【センター物理参考書】8割突破のための基礎から理解できる参考書7選

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

センター物理で8割得点したい人向けの参考書を紹介します。
センター物理の配点は1問だいたい5点程度なので、落とせる問題は4問しかありません。しかし実際のところ、センター物理で問われる内容は基本的なものなので、まずは、きちんと公式を理解して頭に入れることが重要です。
そのあとでその理解を参考書で補えば、8割は堅いでしょう。ときどきひねった問題が出ることはありますが、9割も狙える教科です。
物理では、まず力学の勉強が大事になります。その内容が他の分野に関わってくるからです。ただし、よくある受験生の失敗なのですが、力学を頑張りすぎて、ほかの分野が間に合わなくなってしまうことがあります。力学にこだわりすぎてつまずいてしまう場合もあります。
まずは物理という科目全体を俯瞰し、力学がどう応用されるのかをつかむことが大切です。ぜひとも物理の学習に当たっては、あまり神経質に一分野を固執して勉強しないで、少しずつの理解を積み重ねて、完全な理解に到達することを目指していきましょう。

理解を確実なものにしたのち、センター試験の出題にフォーカスすると、出題方法は、各分野別にあまり他分野に干渉のない問題なので、全体の理解のできた人なら難なく解答できるはずです。

参考書名
大学入試 物理重要公式が面白いほど使える本

物理苦手な人から難関国公立目指す人まで、この知識と理解は間違いなく得点に繋がるものだと思います。どういう時にどの公式をどう使うのかが自然と頭の中に浮かぶようになる1冊です。しかもこの薄さと軽さ。すごくコンパクトで、ここまで分かりやすくまとめられているのは感動もの。買うつもりなかったけど一目惚れでした!これと自分で選んだ問題集の併用で充分です。是非 使ってください!!!

これ以上コンパクトながらわかりやすく実践的なまとめ系物理参考書はないと思う 普段の学習から直前期の全体整理まで 一度手に取って見てください、これ欲しい買お っっっってなる

最強で最高です。 僕はこれを片手に物理のエッセンスを解きました。

レビューをもっと見る
参考書名
宇宙一わかりやすい高校物理 力学・波動

可愛いイラストでわかりやすく説明されているし、公式暗記だけでなく根拠も示してくれるから頭に入りやすい。よい

わかりやすい

物理の参考書を何冊か読み比べ、買った上で1瓶わかりやすい参考書でした。とりあえず1冊目 にするのにピッタリ。 左は解説(字)右はイラスト(字は少し)と言う感じで右を見て、分からなかったら左の詳しい解説を読む感じです。 なかなか物理を解く上でイメージがしにくい人は、わかりやすい例えが沢山載っているのでオススメです。 物理の物という字を見ただけで吐き気が! と言う人も可愛いイラストが載っているので読みやすいと思います(?)

レビューをもっと見る
参考書名
宇宙一わかりやすい高校物理(電磁気・熱・原子)

文系の物理は高校で各試験100点満点で常に一桁だったので、読んでも意味不明なは部分はあります。

センターまでもう時間が無い!!俺は浪人が出来ない!!あーもうやりきれないよぉぉぉぉ!! という方にオススメの物理史上最強の参考書。名前の通り内容はもちろん、見た目までこだわりにこだわった宇宙一の本です。この参考書を完璧にしてもセンターはもちろんのこと、私大や2次入試において満点はまあ無理でしょう。それどころか合格点に届くかどうかすら怪しいです。東大や京大などの難関大受験を志す人はエッセンスや教科書を完璧にした方が遥かに効率が良く、得るものも多いです。静岡理工科大学などの大学ならば確実に受かると思います みんな頑張れ💪 p.s今年のセンター物理はミロのビーナスを使用した力学の問題が出ると思うよ!!

見た目は少し子供っぽいかもしれませんが、中身は宇宙1です!今まで見てきた参考書の中で一番わかりやすいものです。

レビューをもっと見る
参考書名
物理 解法の焦点 力学・波動編

僕はエッセンスが合わんだからこれに手を出しました。 図とか描いてあってどうゆう状態であるか?等のイメージが出来るので、素晴らしい参考書やと思います。 解法の焦点と名問の森等を使っていけば、エグい事になります笑(語彙力皆無) あとはしっかり何周もするのが一番です!! けど、その問題の解法を覚えるのは絶対だめです!!!! 例えば、力学ならあくまでもは問題文の状況のイメージをして力の向きを書く!! 多分この参考書やれば、物理はイメージが大事という事が分かると思います!! 多分、知らんけど

これをやる前は、物理が全くわからず、全国模試でも偏差値50〜55くらいとボロボロだったのですが… 基本をやろうと思って丁寧に1周してみると、定期テストや模試で20点、30点は上がりました。本当に基礎が大事だと痛感しました。 他の方もおっしゃってますが、特に波動はこれでもかってほどに丁寧に図説されていてわかりやすいです。 基礎固めからやり直したい人にはオススメ!

物理が今一つ伸びないので、購入し一通りやり終えました。 偏差値60前後で、更に伸ばしたい方向けです。 微積分を駆使するような難解な解説はなく、図解を用いてとても分かり易く仕上がっています。 各章ごとにSTEP0(要点CHECK/重要事項)→STEP1(Warm Up/基礎的な例題)→STEP2(Level Up/標準的な問題)→STEP3(入試Attack/やや応用的な問題) とステップアップして実力を高められます。 力学も良いのですが、波動の解答解説が素晴らしいです。 物理で伸び悩んでいる方は是非!

レビューをもっと見る
参考書名
物理 解法の焦点 熱・電磁気・原子編

偏差値60前後で、更に伸ばしたい方向けです。 解法の焦点(力学・波動編)をやり終えたら、是非この参考書をお勧めします。 各章ごとにSTEP0(要点CHECK/重要事項)→STEP1(Warm Up/基礎的な例題)→STEP2(Level Up/標準的な問題)→STEP3(入試Attack/やや応用的な問題) とステップアップして実力を高められます。 電磁気学の解答解説が一番良いです。 また、あまり出題されないからと放置しがちな原子物理ですが、この参考書だけでセンターの選択問題は余裕になります。 解法の焦点を終えたら、同じZ会が出している物理の問題集である入試の核心へ進みましょう。

某可愛い塾の某Eが必要なくなります。 問題は三段階で ①基礎 ②定期テストレベル ③入試基礎レベル こんな感じです。解説はEよりも懇切丁寧です。遅いペースでやっても1日4時間で1週間で終わります。お手軽です。

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)

高2の夏までセミナーをやり尽くし、基本問題は何周もしましたが物理には自信がありませんでした。物理のエッセンスは簡単すぎると思われるかもしれませんが、意外と解けない問題や知らなかったことなど多くあり、解法暗記が好きな方にはとても合っていると思います! 正直、エッセンスが解けないようでは大学受験物理は無理だというレベルだと思います。基本中の基本ですから。しかし、高校2年~3年にかけて力学からやり直すことが大切だと感じました。 この問題集は確実に解けるまで何周もすべきです おすすめは2年の冬から3年の春に赤と青のエッセンス2冊を仕上げること。これに時間をかけてはいけません。 私は エッセンス→良問の風→名問の森→重要問題集 で嫌いになりかけた物理が大得意になりました💪🏻

物理を始めようとする人、基礎固めしたい人、物理が苦手な人、というか受験で物理(物理基礎)を使う人全員まずこの「物理のエッセンス」をやるべき。(姉妹編の青い表紙のやつも) これを完璧すれば普通に受験レベルに持ってける(演習は必要だが) 基本わかりやすいがそれでもつまづく人はYouTubeにあるトライイットが無料で提供してる物理の動画を見た後にもう一度エッセンスやれば確実に理解できるし理解も深まる。 何にせよ最高の参考書だと思う

解法のテクニック集として使うには紹介されてる解法が少ない。本質を理解するために使うにしては微積の解説が一切ないのが致命的。初学者が使うにしては要求される「読解力」が高い。ある程度レベルのある人が使うにしては簡素的過ぎる。 私はエッセンスを何周かしましたが、エッセンスでの分からない部分を、ネット検索や物理教室を参照するなどしながら進めていて、今思えばなんのためにエッセンスをやっていたのかと言う感じです。最初から物理教室をやっていれば良かったと感じております。あちらは微積を使った解説もされており、より本質に触れることができます。 「微積を使った説明」というのは、本来物理を説明する上で1番簡単に、かつ厳密に表現できる説明方法なのですが、それをせずに下手に微積をはしょり簡潔な日本語化をしようとしたせいで、逆に利用者側の読解力が必要になってしまってます。 微積を使った解説を敬遠してはいけません。あれこそが「1番簡単にかつ厳密に理解できる物理の解説」なのです。 本質を知りたい、本質から理解したいガチガチの理系タイプの方は、この本では苦労します。

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)

高1の最後らへんに手をつけましたがすぐ飽きました。物理の本質をとらえたいなら新物理入門を読み込みましょう。同じクラスの東大志望の人は新物理入門を使って他を圧倒していました

解法のテクニック集として使うには紹介されてる解法が少ない。本質を理解するために使うにしては微積の解説が一切ないのが致命的。初学者が使うにしては要求される「理解力」が高い。ある程度レベルのある人が使うにしては簡素的過ぎる。 私はエッセンスを何周かしましたが、エッセンスでの分からない部分を、ネット検索や物理教室を参照するなどしながら進めていて、今思えばなんのためにエッセンスをやっていたのかと言う感じです。最初から物理教室をやっていれば良かったと感じております。あちらは微積を使った解説もされており、より本質に触れることができます。 「微積を使った説明」というのは、本来物理を説明する上で1番簡単に、かつ厳密に表現できる説明方法なのですが、それをせずに下手に微積をはしょり簡潔な日本語化をしようとしたせいで、逆に利用者側の理解力が必要になってしまってます。 微積を使った解説を敬遠してはいけません。あれこそが「1番簡単にかつ厳密に理解できる物理の解説」なのです。 本質を知りたい、本質から理解したいガチガチの理系タイプの方は、この本では苦労します。

この参考書のあちこちに描かれる謎の生物。僕は彼を「エッセンスくん」と呼んでいた。どんなに勉強が苦しいときも、僕はエッセンスくんを見つけては癒され、励みにしていた。そんなエッセンスくんはp142を最後にして姿を消す。そこから先の内容は原子核。そう、彼は放射性崩壊を起こして無数のα線やβ線、γ線あるいはニュートリノになってしまったのだろう。ありがとう、エッセンスくん。君のことはきっと忘れない。

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【物理基礎】公式の覚え方やおすすめ問題集・参考書を紹介!

    【物理参考書】おすすめランキング!わかりやすい独学勉強法

    【物理参考書7選】偏差値60付近の大学を目指す方へ

    【物理参考書】おすすめ問題集8選!偏差値60の壁を突破しよう

    【物理】名問の森物理Ⅰ・Ⅱの使い方と特徴

    【物理】難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に