【物理参考書】おすすめ問題集8選!偏差値60の壁を突破しよう

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

物理の勉強では知識の確認のためにアウトプットをすることが大切です。そのときに参考書や問題集などの教材を使うとより体系的に学習したことが頭に入ります。

この記事では、物理の勉強におすすめの参考書・問題集を8冊ほど紹介します。勉強法に困っている、成績が伸び悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。
今後の勉強の方法が固まってきますよ。

物理の勉強におすすめの参考書・問題集

早速物理の勉強におすすめの参考書・問題集について紹介します。この紹介する問題集をあれこれとやるのではなく、あくまで自分にあったものを一つずつこなしていくことが重要です。
「何周した」「何冊やった」ではなく「身についた」という感覚を大切にして、勉強をしていきましょう!

とりあえず最初は、参考書に載っている問題を参考書の説明にしたがってやってみましょう。参考書と問題集を兼ねているものとして、『鈴木誠治の物理』、『漆原の物理』、『物理のエッセンス』があります。これらは参考書編でも紹介していましたが、そこに問題もしっかり載っているという面でおすすめです。これで初歩的なものを身につけましょう。わからなかったら教科書を併用するのを忘れず。

参考書名
鈴木誠治の物理が初歩からしっかり身につく 「力学・熱力学編」
著者
鈴木 誠治
ページ
264ページ
出版社
技術評論社

簡単すぎて普通の人でも2冊合わせて1週間で終わります。 定性的な理解しかできないので、高みを目指す人は新物理入門もやりましょう エッセンスなどというゴミ参考書より、こっちの方が100倍いいです。 ちなみに2冊合わせて1週間程度で終わらせないとこの本の真価は分からないと思います。というか、そういう能力がある人にしそういう能力がある人にしか有用ではないです。

物理の基礎の基礎がくまさんのかわいい説明と図でとても分かりやすいです❗

レビューをもっと見る
参考書名
鈴木誠治の物理が初歩からしっかり身につく 「電磁気・波動・原子編」
著者
鈴木 誠治
ページ
360ページ
出版社
技術評論社
参考書名
大学受験Doシリーズ 漆原の物理 明快解法講座 三訂版
著者
漆原 晃
ページ
304ページ
出版社
旺文社

本当に明快な解法とそれを使って解ける問題だけが載っています。 漆原さんが言うように大学受験にはこの問題集に載っている問題しか出ないのなら確かに有効かもしれませんが、残念ながら現実そう甘くはありません。 漆原さんみたいな頭の良い方だと受験問題を基本まで噛み砕けて、結局はここに載っている問題に帰着するのかもしれませんが、受験生でそこまで出来る人はそういないでしょう。というか基本に帰着させる方法を教えて欲しかった センターレベルの問題ならこの問題集で十分です。 あ、ただ運動量保存則のところは相当使える技が書いてあったのでそこはオススメ

センター後にやり始めましたが、解法がしっかりと身につきました。 二次試験の物理は似たような問題が出てくれたこともあり、ほとんど解くことができました。(多分1ミス) ぜひ本屋で見てみてください!

力積以外の説明分かりにくくない? 物理学年トップの奴も先生も同じことを言っていたから、たぶん気のせいではないはずなの 問題は良いものだが

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
165ページ
出版社
河合出版

一回やっただけでは伸びない。 エッセンスに関してはすべての問題を完璧にすれば、本当に成績が上がる。完璧にすれば。 自分は高2の冬に始めたが、実際に成績が急上昇したのは高3の夏である。間違えた問題、自信がなかった問題は何度繰り返したかわからないほどやった。 解答解説にどこで自分が間違ったのかを書き込んでおくと、ノートを見返さなくても、2回目、3回目とやったときに自分の成長、どこが苦手なのかがよく分かる。 センター型に関しては十分だが二次試験に対応していくためには名問の森につなげるのがオススメだ。 実際にやってみるとエッセンスでやったことを生かしていけば解ける問題がほとんどである。 エッセンスを何度も繰り返し、物理を苦手教科から得意教科へと変えた私は、自信を持ってこの本を勧めたい。

問題文の質は劣悪と言わざるを得ない。 基礎にはいいのかもしれないが初学者にはオススメしない。 受験用参考書として使う事をオススメさる。 エッセンスだけ三周やればセンター満点www みたいな頭のイカれた意見を採用するのは一ヶ月で東大を真に受ける人間と同レベルと言わざるを得ない。 個人的には現象→公式の導出から入ってもらうと物理は飛躍的に伸びると思う。

基礎を大事にしてください。学校や予備校での授業では足りません。予備校で今物理をひたすらに受講してる人。動画見ただけで勉強してる気にならないでください。とにかく手を動かしてください。私もエッセンスを見た時、カラーじゃなくて面白くなさそう。こんな基本事項分かるし。と思ってました、しかし!やってみると全然知らなかったんですね。等加速度直線運動の2番目の式、変位の式。二つの物体が押し合って作用反作用になったときの運動方程式が分からない。など、曖昧じゃないですか?それを固めてください。私は東進の受講を終え、良問の風をやったんです。そしたら、時間はかかるし間違えるしで。そこで初めて基礎ができてないことに気がつきました。クラスメートにまだエッセンスやってんの?と言われたのもあり、悔しくて受験学年の10月にこれをやりまくりました。そしたら、本当に物理のエッセンス(本質)が叩き込まれて、良問の風へスムーズに進まめました。センターレベルに関しては得意な化学よりも物理の方が取れてしまうということになりましたw 物理は他の教科と違って、本質が分かれば難しい問題も出来るといいますが、それは違います。本質を身につけた上で問題を解きまくるんです。全ての教科は、いい勉強法や講師に出会えたら、あとは慣れです。努力です。3年の秋になって後悔しないように、今からエッセンスを叩き込んでください。

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
158ページ
出版社
河合出版

僕の高校の授業進度が遅めだったため、夏休みに電磁気を独学するために買いました。たまーに???ってなるところがあったりしますが(筆者の日本語が下手クソで理解し難いところもあったりする)、2,3周ぐらいやればその意味がじわじわ分かってくるでしょう。多分。この感覚は快感です。知らんけど。

基礎を大事にしてください。学校や予備校での授業では足りません。予備校で今物理をひたすらに受講してる人。動画見ただけで勉強してる気にならないでください。とにかく手を動かしてください。私もエッセンスを見た時、カラーじゃなくて面白くなくてもやってください。良書だと断言します。熱効率分かってますか?干渉の公式の意味分かってますか?この熱、電磁気、原子分野は、実生活と馴染みがない分、苦手とする人が多いのではないかと思います。ですから問題を解いてて疑問がたっぷり出てくるんです。でもこの本は私がどこで疑問を抱えるのか知っているかのごとく、Q &Aコラムがいたるところについてるんです。例えば、くさび形の干渉のやつで、なんでガラスの外側では反射しないのかと疑問に思ったら、ちゃんと書いてあるんですね。ガラスが厚すぎて経路差が大きすぎるので干渉はしない。なるほどと納得しました。私は、東進の受講を終え、良問の風をやったんです。そしたら、時間はかかるし間違えるしで。そこで初めて基礎ができてないことに気がつきました。クラスメートにまだエッセンスやってんの?と言われたのもあり、悔しくて受験学年の10月にこれをやりまくりました。そしたら、本当に物理のエッセンス(本質)が叩き込まれて、良問の風へスムーズに進まめました。センターレベルに関しては得意な化学よりも物理の方が取れてしまうということになりましたw 物理は他の教科と違って、本質が分かれば難しい問題も出来るといいますが、それは違います。本質を身につけた上で問題を解きまくるんです。全ての教科は、いい勉強法や講師に出会えたら、あとは慣れです。努力です。3年の秋になって後悔しないように、今からエッセンスを叩き込んでください。浜島清利さんは救世主です。河合塾ありがとう。やまぐち健一は教えるの下手。変な例え考える暇あるんだったらコンデンサーちゃんとやってくれ。

今やっている途中ですが、このシリーズは 自分にとって物理の印象というか、全てを変えてくれました。是非オススメです!

レビューをもっと見る
参考書名
理系標準問題集物理
著者
新田 克己, 斉藤 全弘, 中田 俊司, 松井 康人, 高橋 法彦
価格
1,296円
ページ
159ページ
出版社
駿台文庫

授業受けたばっかりの人が確認用に使う参考書だと思います。 問題が公式をそのまま使うものであったり、超ド定番の問題がチョロっと載ってたりしました。

まだ少ししか進めてませんが、解説が見易くて解法暗記に良いです。問題数が絞られてて、比較的効率よく勉強出来ると思います。受験から定期テストまで一貫して使える良書です♪

レビューをもっと見る

初歩的なものがある程度身についたと感じたら、ぜひ『物理標準問題集』もしくは『良問の風』をやってみてください。やはりわからなくなったら問題の解答を写すだけでなく、教科書と参考書に立ち返るという姿勢を忘れずに。なお、教科書併用問題集として定番の『セミナー物理』『アクセス物理』などは、どうしても解答が略し気味でひとりで勉強するには辛いものなので、先生と仲良しとかでなければこれらの参考書のほうがおすすめです。

『標準問題集』や『良問の風』まで、しっかりやればMARCHや地方国公立程度の問題も楽にこなせるようになります。ほとんど身についたと思ったら過去問演習でしょう。なお、『標準問題集』はとくにそうですが、少し難問も混じっていますので注意してください。
 さらに物理で勝負をかけたい人は、『重要問題集』がよいでしょう。ただかなり重いので、他の教科とのバランスを考えてくださいね。重要問題集レベルなら、標準問題の確認として「A問題だけ解く」という使い方もありだと思います。

参考書名
物理重要問題集ー物理基礎・物理 2017
著者
価格
940円
ページ
143ページ
出版社
数研出版

赤本までの橋渡し!

よいところは問題自体の質だね。知っておくべきパターンは網羅されているよ。だからこれを完璧やっておけば、解法を組み合わせることでどんな受験問題でもスラスラとけるよ。 やったね! 悪いところはまず問題の並べ方だね。殆ど全ての問題がページをまたいでいてやりにくいことこの上ない。これとこれとこれの順序をいれかえたら見やすくなるのになあ。なんでそんなことも考えられないんだよ無能編集者! のうなしあんよだね。 解答解説も行き当たりばったりで一貫性がないよ。さすがの無能編集者もその辺は理解してるみたいで、後ろに略解をつけてるよ。「立場上解答解説つけたけど、絶対わかりにくいから略解を見てね」というメッセージだね。その証拠に重問化学は略解がないのだ。 と、いうことで解答解説は捨てるのが啓明でしょう。 以上の点に気をつけて解けばとても良い問題集だよ。 やったね!

レビューをもっと見る
参考書名
良問の風物理頻出・標準入試問題集 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
119ページ
出版社
河合出版

著者の浜島さんは「解いた後に、風を感じられる」と前書きされてますが、全然無風です。吹いたことありません。そもそも風というのは気体の流動によって起こるもので、問題集を解いたからといって、吹くものなのでしょうか?著者の浜島さんは何を考えているのでしょうか。きちげぇなのでしょうか。コジキになるしかないのでしょうか。 は?

風に吹かれても何も始まらない

風走らせたあの子にやや熱い視線を送ったら焦らせてしまいましたがその仕草が好きです。

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【物理基礎】公式の覚え方やおすすめ問題集・参考書を紹介!

    【物理参考書】おすすめランキング!わかりやすい独学勉強法

    【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

    【物理参考書】おすすめ問題集8選!偏差値60の壁を突破しよう

    【物理】難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程の使い方と特徴

    【物理】名問の森物理Ⅰ・Ⅱの使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に