【物理参考書】おすすめランキング!わかりやすい独学勉強法

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

「物理の参考書や問題集は何を選べば良いんだろう、、」そんな悩みを持つあなたに大学受験でおすすめな2冊の参考書「物理重要問題集」と「物理のエッセンス」を紹介します。ここでは、「物理重要問題集」と「物理のエッセンス」を中心に、独学で大学受験に合格するおすすめ参考書や問題集の難易度と効率の良い勉強法をご紹介していきます!是非参考にしてみてください。

独学受験対策に役立つ「物理のエッセンス」

まずは、物理初心者からセンター試験の物理まで、カバーしてくれる参考書、「物理のエッセンス」の特徴を説明していきます。

参考書名
物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)

僕は使ったことないですがこの参考書は間違いなくゴミです。 うちの父親が絶賛してたからです。

まず最初に言っておきますけど、有名な参考書なんだから賛否両論あるわけで、レビューばっかり見てても大した情報は得られないです。エッセンスなんてブックオフとかメルカリでタダ同然で売られてる訳なんでとりあえず買ってやってみましょう。 まず、「独学に向いてない〜」あたりのレビューは無視してください。エッセンスの最初に「教科書と一緒に使え」って書いてあるのにちゃんと見てるんですかね。「講義編がまとまってる」も嘘です。他の参考書の方がまとまってます。 エッセンスは「問題集」です。参考書じゃないから講義編が薄っぺらいのは当然です。エッセンスをやる人はまず最初に教科書を読みましょう。どうせ教科書の内容も薄っぺらいので図録を見ましょう。どうしてもイメージしにくい部分はYouTubeで実験動画を探しましょう。講義動画なんかも上がっているので見たかったら見ても良いと思います。自分で実験するのもありです。「実験」なんて大層な言葉を使ってるけど、大体消しゴムを押したり投げたりぶん回してるだけで力学のほぼ全分野の実験になるんですよ。とにかく現実世界と物理を結びつけてください。余力のある人で「結局なんでこんな式が出てくるんだ」って疑問に思う人は微積分を使った本格的な物理に手を出して見ましょう。駿台の「新物理入門」がおすすめです。 とにかく「手」と「頭」の両方をフルに使うのが大切です。片方だけじゃ大したものは得られません。 そこまでやってイメージが掴めたらエッセンスの講義編をさっと読んで問題を解きましょう。ちゃんと「解いて」ください。問題集の解答を最初から読むようでは勉強ができるようになるはずがない。エッセンスは問題が少なめで解答も簡潔なのが良いです。「これくらいやれば分かるよね?」というラインです。解いて終わりではなく解けた問題も解けなかった問題も解答を読んで「再現できる」ようにして下さい。1周目は「考える練習」、2周目以後の再現は「より簡潔に考える練習」です。 こんな感じでちゃんと再現できるようになったら、もう簡単な問題は解かないで入試問題で演習するべきです。物理は、どこまで難しくなっても、 イメージする→イメージを厳密に表現するために持っている条件を数式化する→数式を解く→結果を考察してより厳密なイメージを作る→… の繰り返しです(入試問題だったら解いて終わり)。エッセンスで一つ一つの手法は一通り触れたわけなのであとは演習あるのみです。 逆に、程度の高い問題で演習をしないでひたすら基礎問題を解き続けるのも無駄です。素振りしかしていないのに試合でホームランを打てる野球選手はいません。程度の高い問題を自分で考えて初めて、手法が自分に最適化され、本当の意味で身に付きます。 エッセンスを酷評するレビューも見かけますが、それも的外れだと思います。そのようなレビューは大体「微積分を使った本質的な内容じゃないのにエッセンスを騙るな」みたいな趣旨ですが、そもそもエッセンスというのは「入試物理を解く上でのポイント」的な意味合いでしょうし、また微積分を使うことで物理が「分かる」ということでもないと思います。僕も微積分を使った物理を一通り(それこそ新物理入門などで)学びましたが、重要なのは「少しレベルの高い数学を扱うことでより厳密なイメージが得られる」ということであって、微積分の技術そのものはオマケです。数学的な技術なんてやれば誰でもできます。微分方程式が解けることが偉いわけではありません。そこから「より厳密で鮮明なイメージ」を得ることが目的です。 極論を言えば、正しいイメージが作れれば公式物理でも問題ないわけです。数学的な技術に囚われる限り数式いじりからは脱却できず、いつまでも物理は分かるようになりません。そのような人こそ、エッセンスで基本的な問題で物理的なイメージを掴むことが大切だと思います。エッセンスは他の同系統の参考書と違い、そんなに「解法」チックな側面がないです。確かに受験に寄りすぎて実際の定義とは違う都合の良いワザはいくつかある(単振動や遠心力)けど、他の参考書と違いわりと素朴な内容になっているので、そういう思考訓練にはうってつけです。 そうやって練習を重ねていけば、いつかは内容が簡単すぎると思うようになると思います。その頃には入試の物理くらいはちゃんとイメージできるようになっていると思います。物理はそういう科目です。

高2のうちにやっておけば良かった。後悔した。物理習った後にモヤモヤしてたものが解消される感じがする。そんな感じがする。 ただしこの本、人を選ぶような気がする。

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)

ここにバニラを加えると上品な仕上がりになります

嫌いな奴にあげろって暇医先生が仰ってた

高校で物理を学習する人にとっては赤エッセンスも含めてこの2冊で十分戦えると言っても過言ではない。よく漆○原の参考書と比較されることがあるが、パッと見の厚さやデザインに置いても差は歴然としている。そして最大のメリットは1番人気の参考書ゆえに可能である、ネットで問題番号を調べると大体の問題がYahoo知恵袋に解説が載っていることだ。この格差には漆○原も涙目になっているであろう。さあ、全国で1番売れている物理の参考書、物理のエッセンスを解いて志望大学への道を切り開いていこうではないか!

レビューをもっと見る

物理初心者が物理の基礎を固める事のできる構成

この参考書は章のはじめにその章に出てくる公式や定理の丁寧な解説、覚えるべき重要キーワード、章で使う公式、その公式を使った例題と解説を載せてあるので、物理を一度も触れたことのない方でも「物理のエッセンス」さへ読めば独学で物理の基礎力をつけられるでしょう。
私は大学受験の最後までこの参考書とすごしていました。

基礎問題からセンター9割を目指せる範囲をカバー

「物理のエッセンス」で物理の基礎を固めることができれば、センター試験で9割も見えてきます。なぜかというと、物理は暗記量が少なく、覚えなければいけないことが少ないからです。「物理のエッセンス」に書かれている手順や公式の使い方ををすべて覚えれば独学でも必ずセンター試験で良い点が取れるはずです。
あともう一つ、受験勉強におすすめな使い方をご紹介すると、参考書としてだけでなく丁寧な説明を活用して辞書のように使うのもおすすめです。

「物理重要問題集」の特徴

「物理のエッセンス」で物理の基礎を固めた方に「物理重要問題集」をおすすめします。
すべての問題が実際に大学入試で出題された問題なので、「物理のエッセンス」でしっかり基礎を固めていないとこの問題集を解くことは難しいでしょう。そこそこ歯ごたえがある問題が揃っているので、難関大入試レベルの問題集までの練習だと思って「物理重要問題集」を使うと良いと思います。

参考書名
物理重要問題集 2018―物理基礎・物理

そもそもさ、重要かどうかを数研出版が勝手に決めてるの、おかしくない?君に1番必要な問題は君にしか分からないんだよ。そういう意味で言わせて欲しい、質問箱で「数学はこういうルートでいいですか?」とか、「これで○○大受かりますか?」とか聞いちゃってるやつ〜、自分で決めるんだぞぉ〜!

友人にあげたら彼は旧帝大に合格しました

かなりの良問ぞろい。これさえ抑えれば二次試験怖いもの無しと言っても過言ではない。 間違えた問題を「なぜ間違えたのか」をしっかり分析し(解法がわからないのか、公式が分からないのか、知識が間違っているのか、はたまた計算ミスなのか)対策を練り、繋げていけばどんどん実力が着いてくる。 そして赤本などの間違えた問題の類題、また自分の苦手な分野を徹底的に抑えていくと点数が上がっていくのが手に取るようにわかる。 この問題集の結果、全統記述偏差値40.4(3年第2回)→68.2(3年第3回)まで上昇、そして二次試験当日の自己採225/250点(得点率90%)まで上げることが出来ました。この問題集がなかったら国公立なんて合格できてませんでした。この問題集には感謝しかありません。ありがとう、物理重問。

レビューをもっと見る

すべての問題が大学入試出題問題

先程も言いましたが、すべての問題が大学入試出題問題となっています。「物理のエッセンス」で身につけた基礎力を入試問題で試せる良い問題集です。物理のエッセンスでは味わえない入試らしい問題に挑戦できるので、基礎を固めて自信のある人は「物理重要問題集」に挑んでみましょう。
独学での勉強としては、1日20問、1日1章など、目標を決めて取り組むとよいでしょう。解説が丁寧ですので独学での勉強もしやすい参考書です。

難関大入試レベルには届かない

「物理重要問題集」はすべて実際に入試で出題された問題しかのっていないと言いましたが、難関大学入試問題レベルではないので難関大学を受けようと考える人には物足りない難易度となっています。この問題集はそのような難関大入試問題集までのつなぎであると考えてください。もし、難関大学を受けようと考えている方は、「物理重要問題集」を完成させたら、後で説明する「名門の森」や「難問題の系統とその解き方物理(難系)」で難関大入試問題に挑んではどうでしょうか。

「物理のエッセンス」「物理重要問題集」の勉強法

「物理のエッセンス」と「物理重要問題集」の効率の良い勉強法をご紹介していきます。

「物理のエッセンス」の勉強法

独学で物理を勉強するとき覚えておくポイントは2つだけです。
一つ目は「例題、演習問題、それぞれの解説までしっかり読むこと」です。問題数が少なくわかりやすいため、すべての文章を読んでもそれほど時間がかかりません。マスターするために最低3周はしたほうが良いです。物理の基礎力を応用するわかりやすいポイントが書かれていますので見落とさないように気をつけましょう。
そして二つ目は「公式の導出を丸暗記すること」です。数学と違い、物理は解法パターンが非常に少ないので、公式もちょっとしかありません。
ですので、入試問題では、数少ない公式とその導出を覚えておくと難解な問題でも解くことができるということです。公式の導出まで暗記していると入試問題が簡単に解けるかもしれません。
独学で覚えるのにわかりやすい参考書でしょう。

「物理重要問題集」の勉強法

全体的に入試標準レベルなので、「物理のエッセンス」を終わらせセンター試験レベルまで完成した人が難関大入試レベルに挑戦するまで繋いでくれる問題集として勉強すると良いでしょう。もちろん、物理がそれほど難しくない大学であれば、「物理重要問題集」を終わらせるだけで十分です。

この記事を書いた人
    早稲田大学創造理工学部4年でビリヤードとカードマジックが得意です!得意科目は数学と物理です!

    関連するカテゴリの人気記事

    【物理基礎】公式の覚え方やおすすめ問題集・参考書を紹介!

    【物理参考書】おすすめランキング!わかりやすい独学勉強法

    【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

    【物理参考書】おすすめ問題集8選!偏差値60の壁を突破しよう

    【物理】名問の森物理Ⅰ・Ⅱの使い方と特徴

    【物理】難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に