【物理参考書】おすすめ問題集8選!偏差値60の壁を突破しよう

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

物理の勉強では知識の確認のためにアウトプットをすることが大切です。そのときに参考書や問題集などの教材を使うとより体系的に学習したことが頭に入ります。

この記事では、物理の勉強におすすめの参考書・問題集を8冊ほど紹介します。勉強法に困っている、成績が伸び悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。
今後の勉強の方法が固まってきますよ。

物理の勉強におすすめの参考書・問題集

早速物理の勉強におすすめの参考書・問題集について紹介します。この紹介する問題集をあれこれとやるのではなく、あくまで自分にあったものを一つずつこなしていくことが重要です。
「何周した」「何冊やった」ではなく「身についた」という感覚を大切にして、勉強をしていきましょう!

とりあえず最初は、参考書に載っている問題を参考書の説明にしたがってやってみましょう。参考書と問題集を兼ねているものとして、『鈴木誠治の物理』、『漆原の物理』、『物理のエッセンス』があります。これらは参考書編でも紹介していましたが、そこに問題もしっかり載っているという面でおすすめです。これで初歩的なものを身につけましょう。わからなかったら教科書を併用するのを忘れず。

参考書名
鈴木誠治の物理が初歩からしっかり身につく 「力学・熱力学編」
著者
鈴木 誠治
ページ
264ページ
出版社
技術評論社

簡単すぎて普通の人でも2冊合わせて1週間で終わります。 定性的な理解しかできないので、高みを目指す人は新物理入門もやりましょう エッセンスなどというゴミ参考書より、こっちの方が100倍いいです。 ちなみに2冊合わせて1週間程度で終わらせないとこの本の真価は分からないと思います。というか、そういう能力がある人にしそういう能力がある人にしか有用ではないです。

物理の基礎の基礎がくまさんのかわいい説明と図でとても分かりやすいです❗

レビューをもっと見る
参考書名
鈴木誠治の物理が初歩からしっかり身につく 「電磁気・波動・原子編」
著者
鈴木 誠治
ページ
360ページ
出版社
技術評論社
参考書名
大学受験Doシリーズ 漆原の物理 明快解法講座 三訂版
著者
漆原 晃
ページ
304ページ
出版社
旺文社

物理大嫌いな私でも理解出来てこれの解き方通りに解いたら解ける問題が増えました‼️ ほんとに量とか質よりまずは基礎の理解、基本となる解き方を学びたい方におすすめの一品。

この参考書に乗ってる問題を一網打尽にできるようになるまで繰り返しやって各分野でのアプローチの仕方を手が覚えれば問題自体は既視感が生まれる。 この参考書に対して時折、「この問題集に載ってる問題はこの本特有の解法で解けるものしか載っておらず…(以下省略)」と言ったレビューを見かける。 それはそう。そもそもこの本に書いてある解き方自体、漆原オリジナル解法と書いてる参考書紹介サイトもあるが実はそうじゃない。例えば、エッセンスにも同じことが違う言葉で書いてある。 本書に載ってる問題へのアプローチ方法が答えに繋がる理由も考えず、機械的にやっていたのでは、あまり意味がある勉強とは言えない。 だから、この参考書に書いてあるアプローチの方法を頭に叩き込んだら直ちに違う問題集でそれを実践するべきだ。 オススメは物理のエッセンス、はじめは解けない。でも唸りながら、何時間も何十時間もかけることで、明快解法講座に書いてあった方法の使い方とその意味を知れる。 それくらいやらなければ力なんてつくわけがない。 ここまでやれば、この参考書の恩恵を感じることができる。 つまり、このレビューのタイトル通り、ガイドブックであることを忘れては大火傷する。 私は明快解法講座を3周ほどして、 力学は新物理入門を並行で熟読しつつ、青と赤のエッセンスで演習した。

物理のマーク、記述共に爆死してたのに普通に40点上がった 自分でもびっくり

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
165ページ
出版社
河合出版

まず初めにこの参考書を完璧にする、というのはこの参考書の問題を完璧に解けるようにするということではありません。その事象がどうしてこの式で表せられているのか、ということを理解することです。 正直、出題方式に「数ページ前の問題の条件を使ってこの問題を解け」などの解く側からしたら不親切な作りになってると感じるものもありますし、問題の不備(なにを示すのか問題内に注釈の無い文字の使用)もありますから、問題集としてはあまり優れてるとはいえません。セミナー物理の方がいいです。 ですがこの"参考書"はあなたの物理への理解を深めることは間違いないです。本当の意味で物理を「理解る」ことを目指すなら、オススメします。

物理のエッセンスと題してはいるが、公式暗記の元基礎問題を早く解くことを主題としているような問題集で、センター対策にはなれど東大のような本質的な入試問題には全く繋がらない 物理は駿台の教材であったり苑田尚之師の講義(これが最も良い)を、時間をかけてでも噛み締めるよう理解するのが結局のところ近道のように思える 難関大志望者は別の参考書での学習を強く勧める

武田塾生です。 この参考書でその日の宿題が終わらなくてなんとか泣きながらやったり、卒業式の前2日連続でオールしても終わらなくてぶっ倒れて卒業式の日寝坊したり、みんな大学決まって卒業式の前の日にクラスでワイワイしてる中1人黙々とやったり、東大生の先生に初学者レベルだからって馬鹿にされながらやった思い出のある参考書。 正直、初学者には結構というかカナリといっていいほどきつい。だけどこれを完璧に近いレベルまで持っていくと無双し始めるというか、かなり自信ついてきます。偏差値21からのスタートだけど、頑張ります!

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
158ページ
出版社
河合出版

この問題はこの解き方。 こっちの問題はこの解き方。 問題ごとに解き方を変えるから、なぜその解き方をするのかの判断ができる人ならいいけど、そうじゃない人はテクニック満載の解説だけのエッセンスはわかりずらいと思う。 普遍的な解法を身に付けるには向いてない

青エッセンスは必須。 青エッセンスから名門の森もしくは良問の風への流れが安定。 ただ基礎の細かいところまで行き届いていないのでそれは他の参考書でやるべき。矛盾やん。

導入は初学者でもわかりやすく平易で無理がないのだが、あるレベルを超えると途端につまらなく感じるようになる。物理現象を逐一書き記しているわけではなくかなりザックリとしているので、表面的な理解はできても深い理解には絶対繋がらない。 良問や名問などに接続するのなら使っても良いが、そうでないなら別にやらなくて良い。本当の「物理のエッセンス」を学べる物理参考書はこれ以外にごまんとある。

レビューをもっと見る
参考書名
理系標準問題集物理
著者
新田 克己, 斉藤 全弘, 中田 俊司, 松井 康人, 高橋 法彦
価格
1,320円
ページ
159ページ
出版社
駿台文庫

授業受けたばっかりの人が確認用に使う参考書だと思います。 問題が公式をそのまま使うものであったり、超ド定番の問題がチョロっと載ってたりしました。

まだ少ししか進めてませんが、解説が見易くて解法暗記に良いです。問題数が絞られてて、比較的効率よく勉強出来ると思います。受験から定期テストまで一貫して使える良書です♪

レビューをもっと見る

初歩的なものがある程度身についたと感じたら、ぜひ『物理標準問題集』もしくは『良問の風』をやってみてください。やはりわからなくなったら問題の解答を写すだけでなく、教科書と参考書に立ち返るという姿勢を忘れずに。なお、教科書併用問題集として定番の『セミナー物理』『アクセス物理』などは、どうしても解答が略し気味でひとりで勉強するには辛いものなので、先生と仲良しとかでなければこれらの参考書のほうがおすすめです。

『標準問題集』や『良問の風』まで、しっかりやればMARCHや地方国公立程度の問題も楽にこなせるようになります。ほとんど身についたと思ったら過去問演習でしょう。なお、『標準問題集』はとくにそうですが、少し難問も混じっていますので注意してください。
 さらに物理で勝負をかけたい人は、『重要問題集』がよいでしょう。ただかなり重いので、他の教科とのバランスを考えてくださいね。重要問題集レベルなら、標準問題の確認として「A問題だけ解く」という使い方もありだと思います。

参考書名
物理重要問題集ー物理基礎・物理 2017
著者
価格
957円
ページ
143ページ
出版社
数研出版

赤本までの橋渡し!

よいところは問題自体の質だね。知っておくべきパターンは網羅されているよ。だからこれを完璧やっておけば、解法を組み合わせることでどんな受験問題でもスラスラとけるよ。 やったね! 悪いところはまず問題の並べ方だね。殆ど全ての問題がページをまたいでいてやりにくいことこの上ない。これとこれとこれの順序をいれかえたら見やすくなるのになあ。なんでそんなことも考えられないんだよ無能編集者! のうなしあんよだね。 解答解説も行き当たりばったりで一貫性がないよ。さすがの無能編集者もその辺は理解してるみたいで、後ろに略解をつけてるよ。「立場上解答解説つけたけど、絶対わかりにくいから略解を見てね」というメッセージだね。その証拠に重問化学は略解がないのだ。 と、いうことで解答解説は捨てるのが啓明でしょう。 以上の点に気をつけて解けばとても良い問題集だよ。 やったね!

レビューをもっと見る
参考書名
良問の風物理頻出・標準入試問題集 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
119ページ
出版社
河合出版

解説がダメ。 「みなせる」は別解に載せて欲しい。 ちゃんと、アースした時はどうなるか、とか。 RC回路で時間が十分に立った時はどうなのか、とか。 テクニックに頼りすぎていて、地道な解き方をした人が使いづらくなる解説ばかりです。

ポケットモンスター微分•積分に出てくるほどの良書。問題を解くたびにとても心地よい風がふき、リフレッシュできます。ただし、計算ミスなどまぬけな間違いをしてしまうと、台風となって襲いかかってくるので注意。なのである程度基礎力をつけてから取り組むのがいいと思います。エッセンス、名門の森に比べて見た目がダサいのが唯一の欠点。まあ、そんなことどうでもいいか。

高1のころは対策したにもかかわらず期末で学年356位(400人中)を取るほど物理弱だった。 セミナーをやめて良問の風に切り替えた結果、物理の偏差値が急上昇した。セミナーをやっているうちは数をこなして慣れた気になっても、少しだけひねった問題を出されるとたちまちわからなくなるということがよくあったが良問の風を使用してからそういうことは少なくなった。良問の風で基礎を固めたお陰で、物理重要問題集、難問題の系統とその解き方物理へと着実にステップアップすることができた。 最近の模試で学年2位、東大オープンでは偏差値62を取れたのも元々はこの本のおかげ。 セミナーをやってる人はすぐにそんなものヤギにでも食わせて良問の風やるんす!異論の余地、あ↓る↑ん?

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【物理基礎】公式の覚え方やおすすめ問題集・参考書を紹介!

    【物理参考書】おすすめランキング!わかりやすい独学勉強法

    【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

    【物理参考書】おすすめ問題集8選!偏差値60の壁を突破しよう

    【物理】名問の森物理Ⅰ・Ⅱの使い方と特徴

    【物理】難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に