【物理参考書】おすすめランキング!わかりやすい独学勉強法

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

他のおすすめ参考書

これまで、2つの物理の参考書・問題集について特徴と勉強法をお伝えしてきましたが、他にもまだまだあるおすすめ参考書を少しご紹介したいと思います。

「セミナー物理」

「物理のエッセンス」と並行して使うとより基礎の力がつく問題集です。物理のエッセンスは問題数が少ないので、もっと問題を解いてみたいという人にはおすすめです。

参考書名
セミナー物理基礎+物理

日頃の授業の予習や復習、定期考査対策には基本的な問題の復習が多いことから役に立つと思う。ただ、同じパターン問題の繰り返し(特に基本問題)や、解説があまり良くないので、個人的に学習したい人は物理のエッセンス、受験勉強では良問の風(或いは名門の森)か、重問をやる方が効率が良いと思う。

学校の授業で理論をしっかり理解したのであれば、問題量が多く網羅性が高いのでオススメです。酷評が多いですが私は結構好きです。

セミナー物理基礎+物理は、とても説明がわかりやすく、プルプルしています!!! 別冊解答編の解説が丁寧で良きです!

レビューをもっと見る

「名門の森 物理」

「物理重要問題集」を完成させて、物理をもっと極めたいという人におすすめです。「物理のエッセンス」と同じ浜島先生の問題集なので、「物理のエッセンス」で解法を学んだ方はこの「名門の森」で難関大入試レベルの問題に挑戦してみてはいかがですか?
「名門の森」は小問ごとに難易度が書かれているので、挑む前に問題のレベルを確認できるのでとても使いやすい参考書です。名門の森を問題集として使い、物理のエッセンスを辞書のように使うと勉強しやすいでしょう。

参考書名
名問の森物理 (力学・波動) (河合塾SERIES)

一週目は誰でも中々進まなくてイライラするかも知れません。ですが物理は問題演習を積む事で解くスピードが指数関数的に伸びます。何度も何度も繰り返し頑張って下さい!

自分は名問の森を夏ぐらいに一周しましたがそのあとは共通テストの模試やセンター過去問は9割以上は安定しました。 国立大もこれと過去問だけで十分だと思う。 物理好きなら新物理入門もあっていいと思う。

この参考書を持って「めいもんのもり」に行くとセレビィに出会えるらしいです。 お試しください。

レビューをもっと見る
参考書名
名問の森物理 (電磁気・熱・原子) (河合塾SERIES)

「難問題の系統とその解き方物理(難系)」

これが物理の参考書、最高難易度の「難問題の系統とその解き方物理(難系)」です。最高難易度で、難関大入試レベルの問題しかのっておりません。合格点までは「名門の森」で十分ですが、大学入試で物理を得点源にしたいという方は、「難系」を使ってみてください。物理の基礎はもちろん、入試レベルの問題を完璧にしないと「難系」の難易度についていけません。わかりやすい解説も乗っていません。独学でこの問題を解けるまでレベルまで上げるのは大変むずかしいですが、この「難系」の難関大入試問題を解けるのであれば、模試やセンター入試、大学入試本番まで物理で苦しむことはないでしょう。

参考書名
難問題の系統とその解き方物理

この本を解き終わった頃には、駿台全国模試で物理が偏差値70を超えました。 入試本番においても、物理を武器に全部合格という形で終わることができました。 このように、受験期を通して、本書の底知れぬ強さを実感したので…私にとっての本書の魅力をここで語りたいと思います。 この本の強みとして、 ①演習量が多い ②単純に使用者が少ない ③深める価値のある良問ばかり この3点が挙げられます。本書を開いたことのある方なら、①に関しては納得していただけるはず。大事なのは②③です。 ②を言い換えれば、「この本と向き合っている」というだけで自信が持てるということ。 模試会場で本書を取り出し、机の上に置いたとしましょう。 周りの人は「物理めっちゃできる人きたー!」ときっと内心ビビりますよ。というかそう思い込むと得です。 周りが他の有名な問題集を解きまくっている中、私には「1番難しい問題集を解いているのは私だけ」という特別感と達成感が常にありました。学力には直結しないようでも、意外とそれが直前期~本番にかけて心の支えになりました。 ③について。本書には物理の知識を統合して解くような、複雑だがやりがいのある良問が詰まっています。解くのにも時間がかかりますが、焦らずじっくり解いてほしい。一旦自力で解いた後の復習の時間こそ、1番成長するゴールデンタイムです!かけた時間を無駄にしないよう、問題を深めていきましょう。 問題を深めるには、一緒に論理を組み立てて議論してくれる友達や、間違いを正したり新発見に導いてくださる先生がいるとベスト。 友達と相談しながら復習することは、モチベーションの維持や思考の幅を広げるという点で非常に効果的だと思います。 学校や塾の先生の偉大さは、言わずもがな。特に本書にあるような混乱しやすい問題や、応用のきく問題に触れた時は完答しても質問に行くといいです。 先生に自分の考えを聞いていただくことで気づいた事実などは深く印象に残り、永遠の武器になります。 そのようにして深めた問題たちはもうあなたのものです。どんな応用が加えられても、もう論理を組み立てれば解けるようになっているはず。むしろ、「できない問題があるとするならばそれは周りも全員解けていないだろう」と思う程の自信を持ってください。 ということで、本書は「解ける人」にも「解けない(伸びしろがある)人」にもメリットの多い良書です。 物理を極めたい方におすすめしたい1冊。 基本問題をある程度終えてから挑戦してみてください。完璧にしてからでなくても大丈夫ですので、やるなら高3秋には手をつけてください。 (私はこれを解く前に体系物理を1周しましたが、それで十分でした。参考までに!) 長文失礼しました。 とある一般的な高校生が受験を終えてみて、役に立ちそうな経験談を並べただけです。ご了承ください。

まあまあ難しい気がしますが、字が小さいのとやたら問題多くてやる気失せるので、個人的には駿台の新物理入門演習の方がおすすめです。 京大目指してる友達に貸したら返ってこないうちに入試を迎えることになりました。

評価ほど難しくなく、演習問題もさほど解答が分かりにくいわけではないです。 演習量がこの一冊でカバーできる且つ物理的な思考が育まれるような構成になっているので、この一冊でじっくりと考え込むことを繰り返せばあとは過去問で充分。 新物理入門とかとセットで使うのがオススメです。

レビューをもっと見る

最後に

物理の参考書・問題集「物理のエッセンス」「物理重要問題集」の特徴と勉強法をお話しました。
初心者がセンター入試レベルまで偏差値を上げることができる参考書は「物理のエッセンス」。「物理のエッセンス」を終わらせて入試レベルの問題に挑むときに使う参考書は「物理重要問題集」です。
「物理のエッセンス」はすべて読み込み最低3周すると良い、「物理重要問題集」は難関大入試レベルの物理問題に挑むまでの繋ぎで使うことを覚えておいてください。
「物理のエッセンス」「物理重要問題集」を終わらせた方は、「名門の森」「難問題の系統とその解き方物理」に挑むのもおすすめします。
最後に、大学入試で物理を得点源にしたいあなたへ。物理は今まで解いてきた問題量の数が多いほど得点に繋がる教科です。はやめに良い参考書や問題集を使って基礎を固め、大学入試レベルの問題にたくさん挑んでください。おすすめ参考書を使って物理を得点源にしましょう!

この記事を書いた人
    早稲田大学創造理工学部4年でビリヤードとカードマジックが得意です!得意科目は数学と物理です!

    関連するカテゴリの人気記事

    【物理基礎】公式の覚え方やおすすめ問題集・参考書を紹介!

    【物理参考書】おすすめランキング!わかりやすい独学勉強法

    【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

    【物理参考書】おすすめ問題集8選!偏差値60の壁を突破しよう

    【物理】名問の森物理Ⅰ・Ⅱの使い方と特徴

    【物理】難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に