【数学参考書】文系のための数学参考書と問題集を東大生が難易度別に紹介!

    この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

    はじめに

    多くの文系受験生の悩みの種である、数学。
    「なんで文系なのに数学…。」と思っていませんか?
    国公立大学を目指す場合には、センター試験・二次試験で数学が必要になってきます。私立大学を受験する人も場合によっては、数学を選択する人もいるでしょう。
    ちなみに数学を選択すると倍率が低くなって合格しやすくなることもあるので、数学を選んだ人は後悔することなく勉強を進めていきましょう!

    ここでは、文系受験生でも使える数学の参考書・問題集を厳選してセンターレベルから国公立二次まで難易度別にご紹介していきます。
    ちなみに私は、受験生時代かなり数学が苦手でした。最後まで完全に克服できたわけではありませんが、何とか合格最低レベルまで持っていくことはできました。
    最近の参考書は非常に解説が詳しいものが多くあるので上手く活用して合格を目指しましょう!

    数学の参考書【センターレベルまで】

    青チャート・黄チャート

    学校の授業で数学が一周して教科書レベルの問題が解けるようになれば、チャートに取り組むといいでしょう。
    チャート式は色によって難易度が細かく分かれています。
    白、黄、青、赤の順にレベルは上っていきます。白は簡単すぎ、赤は難しすぎるためまずは、黄か青を選びましょう。
    最終的な目標がセンターレベルの人は黄色を、国公立二次や難関私大を見据えている人は青を選ぶといいでしょう。
    どちらを選んでも量は多いですが、このチャートをどれだけやり込むかでその後の伸びに大きく関わってきます。
    センター試験だけの人や標準的な私大受験生は、この後に過去問をやり込むといいでしょう。

    参考書名
    改訂版チャート式解法と演習数学1+A

    教科書にも出ている基礎から応用まで、この黄色チャートでしっかり予習復習できます! やり方まで詳しく載ってるので、わからない問題があってもしっかりわかるまで学習できます!!

    数学が少しわかる人や教科書をマスターしたい人に勧めます。色々な入試問題もあるので入試対策や弱点補強に使えます。この参考書に出会えて良かったです!

    枕にするにはちょうど良い高さだと思います。

    レビューをもっと見る
    参考書名
    改訂版チャート式基礎からの数学1+A

    僕は今高1で青チャートは学校配布です。学校配布の数学問題集は他にもPRIMEという問題集を配られましたが、解説皆無の答えだけの素人でも作れる問題集でした笑解いてませんが笑笑 本題に。質問ですが、最初から青チャートで勉強してもいいんですか?一応中学のときの数学の偏差値は45〜60でした…

    ヤギの餌として買いました! 1日1ページとすると、20ヶ月はエサに困りません!

    黒か青かどちらの色が好きですか?って尋ねられたら、圧倒的黒!! 青:どうしてだよ〜!!! 黒:あ、ありがてぇぇ ○○...への数学:私をお忘れかい? 青 黒:誰やねん(放棄)

    レビューをもっと見る

    数学の参考書【難関私大・標準的な国公立二次レベル】

    ここで紹介する参考書・問題集は、一通り基礎が完成してセンター試験で7~8割を取れる人向けです。
    東大、京大を除く旧帝大志望者以下は、ここに挙げた参考書をこなした後は過去問演習に入るといいでしょう。

    一対一対応の演習

    一対一対応の演習は、東京出版から出版されている参考書です。
    1A2Bに対してそれぞれ一冊ずつあるので、合計で4冊あります。
    この参考書の素晴らしい点は、入試数学の標準レベルの問題が網羅されているところです。
    取り組み方としては、最初に例題で解き方を学びます。その後、下にある演習問題でその解き方を実践します。
    私もこの参考書を使いましたが、ここでどれだけ深く理解できるかが、その後に影響してきました。

    参考書名
    1対1対応の演習/数学1 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

    これこれこれこれこれこれこれこれこれ ぺらぺらのくせにたかすぎ古本かメルカリで300円で買うならアリかな 高2の初めに買ったけど結局青チャートで十分やった1a2b インドの人口ぐらい問題数あるからとききられへん しかも問題にあんまり面白さがないから全部とき切るの普通に飽きてむり、 同じ値段出すならキングダム買ったほうが有意義 きょうかいつよすぎ

    どのくらい難しいでしょうか?中堅国公立2次まで対応しているのでしょうか??

    私は数学が好きなのでこれを買い、やってみましたが…、自分にとってはかなり難しく、 途中で燃え尽きました…なので、東大、東工大あたりを目指している人以外は、少し考えて 買ったほうがいいと思います。どうしてもやってみたい人は、青チャートを完璧にするか、 赤チャートを一周できたら、挑戦してみるのも良いと思います。

    レビューをもっと見る

    理系数学のプラチカ

    プラチカと言えば、最難関大の文系志望が使うものと思っているかもしれませんが、実は理系プラチカというものもあるんですね。
    理系プラチカは文系プラチカよりも難易度が低く設定されているので、東大・京大以外の国公立志望者はこちらを使って演習すると良いでしょう。

    参考書名
    理系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B

    普通にいい問題だらけ ちゃんと時間をかけて考えて 問題を解いていけば普通に力がつく わからんかったらすぐ答え見るのは もったいないと思った まぁ人それぞれだけど

    参考書が薄いので、3日坊主の人でも1日3.4題で進めていけば意外とすぐ終わる。問題も難しく過ぎず簡単過ぎずっていう感じで単元のコアの部分を捉えている。ただ初学のひとは厳しいかもしれません。あと解説が少し分かりにくい(短い)。

    河合塾の貸し出しの棚に置いてあったので直前期(二月)にずっと解いてました。理系プラチカは文系プラチカより簡単なので一発で解ける問題も多かったけどグラフの場合分けの練習になったり応用問題の典型問題?もいっぱい解けるのでおすすめです レイアウトも五月蝿くなく河合塾らしい落ち着いた構成になってます また解説も詳しいので例題のインプットなどを終えた方達が実力試しにやるのも良いと思います。 受験数学に必要な栄養素はこれで補いましょう

    レビューをもっと見る
    学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
    受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
    無料会員登録

    数学の参考書【東大・京大等の最難関レベル】

    東大、京大、一橋大学等を目指す受験生や特に数学を得点源にしたい志望者は、以下のレベルの参考書に取り組みましょう。
    どの問題集も骨のある良問ばかりです。同じ志望校のライバルも同じ似た様な参考書を使っている場合が多いです。
    じっくりと時間をかけて密度の濃い勉強を心がけましょう。

    文系数学入試の核心

    この問題集は、難関大志望者が最後の仕上げに使うのに適しています。
    後に紹介する文系数学のプラチカよりは難易度が低く設定されているので、こちらを先にこなするのもありでしょう!

    参考書名
    文系数学 入試の核心 改訂版

    国立文系二次試験における「解けなければ痛い」レベルの問題の演習ができる。 良い点は ・問題数が少ない分、回しやすい(つまり定着しやすい) ・解説が良い。数弱の自分にも分かりやすかった ・難易度が三段階で示されている わりとおすすめ。 ちなみに、河合塾の完成シリーズテキスト「数学演習1a2b」と同じかそれより少し簡単なくらいの難易度。

    問題数は100問で少なめですが、微積 数列 ベクトルを多く扱っていて、二次試験頻出の問題を効率よく取り組めると思います。 解説も非常に分かりやすいです。 夏休みあたりから始めてもいいと思いますが、二次試験前の問題経験不足を埋めるために用いてもいいと思います!

    毎晩一緒に寝ています。

    レビューをもっと見る

    文系数学の良問プラチカ

    東大・一橋・京大等の難関国立大学の受験生が御用達の参考書が文系プラチカ(通称文プラ)です。
    こうした大学で頻出の微分・積分、確率、軌跡等の問題が多く掲載されています。
    難易度は高めなので、最後の仕上げとして過去問の前に行うのが理想です。
    最初解くときは難しく感じるかもしれませんが、出来るだけ色んな解法を試してみましょう。
    分からなくても解説が詳しいので、自学にも適しています。

    参考書名
    文系数学の良問プラチカ数学1・A・2・B 入試精選問題集4

    チャート式/標準問題精巧などのインプット系参考書を一通り覚えた者が、その知識の使い方を「プラチカ」するために使う参考書。問題は149題とそこまで多くはなく、入試で頻出の良問に絞られている。知っている知識をどのように組み合わせるのか、最初の着想をどこから見つけ出すのかを学ぶことで、パターン解法よりも高い次元のパターンを整理できる。解説が非常に詳しく別解も豊富なので、問題に取り組んでいて行き詰まったらすぐに答えを見てしまい、自分にはどのような考えが足りなかったのかを覚えておくとよい。もちろん、何分も粘って完璧な答案を目指すのもよい。また、過去問をやり始めたあと、似ている問題があるかこの本に戻って参照するのも効果的である。載っていれば再び関連付けて記憶できるし、載ってなければほかの受験生もできないであろうから、ほかの問題を優先することを決められる(この参考書が基準になっているということだ)。良くない点をひとつ言うとしたら、確率漸化式の問題に乏しいことだ。文系ではかなりの頻出であるはずだから、これは他のところでの演習が必要だろう。

    「良問」というよりは「難問寄せ集めセット」に近いと思う。正直文系にはオーバーキルも良いところで、言うほど良い参考書とは思えなかったのが正直なところ。 良問というのは「1つの問題から色々な要素が学べる問題」を指す。ただいたずらに難しい問題は奇問でしかない。しかし、本書では本当の意味での良問が少ない(0度は言わない)。 解説が雑な部分もあり、色々と惜しい感じはする。 この問題集よりも『ハイレベル数学の完全攻略』の方がオススメかな。難易度はプラチカに比べれば低めだし、本当の意味での良問が揃ってる。解説も超丁寧。

    1問1問本当に良い問題。丁寧に触れて、題意を汲み取り、興味をもってあげてください。さながら文学作品のように、問題を通じて作問者と心が通じ合えたなら、きっとあなたは立派にプラチカを愛しているはずです。 プラチカは最初は冷たくぶっきらぼうに受験生達をあしらいます。こんなのも解けないの、当然この解法は思いつきますよね、気付きませんか?(笑)などと解説に散々に煽られます。そこでへこたれずに問題を読んで、分からなければ解説も一行一行読んでいるうちに、だんだんとプラチカの気持ちが分かってくる。一つの単元が終わる頃にはその単元では二度と間違わないと言い切れるようになります。 数弱だけどプラチカと付き合いたいと本気で思っている受験生は、場合の数・確率から解きましょう。この単元のプラチカは他の単元に比べて受験生に優(易)しく、基本的なことから手取り足取り教えてくれます(難関大の対策には不十分ということでもありますが)。逆にいろいろな式やベクトルでは受験生を突き放し、これ当たり前に使えますよね?と頻繁に言われ、ここでプラチカと別れる人も多いです。 注意するべきことは、いかなる事情があっても毎日プラチカと会わないといけないということです。会わない日が1日でもあるとプラチカは途端に顔を逸らすようになり、†付き問題で受験生の息の根を止めてくるのです。 最後に未来の受験生がプラチカを愛し、プラチカに愛される人になることを願ってレビューの終わりとします。読んでくださりありがとうございました。

    レビューをもっと見る

    新スタンダード演習

    新数学スタンダード演習(通称新スタ演)は、一対一対応と同じ出版社から出されています。
    そのため、同じ解法を用いていることが多く一対一対応との接続性は良いです。
    問題数も非常に多いため、演習量を積みたい人におすすめします。

    参考書名
    新数学スタンダード演習 2018年 04 月号 [雑誌]: 大学への数学 増刊

    気に入った点:演習を積むには程よい量で、解説が良い。 個人的な使い方:一通り解き、出来なかった問題に関しては出来るようなるまで解き直す。 次に別の解き方がないか考えてみる。これが楽しいのである。 難関大を目指す方は数学に関して、この問題集が全て解けてスタートラインに立てると個人的には思っている

    いわゆる網羅系。捨て問題などは一つもなくて、理系の学部を目指す受験生ならすべて解いておきたいと言っても過言ではないほど良問ぞろいです。解説もよく、本質理解するにも最適な一冊。

    先日書店で購入。 難易度はかなり高く感じたが、解説が非常にわかりやすく読むのに苦痛を伴わない文調なので、難しい問題でも理解できる。 これできればいろいろな問題が解けそう。 1対1からやらなきゃいけないのだろうけど、時間がないので....

    レビューをもっと見る
    この記事を書いた人
    関西出身です。現役で東京大学文科2類に合格しました。高校の時はラグビーをやっており、今はサークルでゴルフをやっています。 好きな科目は世界史です!
    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に