できた自分を見れたり、同じミスを見つけやすくなったりするのです!ぜひ、ノートをたて半分に区切って使ってみてください!

付箋を使い勉強しやすく

間違えた問題は付箋をつけると復習しやすくなります。
何度も言ってきましたが、苦手を克服するのに一番重要なことは復習です。
復習したい問題をわかりやすくしておくと便利ですよね!そこで、間違った問題や復習したい問題に付箋をつけておくとわかりやすくなります。復習する問題に優先ランクをつけて、付箋の色を区別しても良いでしょう!

オススメ参考書と問題集

私は次の数学の参考書と問題集をオススメします。これらの数学の参考書と問題集は受験生に幅広く使われている参考書で、素晴らしい模範解答とわかりやすい解説とヒントやコツがついていることで有名です。特に黄色と青色のチャート式数学、フォーカスゴールドは別冊解答となっているため参考書や問題集の中では非常に分厚いものになりますが、その分解答解説が丁寧に書かれていて、独学での自学自習の勉強法に取り入れると役に立つ参考書になります。

改訂版チャート式解法と演習数学(黄チャート)

まずは、数学を基礎から勉強したいあなたにオススメするのが「改訂版チャート式解法と演習数学(通称:黄チャート)」です。黄チャートは、その節の例題の前に教科書にのっているような基礎問題がのっているので、その節の基礎レベル問題がわかっているか確かめてから例題に望むことができます。
例題、PRACTICE(練習問題)が上下にのっており、例題を解き解説を見たあとすぐに練習問題に挑むことができます。もちろん章末問題も節々に用意されていて、その章の復習までを1冊で終わらせることができます。ですので、数学があまり得意ではなく基礎から勉強したい方だけでなく、数学が苦手ではないけれど数学の復習をしたい方にもオススメの1冊です!

参考書名
チャ-ト式解法と演習数学Ⅰ+A

色々な問題の解法理解や、問題演習に便利です! 共通対策、定期テストなどに対応できます!模試などの対策にも向いてます!基礎から応用までできるようになりたい人にはオススメです!

チャートは数学教材界の代表的なヤツですね。こいつにも兄弟がいて、赤とか青とか灰色とか緑とか…なんかいっぱいいます。 オレンジ色はザックリいうと「基礎」ですかね(多分)。青とかだととハイレベルになってわからないままで終わる、ってことが多々あるそうです(友達の情報)。 まあ僕目線で言ってるんで「いや知らねぇーよww」ってなると思いますがご了承ください… 中身は至ってシンプル。設問があって解説があります。「chart &solution」っていうコーナーの赤くて太い字を抑えておくのもいい勉強だと思います。ちょっとした役に立つ豆知識的なヤツもあります。 コレの息子みたいな黄色い「解答と解説」と合わせて使うのもバッチグー。(ちなみにコレは「親(?)」の方に載ってる練習問題の解答と解説が載ってます。「親(?)」の方には練習問題の『解答』のみ載ってます。『解説』は載っていません。) 以上、長文失礼しました。

数学が少しわかる人や教科書をマスターしたい人に勧めます。色々な入試問題もあるので入試対策や弱点補強に使えます。この参考書に出会えて良かったです!

レビューをもっと見る
参考書名
チャート式解法と演習数学2+B

単元ごとに分解したらチャートで勉強するのが楽しくなった

彼曰く、サイコーとおっしゃっていました。

何周もしちゃった❤

レビューをもっと見る

新課程チャート式基礎からの数学(青チャート)

次に、これが最も人気の参考書、問題集ではないでしょうか。数学の基礎はわかってきたが、応用問題や難関大学入試レベルは苦手で難しいと感じるあなたにオススメするのが「改訂版チャート式基礎からの数学(通称:青チャート)」です。青チャートは黄色チャートより10%ほど問題量が多く少しレベルが高く作られています。さらに解説は黄色チャートより少なめに構成されています。ですので、基礎レベルはかなりできるという方に青チャートをオススメします。基礎レベルも難しいと感じるあなたは黄色チャートを購入することをオススメしますが、黄チャートよりは劣るもののチャート式の特徴であるわかりやすい解説はのっておりますので、迷ったら青チャートでも良いでしょう。

参考書名
チャート式基礎からの数学Ⅰ+A

それは桜の散る春だった。君をはじめて見たのはよく行く街角の本屋さんだった。君は真っ青な顔をしていて心配してすぐに購入してあげた。君との日々はとても楽しい。けど別れが来ると思うと清正する。なぜだろう

問題量は他の本と比べて多いですが、この分野もうちょい問題練習積みたいなって思うことが多々あるので、これだけで基礎固めは出来ますが例題練習レベルの参考書(教科書傍用問題集とか)も所々で使って固めてもいいかもね。てか言うてそんなに分厚くなくないすかこれ フォーカスゴールドとの1番の違いは、基本事項に解説があること。定理とかは証明して納得して使うべきだと思っているので(そんな時間かからないし)問題に出会ったときにやるのは遅いと思うんですよね。 FGももちろん注意書きみたいな感じで、一応証明してありますが見づらい。2Bしか持ってないけど例えばtanの加法定理とか証明されてないし。 ですがまあ学校でやるのが大半なのでそれをちゃんと聴いてくれればいいかなって。僕が2BをFG使ってズカズカ先に進んでて困ったってだけかもしれませんし。 逆に、問題の構成というか問題集としては劣るかもしれません。ちょっと発展した問題は総合演習とエクササイズしかないですがFGはすごいですね。stepup、章末、チャレンジ編、実践編と1冊で結構なレベルまで行くと思います。 なので青チャは確かに基礎固めにはもってこいですが、なんとなく次に1対1を挟みたくなります。 色々言いましたが一応エクササイズもそれなりに解けるくらいにはなってからレビューしてます。 基本事項と解説が別々になってるのが見づらいなら赤チャにしましょう。赤チャもしっかり基本から乗ってます。てか大差ないです。青チャは基礎固め色がちょっと濃い参考書というだけですし。 あ、一部には白チャート信者がいると聞きましたが基本は青で良いと思いますよ。教科書の例題とかのレベルから乗ってますし同じ様な厚み(量)で結構応用の利いた問題まで取り組めるので優秀だと思います青チャート。 ちなみに数3は赤使ってるのですが、青よりも本質意識な印象があります。レイアウトも綺麗ですし。 僕はコラムとかも色々含めてチャートの方がFGより取り組んでて面白かったです。(あくまでも個人的に) お世話になったのでお礼を言いましょう! ありがとう青チャート!

黒か青かどちらの色が好きですか?って尋ねられたら、圧倒的黒!! 青:どうしてだよ〜!!! 黒:あ、ありがてぇぇ ○○...への数学:私をお忘れかい? 青 黒:誰やねん(放棄)

レビューをもっと見る
参考書名
チャート式基礎からの数学2+B

表記を正してください Ⅱですw ちょっち気持ちが悪い‥‥個人的にw

頭からやっていくと途中で飽きるので単元を日替わりにするなど短いサイクルで色々な問題に触れると効果的です

チャートをやる時はちゃーんと集中しよう #チャート式基礎からの数学2+B

レビューをもっと見る

フォーカスゴールド

次に青チャートと並ぶ大学入試で使いたい参考書であるフォーカスゴールドをご紹介します。この参考書の何が素晴らしいかというと、基礎問題から応用問題、難関大入試問題までをすべてカバーする問題量の多さとお財布に優しい価格です!内容は青チャートと同様に難関大学入試レベルまでをカバーしていて、フォーカスゴールドもまた別冊解答集となっています。ですので、解答解説までわかりやすく説明してくれて、数学の勉強法に取り入れたい1冊です。
この本を購入するときに気をつけてほしいのが、別冊解答集付きと別冊解答集なしが売っていることです。別冊解答集がないと、このレベルの参考書で勉強するのは不可能ですので、気をつけて購入しましょう。

参考書名
Focus Gold数学1+A

訳あって三種類ともやってしまったのでレビューします(くれぐれも参考書は一冊に) 例題のみ 網羅性(カッコ内は問題数 1a2b+3) new action(688+297 確率分布なし) << 青茶(749+293) < FG(745+310) 解説 青茶(若干不親切) << new action(問題を解く際の思考を重視) = FG(途中式は一番細かい) 〜 各書分析 〜 青チャート・・・ 通称青茶。歴史ある名著であるが解説は若干不親切。個人的には一番おすすめしない(ただし他のと難易度に大差はない)が個人的にチャート式の強みは白〜赤までの豊富な難易度が選択できることだと思っている。  「有名だしみんなが使ってるから青茶にしよう!!」などと思考停止して後悔しないよう本屋に行く際は黄茶(志望校が中堅であれば一番おすすめ)や赤茶(個人的にチャート式では一番クオリティが高い)を一度選択肢に入れてみよう。 FG(フォーカスゴールド)・・・ 高級感溢れる黒い表紙が特徴の参考書。途中式は一番細かく書かれていて、教科書の例題レベルから難しめの問題まで幅広く網羅されている。(難易度の幅は一番広い) それ故に問題数も一番多いので入試本番まで時間のある高1高2生におすすめ。(ただし販売されている書店が限られている為、必ず確認すること、また数学IIIは問題数が多く、時期的にも注意が必要) 難易度で言うと赤茶寄りの青茶といったところか。 new action legend ・・・ 網羅性で言えば黄茶寄りの青茶でFGから一番簡単めな問題と一番難しめな問題を抜いた感じ。 問題を解く際の思考の過程を重視しており問題数も一番少ないので(といっても初学者には多い)初めて網羅系参考書をやる人は本書がおすすめ。個人的にはあのクソ分厚い問題集の例題のみを集めた冊子が付いているのがかなりありがたい。 ただし、他二冊に比べると網羅性に劣るので、1a2bに関しては本書を終えた後は同シリーズのニューグローバルレジェンドをやるのがオススメ(数学IIIが含まれていないのは恐らく網羅系を終えれば大体の大学の過去問に取り組めるからという考えからであろう) 番外編: 基礎問+標問(+入問)・・・旺文社から出ている精構シリーズだが比較的問題の難易度が安定している基礎問に対して、標問は三冊の著者がそれぞれ異なり難易度も基礎問からの接続が可能な1a、内容の重い(がクオリティは高い)2b、難関を目指す人向けの3(基礎問からの接続は非常に悪い)と異なってなっているため、 基礎問+標問で1a2b3を全て揃えようとするのは危険。 数学IIIの標問を除けば網羅系で補える難易度や網羅性であるので買おうとしている人は注意が必要。(1a=青茶 2b=FG 3>FG と考えて構わない) 入問は著者が三冊とも同じで、1a(整数と図形の性質がない)や2b(数列が手薄)などには不安が残るものの、数学IIIは非の打ち所がない完璧なクオリティで分かりやすさやある程度(高校数学を逸脱しない範囲)厳密な考えも重要視しており応用性も高いため、数学IIIに関しては個人的には網羅系や基礎問よりもこの一冊が一番のオススメである(この一冊で中堅までなら対応できる) ・・・結論・・・ 網羅系参考書に少しでも不安がある人→ new action 少しでも式変形を省略されたくない人→ FG 間をとって→ 青茶

青チャが難しく、Forcus Gold I+Aに変えたら驚くほど分かりやすい。 難易度設定(【アスタリスク】*)がされており、良門も多い。

僕は中3の秋頃からこれを使いました 普通の模試ならこれの例題とstep up問題を解きまくると安定して高得点が取れます。 また、これで予習をやるなら星3までを最初にやるのをお勧めします。星4はまだ知識が体系化されていない予習時期にやるとなかなか理解できず、かえって予習のテンポを妨げてしまう場合があります。 力がついてきたら典型問題だけではなく、章末問題やLevel up問題で新しい考え方を身につけることもでき、僕にとって数学の自信がついた一冊なのでぜひお勧めします。

レビューをもっと見る
参考書名
Focus Gold数学2+B

解説分かりやすくて萎えないからオヌヌメ この子のおかげでベクトル少し改善しそう

例題だけ3周くらいしました これ高12でやるべき問題見極めてやるのは無理 普通に挫折した

私は昔ある参考書を使っていた。私はいつもカフェで勉強していた。ある日目の前にFocus Goldを使っている人がいた。私は黒光りするこの参考書に圧倒され勉強に身が入らなかった。私は悔しく思いFocus Goldを探し回った。ようやく見つけ私は迷うことなく買った。購入後カフェでFocus Goldを開いた。黒光りする分厚い参考書で私は周りを圧倒した。周囲からの視線を感じ優越感に浸った。周りは以前の私と同じように勉強に身が入らず帰宅していく。私は勝ったと思い伸び伸びと勉強することができた。基礎的な問題から発展的な問題まであり、解説も丁寧。コラムも充実していて退屈しません。実力はどんどん伸びていき最終的には数学科に合格しました。 受験勉強は基礎からじゃありません、周りをまず参考書で圧倒しましょう。

レビューをもっと見る

大学への数学

受験生用の数学参考書としては珍しい月刊誌という形をとっているのが、この「大学への数学」です。なんと半世紀以上、1957年から毎月発行されています。昔から続く参考書であるとおり、良質な参考書で今も人気を博しています。「解説記事」「スタンダード演習」「日々の演習」「学力コンテスト」と、4つの項目に分かれていて、解説記事に沿ったスタンダード演習、わかりやすい解説があることはもちろんですが、月刊誌ならではの珍しい特徴があります。それは後ろについている解答用紙に答えを書いて提出すると、採点官が点数をつけてくれるという大数ならではの取り組みを行っているのです。成績優秀者は誌面に名前がのるなど、月一回ライバルと競い合えるというメリットがあります。数学に自信がついてきたら、この「大学への数学」をやってみるのも良いかもしれません。

参考書名
大学への数学 2018年 02 月号 [雑誌]

ただし、月刊誌なのでこのリンクは2018年2月号となります。

この記事を書いた人
    早稲田大学創造理工学部4年でビリヤードとカードマジックが得意です!得意科目は数学と物理です!

    関連するカテゴリの人気記事

    平方根(ルート)の計算や問題の解き方を完璧に理解しよう!

    因数分解のやり方・公式と解き方のコツ教えます!高校レベルまで対応!

    二次方程式の解の公式・因数分解による解き方を解説!解の公式をマスター

    部分分数分解の公式とやり方を解説!

    三平方の定理が一瞬で理解できる!公式・証明から計算問題まで解説

    二次関数のグラフの書き方と公式を使った最大値最小値問題の解き方!

    関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に