【物理参考書】おすすめランキング!わかりやすい独学勉強法

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

「物理の参考書や問題集は何を選べば良いんだろう、、」そんな悩みを持つあなたに大学受験でおすすめな2冊の参考書「物理重要問題集」と「物理のエッセンス」を紹介します。ここでは、「物理重要問題集」と「物理のエッセンス」を中心に、独学で大学受験に合格するおすすめ参考書や問題集の難易度と効率の良い勉強法をご紹介していきます!是非参考にしてみてください。

独学受験対策に役立つ「物理のエッセンス」

まずは、物理初心者からセンター試験の物理まで、カバーしてくれる参考書、「物理のエッセンス」の特徴を説明していきます。

参考書名
物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
165ページ
出版社
河合出版

一回やっただけでは伸びない。 エッセンスに関してはすべての問題を完璧にすれば、本当に成績が上がる。完璧にすれば。 自分は高2の冬に始めたが、実際に成績が急上昇したのは高3の夏である。間違えた問題、自信がなかった問題は何度繰り返したかわからないほどやった。 解答解説にどこで自分が間違ったのかを書き込んでおくと、ノートを見返さなくても、2回目、3回目とやったときに自分の成長、どこが苦手なのかがよく分かる。 センター型に関しては十分だが二次試験に対応していくためには名問の森につなげるのがオススメだ。 実際にやってみるとエッセンスでやったことを生かしていけば解ける問題がほとんどである。 エッセンスを何度も繰り返し、物理を苦手教科から得意教科へと変えた私は、自信を持ってこの本を勧めたい。

問題文の質は劣悪と言わざるを得ない。 基礎にはいいのかもしれないが初学者にはオススメしない。 受験用参考書として使う事をオススメさる。 エッセンスだけ三周やればセンター満点www みたいな頭のイカれた意見を採用するのは一ヶ月で東大を真に受ける人間と同レベルと言わざるを得ない。 個人的には現象→公式の導出から入ってもらうと物理は飛躍的に伸びると思う。

基礎を大事にしてください。学校や予備校での授業では足りません。予備校で今物理をひたすらに受講してる人。動画見ただけで勉強してる気にならないでください。とにかく手を動かしてください。私もエッセンスを見た時、カラーじゃなくて面白くなさそう。こんな基本事項分かるし。と思ってました、しかし!やってみると全然知らなかったんですね。等加速度直線運動の2番目の式、変位の式。二つの物体が押し合って作用反作用になったときの運動方程式が分からない。など、曖昧じゃないですか?それを固めてください。私は東進の受講を終え、良問の風をやったんです。そしたら、時間はかかるし間違えるしで。そこで初めて基礎ができてないことに気がつきました。クラスメートにまだエッセンスやってんの?と言われたのもあり、悔しくて受験学年の10月にこれをやりまくりました。そしたら、本当に物理のエッセンス(本質)が叩き込まれて、良問の風へスムーズに進まめました。センターレベルに関しては得意な化学よりも物理の方が取れてしまうということになりましたw 物理は他の教科と違って、本質が分かれば難しい問題も出来るといいますが、それは違います。本質を身につけた上で問題を解きまくるんです。全ての教科は、いい勉強法や講師に出会えたら、あとは慣れです。努力です。3年の秋になって後悔しないように、今からエッセンスを叩き込んでください。

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
158ページ
出版社
河合出版

僕の高校の授業進度が遅めだったため、夏休みに電磁気を独学するために買いました。たまーに???ってなるところがあったりしますが(筆者の日本語が下手クソで理解し難いところもあったりする)、2,3周ぐらいやればその意味がじわじわ分かってくるでしょう。多分。この感覚は快感です。知らんけど。

基礎を大事にしてください。学校や予備校での授業では足りません。予備校で今物理をひたすらに受講してる人。動画見ただけで勉強してる気にならないでください。とにかく手を動かしてください。私もエッセンスを見た時、カラーじゃなくて面白くなくてもやってください。良書だと断言します。熱効率分かってますか?干渉の公式の意味分かってますか?この熱、電磁気、原子分野は、実生活と馴染みがない分、苦手とする人が多いのではないかと思います。ですから問題を解いてて疑問がたっぷり出てくるんです。でもこの本は私がどこで疑問を抱えるのか知っているかのごとく、Q &Aコラムがいたるところについてるんです。例えば、くさび形の干渉のやつで、なんでガラスの外側では反射しないのかと疑問に思ったら、ちゃんと書いてあるんですね。ガラスが厚すぎて経路差が大きすぎるので干渉はしない。なるほどと納得しました。私は、東進の受講を終え、良問の風をやったんです。そしたら、時間はかかるし間違えるしで。そこで初めて基礎ができてないことに気がつきました。クラスメートにまだエッセンスやってんの?と言われたのもあり、悔しくて受験学年の10月にこれをやりまくりました。そしたら、本当に物理のエッセンス(本質)が叩き込まれて、良問の風へスムーズに進まめました。センターレベルに関しては得意な化学よりも物理の方が取れてしまうということになりましたw 物理は他の教科と違って、本質が分かれば難しい問題も出来るといいますが、それは違います。本質を身につけた上で問題を解きまくるんです。全ての教科は、いい勉強法や講師に出会えたら、あとは慣れです。努力です。3年の秋になって後悔しないように、今からエッセンスを叩き込んでください。浜島清利さんは救世主です。河合塾ありがとう。やまぐち健一は教えるの下手。変な例え考える暇あるんだったらコンデンサーちゃんとやってくれ。

今やっている途中ですが、このシリーズは 自分にとって物理の印象というか、全てを変えてくれました。是非オススメです!

レビューをもっと見る

物理初心者が物理の基礎を固める事のできる構成

この参考書は章のはじめにその章に出てくる公式や定理の丁寧な解説、覚えるべき重要キーワード、章で使う公式、その公式を使った例題と解説を載せてあるので、物理を一度も触れたことのない方でも「物理のエッセンス」さへ読めば独学で物理の基礎力をつけられるでしょう。
私は大学受験の最後までこの参考書とすごしていました。

基礎問題からセンター9割を目指せる範囲をカバー

「物理のエッセンス」で物理の基礎を固めることができれば、センター試験で9割も見えてきます。なぜかというと、物理は暗記量が少なく、覚えなければいけないことが少ないからです。「物理のエッセンス」に書かれている手順や公式の使い方ををすべて覚えれば独学でも必ずセンター試験で良い点が取れるはずです。
あともう一つ、受験勉強におすすめな使い方をご紹介すると、参考書としてだけでなく丁寧な説明を活用して辞書のように使うのもおすすめです。

「物理重要問題集」の特徴

「物理のエッセンス」で物理の基礎を固めた方に「物理重要問題集」をおすすめします。
すべての問題が実際に大学入試で出題された問題なので、「物理のエッセンス」でしっかり基礎を固めていないとこの問題集を解くことは難しいでしょう。そこそこ歯ごたえがある問題が揃っているので、難関大入試レベルの問題集までの練習だと思って「物理重要問題集」を使うと良いと思います。

参考書名
物理重要問題集 2018―物理基礎・物理
著者
ページ
305ページ
出版社
数研出版

かなりの良問ぞろい。これさえ抑えれば二次試験怖いもの無しと言っても過言ではない。 間違えた問題を「なぜ間違えたのか」をしっかり分析し(解法がわからないのか、公式が分からないのか、知識が間違っているのか、はたまた計算ミスなのか)対策を練り、繋げていけばどんどん実力が着いてくる。 そして赤本などの間違えた問題の類題、また自分の苦手な分野を徹底的に抑えていくと点数が上がっていくのが手に取るようにわかる。 この問題集の結果、全統記述偏差値40.4(3年第2回)→68.2(3年第3回)まで上昇、そして二次試験当日の自己採225/250点(得点率90%)まで上げることが出来ました。この問題集がなかったら国公立なんて合格できてませんでした。この問題集には感謝しかありません。ありがとう、物理重問。

自分は旺文社の物理基礎問題精巧で大体のテーマをある程度のレベルまで上げてからこの問題集に手を出したので初っ端から全くできないということはなかったですが早慶や旧帝、東工大などの問題もあるので解くのに時間がかかったり理解するのが大変な問題もあるので物理の辞書のようなものや物理の先生などに質問しながらより問題の理解をすること、A問題は2回は最低でも解くこと、1回目は解くことを意識、2回目は時間内に解くことを意識するといいと思いました!あとは、目が疲れるのと解答が53

これに載ってる問題やるたびに 頭良くなる分、脳みその体力を消耗します! 私は5問やるとその後3時間ぐらい 理系科目の勉強ができなくなります。 あと字が小さいのもイライラしますが なんやかんや耐えてください。

レビューをもっと見る

すべての問題が大学入試出題問題

先程も言いましたが、すべての問題が大学入試出題問題となっています。「物理のエッセンス」で身につけた基礎力を入試問題で試せる良い問題集です。物理のエッセンスでは味わえない入試らしい問題に挑戦できるので、基礎を固めて自信のある人は「物理重要問題集」に挑んでみましょう。
独学での勉強としては、1日20問、1日1章など、目標を決めて取り組むとよいでしょう。解説が丁寧ですので独学での勉強もしやすい参考書です。

難関大入試レベルには届かない

「物理重要問題集」はすべて実際に入試で出題された問題しかのっていないと言いましたが、難関大学入試問題レベルではないので難関大学を受けようと考える人には物足りない難易度となっています。この問題集はそのような難関大入試問題集までのつなぎであると考えてください。もし、難関大学を受けようと考えている方は、「物理重要問題集」を完成させたら、後で説明する「名門の森」や「難問題の系統とその解き方物理(難系)」で難関大入試問題に挑んではどうでしょうか。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

「物理のエッセンス」「物理重要問題集」の勉強法

「物理のエッセンス」と「物理重要問題集」の効率の良い勉強法をご紹介していきます。

「物理のエッセンス」の勉強法

独学で物理を勉強するとき覚えておくポイントは2つだけです。
一つ目は「例題、演習問題、それぞれの解説までしっかり読むこと」です。問題数が少なくわかりやすいため、すべての文章を読んでもそれほど時間がかかりません。マスターするために最低3周はしたほうが良いです。物理の基礎力を応用するわかりやすいポイントが書かれていますので見落とさないように気をつけましょう。
そして二つ目は「公式の導出を丸暗記すること」です。数学と違い、物理は解法パターンが非常に少ないので、公式もちょっとしかありません。
ですので、入試問題では、数少ない公式とその導出を覚えておくと難解な問題でも解くことができるということです。公式の導出まで暗記していると入試問題が簡単に解けるかもしれません。
独学で覚えるのにわかりやすい参考書でしょう。

「物理重要問題集」の勉強法

全体的に入試標準レベルなので、「物理のエッセンス」を終わらせセンター試験レベルまで完成した人が難関大入試レベルに挑戦するまで繋いでくれる問題集として勉強すると良いでしょう。もちろん、物理がそれほど難しくない大学であれば、「物理重要問題集」を終わらせるだけで十分です。

他のおすすめ参考書

これまで、2つの物理の参考書・問題集について特徴と勉強法をお伝えしてきましたが、他にもまだまだあるおすすめ参考書を少しご紹介したいと思います。

「セミナー物理」

「物理のエッセンス」と並行して使うとより基礎の力がつく問題集です。物理のエッセンスは問題数が少ないので、もっと問題を解いてみたいという人にはおすすめです。

参考書名
セミナー物理基礎+物理
著者
ページ
352ページ
出版社
第一学習社

高二のころめっちゃやった。 高三で気づいた 時間の無駄だったわ でも、公式使って物理やるならいいんじゃない?

物理の公式が全て単元ごとに載っていてそれを使う基本問題もあまり難しくなく作られていて、無理なく進めれると思う。基本問題2~3周してもうわからないのがほとんどない状態になったら応用問題を解いていったらいい。 そんなことよりこれ💩しながら書いてるんだけどトイレットペーパー無いことに気づいて絶望してる

各単元ごとに基本問題から発展問題まで載っていて復習や応用力向上には使い勝手が良い。 ただ、単元ごとの問題になっているので、融合問題は記載されない傾向があるので入試対策には良問の風、名門の森、重要問題集がお勧め。

レビューをもっと見る

「名門の森 物理」

「物理重要問題集」を完成させて、物理をもっと極めたいという人におすすめです。「物理のエッセンス」と同じ浜島先生の問題集なので、「物理のエッセンス」で解法を学んだ方はこの「名門の森」で難関大入試レベルの問題に挑戦してみてはいかがですか?
「名門の森」は小問ごとに難易度が書かれているので、挑む前に問題のレベルを確認できるのでとても使いやすい参考書です。名門の森を問題集として使い、物理のエッセンスを辞書のように使うと勉強しやすいでしょう。

参考書名
名問の森物理 (力学・波動) (河合塾SERIES)
著者
浜島 清利
ページ
207ページ
出版社
河合出版

エッセンス2周→良問2周→名問1周 そして、ミスした問題をまた1周することで物理(特に力学)がマスター出来た。 良問か名問はどちらか一方というならば絶対良問。 物理が鍵を握るという受験生は、良問の後に名問を行うとかなり力が付く。 ただし、名問は内容が深いのでエッセンス、良問を十分に行ってから移行しましょう。

レビューをもっと見る
参考書名
名問の森物理 (電磁気・熱・原子) (河合塾SERIES)
著者
浜島 清利
ページ
223ページ
出版社
河合出版

「難問題の系統とその解き方物理(難系)」

これが物理の参考書、最高難易度の「難問題の系統とその解き方物理(難系)」です。最高難易度で、難関大入試レベルの問題しかのっておりません。合格点までは「名門の森」で十分ですが、大学入試で物理を得点源にしたいという方は、「難系」を使ってみてください。物理の基礎はもちろん、入試レベルの問題を完璧にしないと「難系」の難易度についていけません。わかりやすい解説も乗っていません。独学でこの問題を解けるまでレベルまで上げるのは大変むずかしいですが、この「難系」の難関大入試問題を解けるのであれば、模試やセンター入試、大学入試本番まで物理で苦しむことはないでしょう。

参考書名
難問題の系統とその解き方物理
著者
服部 嗣雄
ページ
530ページ
出版社
ニュートンプレス

この本を解き終わった頃には、駿台全国模試で物理が偏差値70を超えました。 入試本番においても、物理を武器に全部合格という形で終わることができました。 このように、受験期を通して、本書の底知れぬ強さを実感したので…私にとっての本書の魅力をここで語りたいと思います。 この本の強みとして、 ①演習量が多い ②単純に使用者が少ない ③深める価値のある良問ばかり この3点が挙げられます。本書を開いたことのある方なら、①に関しては納得していただけるはず。大事なのは②③です。 ②を言い換えれば、「この本と向き合っている」というだけで自信が持てるということ。 模試会場で本書を取り出し、机の上に置いたとしましょう。 周りの人は「物理めっちゃできる人きたー!」ときっと内心ビビりますよ。というかそう思い込むと得です。 周りが他の有名な問題集を解きまくっている中、私には「1番難しい問題集を解いているのは私だけ」という特別感と達成感が常にありました。学力には直結しないようでも、意外とそれが直前期~本番にかけて心の支えになりました。 ③について。本書には物理の知識を統合して解くような、複雑だがやりがいのある良問が詰まっています。解くのにも時間がかかりますが、焦らずじっくり解いてほしい。一旦自力で解いた後の復習の時間こそ、1番成長するゴールデンタイムです!かけた時間を無駄にしないよう、問題を深めていきましょう。 問題を深めるには、一緒に論理を組み立てて議論してくれる友達や、間違いを正したり新発見に導いてくださる先生がいるとベスト。 友達と相談しながら復習することは、モチベーションの維持や思考の幅を広げるという点で非常に効果的だと思います。 学校や塾の先生の偉大さは、言わずもがな。特に本書にあるような混乱しやすい問題や、応用のきく問題に触れた時は完答しても質問に行くといいです。 先生に自分の考えを聞いていただくことで気づいた事実などは深く印象に残り、永遠の武器になります。 そのようにして深めた問題たちはもうあなたのものです。どんな応用が加えられても、もう論理を組み立てれば解けるようになっているはず。むしろ、「できない問題があるとするならばそれは周りも全員解けていないだろう」と思う程の自信を持ってください。 ということで、本書は「解ける人」にも「解けない(伸びしろがある)人」にもメリットの多い良書です。 物理を極めたい方におすすめしたい1冊。 基本問題をある程度終えてから挑戦してみてください。完璧にしてからでなくても大丈夫ですので、やるなら高3秋には手をつけてください。 (私はこれを解く前に体系物理を1周しましたが、それで十分でした。参考までに!) 長文失礼しました。 とある一般的な高校生が受験を終えてみて、役に立ちそうな経験談を並べただけです。ご了承ください。

まあまあ難しい気がしますが、字が小さいのとやたら問題多くてやる気失せるので、個人的には駿台の新物理入門演習の方がおすすめです。 京大目指してる友達に貸したら返ってこないうちに入試を迎えることになりました。

評価ほど難しくなく、演習問題もさほど解答が分かりにくいわけではないです。 演習量がこの一冊でカバーできる且つ物理的な思考が育まれるような構成になっているので、この一冊でじっくりと考え込むことを繰り返せばあとは過去問で充分。 新物理入門とかとセットで使うのがオススメです。

レビューをもっと見る

最後に

物理の参考書・問題集「物理のエッセンス」「物理重要問題集」の特徴と勉強法をお話しました。
初心者がセンター入試レベルまで偏差値を上げることができる参考書は「物理のエッセンス」。「物理のエッセンス」を終わらせて入試レベルの問題に挑むときに使う参考書は「物理重要問題集」です。
「物理のエッセンス」はすべて読み込み最低3周すると良い、「物理重要問題集」は難関大入試レベルの物理問題に挑むまでの繋ぎで使うことを覚えておいてください。
「物理のエッセンス」「物理重要問題集」を終わらせた方は、「名門の森」「難問題の系統とその解き方物理」に挑むのもおすすめします。
最後に、大学入試で物理を得点源にしたいあなたへ。物理は今まで解いてきた問題量の数が多いほど得点に繋がる教科です。はやめに良い参考書や問題集を使って基礎を固め、大学入試レベルの問題にたくさん挑んでください。おすすめ参考書を使って物理を得点源にしましょう!

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    早稲田大学創造理工学部4年でビリヤードとカードマジックが得意です!得意科目は数学と物理です!

    関連するカテゴリの人気記事

    【物理基礎】公式の覚え方やおすすめ問題集・参考書を紹介!

    【物理参考書】おすすめランキング!わかりやすい独学勉強法

    【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

    【物理参考書】おすすめ問題集8選!偏差値60の壁を突破しよう

    【物理】難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程の使い方と特徴

    【物理】名問の森物理Ⅰ・Ⅱの使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に