【漢文参考書特集】漢詩も対策!早慶など私立大学受験に必須の参考書

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

本記事では、MARCHや早慶上智を志望する方にオススメの、漢文参考書を特集します。厳選された参考書を使用して、効果的に学力を高めましょう!


漢文の学習は、まずは基本的な句形と単語の習得を目指して行います。
知っておくべき単語は古文に比べても少ないのですが、注意してほしいのは、多訓語の存在です。一つの漢字に複数の訓(よ)み方があり、それが入試でも好んで問われやすいので、特に気を付けて学習を進めましょう。これに加えて、故事成語や四字熟語等の知識もつけてほしいと思います。漢文のための参考書のほかに、コンパクトな辞典類を一冊購入して、読み物として少しずつ読んでおくのもいいです。

また、センター漢文では毎年出されているというわけではないのですが、私大の漢文では漢詩が(特に融合問題等と絡んで)出題される場合も多い一方で、全く手を付けない受験生もたまに見られます。いくつかの問題に触れれば解けるようになるので、必ず学習しておきましょう。

こうした基礎知識を踏まえて、秋までには易しめの長文問題集に取り組み、直前期には早稲田大学や上智大学等、自分の志望大・志望学部に合わせて過去問演習を行いましょう。

漢文は出版されている参考書・問題集の数も現代文や古文に比べて少なく、また質の高いものも揃っているので、ここで紹介する参考書のレビューをまずは見てみて、自分に合った参考書を見つけましょう!

参考書名
飯塚センタ-漢文講義の実況中継
参考書名
漢文ヤマのヤマ(大学受験超基礎シリ-ズ)

文法の詳しさはもちろんですが、割と手強い演習ドリルに取り組むことで、書き下し文や口語訳の解き方も鍛えることができます。 一通り文法を覚え切った後は、巻末に過去問演習があり、今まで習った内容に準拠した解説を読んで理解できます。 短所としてはボリュームがあることでしょうが、文法を1日2個勉強すれば、33日で終わります。 自分は漢文ヤマのヤマを3周したら、共通テスト模試の漢文が常に安定して8割以上とれるようになりました。

この漢文シリーズは共通テストバージョンも出てはいるが、表紙が似ているため自分は間違って1つ前のセンター向けのを買ってしまった。 軽く後悔しながらも、やっていったら本番で約9割(44点)取れました! 自分はこれを軽く一周して、後ろにある問題集や学校で貰った問題集をとにかく解きました。そして、その際出てきた句法や単語を覚えて、運が良かったのもあると思いますが、上記の点を取ることができました。 何が言いたいかというと、自分のように共通テスト版じゃないのを買ってしまっても覚える事を覚えて、問題演習すれば全然問題ないということです! ただし、共通テストの形式には慣れておいた方がいいと思います……

漢文を0からやる人にもオススメです。一通りやれば漢文8割越えはいけるかと。満点狙うならもうちょっと単語や漢字の知識が要りますね。ただ、このレベル終わってないとお話にならないのは確か。

レビューをもっと見る
参考書名
ビトク先生のセンター漢文 合格マニュアル(代々木ゼミ方式)
参考書名
漢文早覚え速答法(大学受験V BOOKS)

題名にもあるようにあまり漢文に時間をかけられない理系向けです。(ただし、0から本書で勉強するのはオススメしない) 自分は共通テストだけだったので、10の公式を最低限頭に入れつつひたすら孝試之道を隙間時間に読んでました。 パワーアップ版と共通テスト対応版の差は共通テストの分析があるか否かだけなので、気にしない人はブックオフで購入するのも良いかも。

古文をある程度完成させた状態で取り組めば最強の一冊。 もう無機質でつまらない明説漢文をひたすら丸暗記する必要はない!

必要なことだけ覚えるのに凄く良い。共通テストで使うだけとか私大、二次で使うでもどちらでも対応できると思う。本のタイトル通り句形を早覚えできるコツが書いてあるし、それが凄く覚えやすい。(いがよみ)忘れたら何回もその部分を見返して効率よく句形とか訳し方を覚えられる。

レビューをもっと見る
参考書名
難関大突破究める漢文

現在半分程度終わらせた程度ですが… 表紙からしてクソ難しそうな雰囲気漂わせてますが鉄緑会の某英単語帳と同じでそこまで身構えてやるほどのものでもなく、中経出版らしい分かりやすさを発揮していると思います。 ヤマのヤマとか早覚え終わらせてある程度知識が固まったら手を出したらいいと思います。 漢文道場は個人的に解説クソすぎたので二次試験対策にはこれが良いかと思います。 欠点としては答えの位置が悪いってことくらいです。解答の質は良く、採点しやすいです。 ちなみに著者が亡くなられて発行停止になってるっぽいので中古で購入して、どうぞ

ヤマノヤマとかソクトウホウとかのあとにやるのがいい 答えの位置が悪いのが残念 読み物みたいに使うのもあり

レビューをもっと見る
参考書名
世界一わかりやすい早稲田の国語合格講座(人気大学過去問シリ-ズ)

隼坂さんと打越さんの授業を受けていた者です。教学社の『早稲田の国語』を先に買っていましたが、授業内でおすすめされて購入しました。御二方の河合塾での講座担当は古文と漢文ですが、その科目に加え、本書では隼坂さんが現代文、打越さんが融合問題を執筆されています。 この本はしっかりやり込んだ方がいいので、なるべく早くからの学習をお勧めします。購入が遅かったので、時間が足りませんでした。 現古漢融合問題の解説をした参考書はほかにないそうなので、早稲田文構社学などの対策には必須かと思います。 問題の解説だけでなく、題材の情報や、派生した知識も分かり易く書いてあります。古文での平安文学や漢文での老荘思想など、頻出ではあるが、難易度の高い題材について記された本は少ないと仰っていたので、是非書店でご覧ください。 イチオシポイントとして、紙質がいいです。マーカーが染みず綺麗に引けます。 あとは、打越さんと、隼坂さんの授業を受けると、この本がクイズで当たることがあります。サインも貰えます。

解説付きで現文やら古文やら融合問題やらに分かれてるのでやりたいところからやれるのが良いです。 学部別で割と難易度も違うので自分の解けそうなものから手をつけるのも一つの手かと。 言うまでもなく過去問なので1年分全部やりたい人は赤本青本の方がいいです、直前期かそのちょっと前にやりましょう。

こんなすばらしい参考書見たことない。 きっと来年には国宝認定されるのではないか。 そう思いながらこの早稲田の国語をやっています。 追記、世界一わかりやすいと書いてありますが嘘です。宇宙一わかりやすいです。

レビューをもっと見る
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【漢文参考書特集】漢詩も対策!早慶など私立大学受験に必須の参考書

    【センター漢文問題集】2次試験まで網羅した国公立向け問題集4選

    【漢文】漢文入試精選問題集9の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に