【英語勉強法】大学受験に向けて高校1,2年生が今からやるべきこと

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

高校3年生を目前にして大学受験を意識して少し焦っているあなた。周りとの差をつけようとして、英語の勉強を始めてみたものの、何から手をつけていいか分からずやる気が失せてしまった経験はありませんか?この記事ではそんなあなたのために、おすすめ勉強法と参考書をご紹介します!

私も受験生時代は、手探り次第に色んな教科書に手を出したりネットで調べたりしていました。今や検索すれば情報なんでもわかる時代、しかし情報が多すぎてどれが正しいのかもよく分かりませんよね。

そこでこの記事では私がそんな中で効果を実感できた、「受験英語の勉強の始め方」、偏差値40台の人がまずやるべき「英語の基礎を固められる勉強法と参考書」をご紹介します。

早めに英語の受験勉強を始めるメリット

世の中のほとんどの受験生は高校3年生になってから本格的な受験勉強を始めます。しかし、私はそれでは遅いと思うのです。まずその理由を紹介していて、早めに受験英語の勉強を始めるメリットをご紹介します!

文系にとって英語は命

文系にとって英語は命と言っても過言ではありません。例えばセンター試験。私立文系の満点が3科目500点中英語の配点は200点。また私立入試においても英語の割合は約4〜5割を占めています。このような数字から明らかなように、大学受験において英語は最重視されています。つまり私立文系にとって英語は、命と言っても過言ではないのです。

その命とも言える英語、その受験勉強を早めに始めない手はありませんね。早めに英語の勉強を始めて、主要科目である英語を得意科目にしちゃいましょう!

受験英語は基礎が最重要

まだ本格的に英語の勉強を始めていないあなたにとって、センター試験、ましてや各私立大学の英語の問題というのは到底解けるものではない、そう思ってしまうと思います。もちろん、そのような問題は基礎がなければ解くことはできません。

しかし逆に言うと基礎があればある程度は解けるようになります。基礎を固めた上で勉強していけば、センター試験では満点を獲得できるし、難関大学の問題も解けるようになってくるのです。また難関大学になればなるほど基礎問題は正解して当たり前の世界になってきます。そこで間違えると命取りになりかねません。つまり受験勉強において何よりも基礎が重要なのです。

もし受験勉強を始めるタイミングが遅れて、基礎がないまま勉強を進めてしまったら、センター英語などの基礎問題で失点してしまう可能性があるのです。そのようにならないためにも、基礎をしっかり固める、基礎をしっかり固めるために早めに受験勉強を始めましょう。

基礎をじっくりできるのは今しかない

基礎が最重要である、ということはお分かりいただけたと思います。まだ時間もあるのだから、英語の基礎なんか今急いでやる必要はないんじゃないか、と思ったあなた。

お忘れではありませんか?私たち私立文系の最大の敵、社会科目を。

高校3年生は社会科目に追われて、英語に費やす時間がどうしても少なくなってしまいます。その限られた時間はやはり長文読解や応用問題に充てたいですよね。なので3年生になって長文を読む時間をより増やすためにも、今、基礎を固める必要があるのです。

高校2年生から始める英語勉強法!

せっかく周りより少し早く勉強を始めるのだから、差をつけたいですよね。そこで次に今あなたにやってほしい勉強法を紹介したいと思います。

英語の基礎をしっかり固める

この時期で英語の基礎を固めることによって3年生になった時の勉強がスムーズになります。

ここで言う英語の基礎とはある程度の英単語量と英文法の基礎です。おすすめの英語参考書などは後ほど紹介します。とにかく2年生のうちはその基礎を何回も何回も繰り返すことです!そして3年生になったらすぐ長文などに取り組めるようにしましょう。

勉強の習慣を作る

またもう一つやるべきことは、勉強の習慣を作ることです。
まずこの期間にやることをリストアップします。例えば、春休み中にこの参考書を1周するという目標を立てるのです。

そして次にそれを1週間単位で何ページ進めていくか、1日単位で何ページ、とおおまかに進捗目安を決めていきます。ここで注意して欲しいことは、あくまでも現実的な計画を立てることです。無理な計画を立てて達成できずにやる気が削がれるのが一番もったいないです😫

この時期は毎日少しでもいいので英語に触れることが重要です。自分が決めたノルマを毎日達成することに意味があります。それを意識しながら、計画、達成を繰り返して習慣をつけましょう。

この時期の目安の勉強時間

受験勉強において大事なのは、量ではなく質です。
つまり、どれだけ長い時間勉強しても集中していなかったら意味がないし、逆に言うと短い時間でも集中してノルマを達成できていれば良いのです。なので今は30分でもいいのでしっかり集中して自分が決めたことを達成しましょう。

最初から長時間勉強しようとして、やる気をなくしてしまうのでは元も子もありません。なのでまずは短い時間でしっかり集中できるようになることです。そしてどんどんその時間を増やしていく。一番良くないのは長い時間かけたからといって実際全然はかどっていないのに、勉強した気になることです。時間ではなくやった量でどれだけ勉強したかを考えられるようになりましょう。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

英語の基礎を固めるのにおすすめの参考書と使い方

ここでは基礎を固める、センターレベルの参考書とその勉強法を紹介します。

英単語の参考書

まずはおすすめの英単語帳をいくつか紹介します。

英単語ターゲット1400

参考書名
英単語ターゲット1400(4訂版) (大学JUKEN新書)
著者
宮川 幸久
ページ
382ページ
出版社
旺文社

このいぬは、なんてなまえですか?

他の人と同じで表紙がダサい。これは言える。CDは付いてませんが、音声ダウンロードでき、それが結構使い勝手がいいですよ。あとアプリも使いやすいし、この単語帳の通りに流れてきます。ただ、日本語の意味までは流れてきませんので、流れてくる音声ダウンロードの方を使ってやることをお勧めします。

アプリタゲトモと一緒に使っとけば 少なくとも、高一の模試関連は大丈夫だと思います。 サイズも、小さいので、 いつもポケットか、取り出しやすい場所にいれておくといいでしょう✨。 1400が終わったら、1900に行くことはおすすめしません。 1900は、1400の単語が8割型のっています。ので、鉄壁、または速単上級 を使うのがいいと思います。

レビューをもっと見る

英単語センター1500

参考書名
英単語センター1500―体で覚えるデータベース (Toshin books)
著者
高橋 潔
ページ
297ページ
出版社
ナガセ

速読英単語 (1)必修編

参考書名
速読英単語 (1)必修編 [改訂第6版]
著者
風早寛
ページ
384ページ
出版社
z会

夏まで、なにを勘違いしたのか、これを単語帳として使っていました。絶対やめたほうがいいです!!!! 文中に出てくる意味が書いてあるから、全然使わない意味で覚えたりしてて、他の単語帳に変えた時、記憶が抜けなくて大変でした。 なお、CDを買って速読用として使うのはものすごくお勧めします。毎晩やってたところ、かなりセンターもとれて、この子には感謝感激です。

この参考書に出会ってから 全ての行動が2倍の速度になったので 体感48時間生活してます!!! たのち〜

今まで本当に英語が苦手で大嫌いでしたが、この教材で英語に興味を持つことができました!!! 入っている話は面白いし、 長さも長すぎないので飽きないし、 英単語を覚えるための教材ではないと思いますが、英語を好きになるきっかけにはなると思います!!! 私はこの教材とシス単とengageの苦手な単元を何度も繰り返すことで、模試で200点中70点しか取れなかったのが2ヶ月で130点まで上がりました!!!! 本当におススメ!!!

レビューをもっと見る

システム英単語Basic

参考書名
システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)
著者
霜 康司, 刀祢 雅彦
価格
1,080円
ページ
332ページ
出版社
駿台文庫

システム英単語 (駿台受験シリーズ)を使っていたが、単語力がなく、今年夏ごろ塾で勧められたのがこれ。 簡単だと言われたけど、実際はシステム英単語(駿台受験シリーズ)の5章が消えて、簡単なものが1章分増えただけ。 システム英単語(駿台受験シリーズ)と同じ仕様だから、片方やってみて覚えられないならやめるべき。 ただミニマルフレーズなのは長所だと思う。

1ページずつザクザクに切りました、 んでシャッフル。 順番に覚えないために。 それと赤チャートも切って混ぜてやりました このおかげで早稲田B判定まで出ました でもクソへんな奴って思われます

basicの1章を引きちぎって basicじゃないほうにのりで貼り付けてやりました。

レビューをもっと見る

単語を覚えるのに最も効率的な勉強法は反復することです。毎日できるだけ多くの単語を反復しましょう。具体的には、1日100〜200単語を何周もすることです。もちろん完璧にする必要はありません。そしてその日覚えられなかった単語は翌日も反復する。英単語に限らずともたくさん反復すればするほど自然と定着していくものです。そのためにも書いて覚えるのは最終手段にしましょう。1つの単語を書いて覚えている間に、3つの単語に目を通すことができますし、後者の方が確実に効果があります。私はノルマを150個として、1日1時間ひたすら反復していました。そして覚えられなかった単語には印をつけて、翌日のノルマに追加していました。

英文法の参考書

次に文法の参考書の紹介です。

総合英語Forest

参考書名
総合英語Forest 7th Edition
著者
ページ
655ページ
出版社
桐原書店

買った癖に使わなすぎて森生える。(座布団1枚)

フォレストを使って私は英検の対策問題集と同時に勉強をしていたら英検の対策問題にも、間違えることが減り学校の勉強の理解も増えました!私は、フォレストを使ってほんとに良かったと思いました!すごいわかりやすいです!

Forestが出版契約満了で重版されなくなったわけですが、解いてトレーニングも音でトレーニングも重版されないわけです。わたしは、どれも持ってますがForestをもう一冊買う予定です。Evergreenは、問題集がないのが致命的すぎますからね!ということで、いずれ買うかもしれませんが、まだイラナネー( ´艸`) 【追記】 中古で冊子とCDが付いた物を追加購入しました。現在、解いてトレーニングを解き始めているのですが、各単元に参考書の参考ページ番号が記載されているので、Forest 7thはどうしても手元に置いておきたい一冊となっています!Evergreenも素晴らしい本だと思うのですが、問題集が一般販売されないため、価値が半減です…何でこんな出版から出したんだろう(´・ω・`)

レビューをもっと見る

深めて解ける! 英文法 INPUT

参考書名
深めて解ける! 英文法 INPUT (大学受験Nシリーズ)
著者
成川博康
ページ
506ページ
出版社
学研プラス

英検準1級、TOEIC700点台程度までの方は充分学べる参考書だと思います。 著者が予備校講師なので、受験対策と感じたり説明不足と思うところもありましたが、他の参考書に比べてかなり理解しやすかったです。 難しい文法用語を極力使わず、納得できる理屈が書いてあるので、モヤモヤがスッキリします! 同じ出版社の「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」、「成川の「なぜ」がわかる英文法の授業」、本書、とやるとどの本も同じイラストレーターさんなのもポイント!笑 分厚いですが10〜20時間で読めます。

文法だけじゃなくて長文読解の助けにもなってます!読んでいてそうだったのか!と驚いたり共感したり…凄く楽しかったです!初めて英語の参考書に対して拒絶反応なく読み切れました!読む価値大変あると思います!

この参考書は英語の考え方を180°覆します。いままで英文法や語法を暗記していて苦しんできた人には本当にオススメです。あなたは5文型の凄さ、to不定詞の持つ本当の意味、助動詞に含まれている主観性などを理解出来ていますか?この1冊で全て解決してくれます😊😊少し分厚めですが読んで見る価値は十分にあると思います。 対応大学→関関同立、GMARCH、神戸、大阪大学など

レビューをもっと見る

これらは問題集というよりインプット用の参考書です。問題集でアウトプットするにも、知識がなければできないので、まずこれらの参考書でしっかりインプットしてから取り組むようにしましょう。

全解説頻出英文法・語法問題1000

参考書名
全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)
著者
ページ
367ページ
出版社
桐原書店

この英文法書と互角に戦える受験生にとって、全統模試およびセンター試験の英文法問題なんてものはクソ簡単な問題にしか見えていないだろう それだけレベルの高い(無駄が多い)参考書だと思う

たしかに難しく細かい問題も多いけど、覚えていれば取れる問題を落とすのは勿体ない!私は文法が苦手なので一旦解いてわからないものを暗記しています。受験が終わってから、覚えていれば…と後悔するくらいならやって損はないかと思います!ある程度文法が定まっている人はこれで穴がないか、知らない熟語、ルールはないか、確認するのもいいと思います! 私は1日50問毎日やっているのであまり苦なく進められています!大体20日あれば終わりますよ!

レビューを見てみると、「ネクステージを完璧にこなせばやる意味が無いくらいのレベル」と書いている人がいます。 100%嘘です。この文法問題集は間違いなくネクステージよりもレベルが高く、大学入試でも問われるほぼ全ての文法語法を収録していると思います。ネクステージに載っていなく、又、載っている知識を応用しても解けない問題が多くあります。早慶志望者は特に数点差で合否が決まるので、暗記で解けるような文法問題で一点も落とさないためには、できるだけ知らない知識を減らすことです。 問題数が多く、1周目は特にキツイですが、頑張りましょう。

レビューをもっと見る

英文法レベル別問題集 2(基礎編)

参考書名
英文法レベル別問題集 2(基礎編) (東進ブックス)
著者
安河内 哲也
ページ
133ページ
出版社
ナガセ

英文法のテストで赤点ばかりを叩き出していて、センターまで1年も無い……基礎をどうにかしないといけないと思って購入しました。内容はほとんどが私立高校の入試問題で、解いてみると、高校に入学できた自分には解けました笑 ちょっと物足りない気もしますが問題数が少ないので2、3周します。 あと個人的に解説は良いと思います。上のレベルもこのシリーズでやっていきたいですね。

レビューをもっと見る

英文法レベル別問題集 3(標準編)

参考書名
英文法レベル別問題集 3(標準編) (東進ブックス)
著者
安河内 哲也
ページ
161ページ
出版社
ナガセ

これやればセンターの文法は八割方はいけます。 それより英語をマスターしたいなら、安河内哲也先生の乃木えいごを見ましょう。 自分は一回分を10回ほど見て復習を重ね、偏差値を15ほど上げました。

基本からしっかりできるのでお薦めです。

この問題集は基本的な事しか書いてないですが、基本をしっかりとするという意味では最強だと思います。 これでと長文の問題集で偏差値は5以上上がると思います(元から高い人はそこまで上がらないと思いますが。笑

レビューをもっと見る

深めて解ける! 英文法 OUTPUT

参考書名
深めて解ける! 英文法 OUTPUT (大学受験Nシリーズ)
著者
成川博康
ページ
731ページ
出版社
学研マーケティング

成川まじやべー文法わかりやすいし入りやすいし出来てると思った所もこれ見るとそんなことなかったって気づくし解くスピードもあがるし夏に出会えてよかった、せんきゅー成川

ネクステの解説がイマイチ分からなくてもっと解説が欲しいなーと思っていた時に見つけました! 本当にわかりやすく文法の基礎が分かっていたらめっちゃめっちゃわかると思います!

いい枕でした、

レビューをもっと見る

これらは参考書を読むよりもバンバン問題を解いていきたい人向けです。なのである程度インプットしてから使うことをおすすめします。なぜなら、もしインプットしないで問題集を解いてしまうと答えを丸暗記してしまう可能性があるからです。
なのでもし利用するときは答えについている解説をしっかり読むか、前に紹介した参考書を併用して丸暗記せずにちゃんと理解できるようにしましょう。

また参考書を利用する上で一つおすすめしたいのは、インプットとアウトプットで異なるシリーズの教材を利用することです。
というのも同じシリーズだと、どうしても同じ解説になってしまうのに対し、異なるシリーズのものはより広い分野をカバーできるからです。

今後の勉強の進め方

基本は基礎の反復

単語にしても文法にしても基本は基礎の反復です。そしてそれに加えてもっと高いレベルの単語、文法を身に着けていく。
そして抜け目が見つかったらまた基礎に戻って復習する、ひたすらそれの繰り返しです。

基礎に基づいて長文を読もう

ある程度の単語量と文法が身についたら、どんどん長文を読んでいきましょう。
ここでひとつ長文教材を紹介します。

基礎英文問題精講

参考書名
基礎英文問題精講 3訂版
著者
中原 道喜
ページ
272ページ
出版社
旺文社

本書は間違っても「基礎」参考書では無い。センターで7割以下の英語力だと全く歯が立たないはず。 超難関大向けの「英語標準問題精講」(これだってどこが「標準」なんだか!?)と比べて優し目というだけ。 ただし、難関大向けの参考書として捉えると、非常に優れた内容である。 国立大が好みそうな評論文をメインに入試問題を収録し、構文解説が詳しくつけられている。 第1章の「構文編」と、第2章の「文脈編」は数行程度の短文の部分訳問題。特に第2章の指示語の解説は秀逸で、類書にはない特徴となっている。 第3章の「応用問題編」と、典型例題として追録の「演習編」は、100〜150語程度の総合問題が中心。解説がやや少なめだが、300語以上の難関大学向け長文問題集へ取り組む足がかりとしては手頃な内容だろう。 初版発行は40年近く前ということもあって、1〜3章に収録されている文章はやや古めかしいが、改訂の段階で最近の時事テーマを典型例題として追録しているので、今でも充分活用できる。 以上、例題・練習問題・典型例題合わせて190問収録。コンパクトサイズの割に内容はかなり盛りだくさんである。 構文参考書として取り組むのであれば、解説の詳しい第1章と第2章の例題、計80問にだけ取り組むのもありだが、硬めの英文を読みこなすためにも、全190問を一通りこなすことをお勧めする。 毎日1時間で2,3題、およそ3ヶ月で完了するように取り組めば、評論文を読むのが苦にならないレベルに到達できるだろう。

難易度もちょうどよく、何より例文が素敵。 (訳)が綺麗にできるようになった、気がします。

デザイン古臭いなあと思ったけど30までやったら速単の文を帰り読みせずに読めるようになりました

レビューをもっと見る

この参考書は長文の中に基本文法が含まれており、復習にはぴったりです。また最初は簡単な文で読み進めていくうちにレベルが上がっていくので、最初に使う長文教材としてはおすすめです。重要単語なども含まれているので、私は毎日、二つの長文を全訳して、文法、単語をチェックし、最後に音読をする、という勉強法をしていました。そして英語の成績がグンと伸びました。

最後に

ここまで、私が手探りでいろいろな教材、勉強法を試した中で効果を実感できた、「受験英語の勉強の始め方」、この時期の受験生の「平均勉強時間」、偏差値40台の人がまずやるべき「英語の基礎を固められる参考書」を紹介してきました。

やはり受験を経験して思うのは、結局のところ基礎が最重要ということです。せっかく今、時間があるうちに始めるのだから、反復によりしっかりとした基礎を築きましょう。

そして先程も述べたとおり、勉強は量ではなく質です。何時間勉強したからで満足せずに、何をしたかで満足できるようになりましょう。

この時期は毎日少しでも英語に触れることが重要です。なので自分で無理ない計画を立ててそれを達成していきましょう。そうすれば自然と効率的に勉強をすることができ、周りに差をつけて志望校へ近づけると思います。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
いくらが好きです。現役で慶應義塾大学 法学部に合格しました。英語と世界史が得意なので、主に英語と世界史を中心とした文系科目に関する記事を書いています。3月末から海外逃亡を決意しました。

関連するカテゴリの人気記事

【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集まとめ

【大学受験英単語】レベル別!あなたにぴったりの英単語帳を紹介

【大学受験英語】偏差値40から偏差値60までの英語勉強法

【センター英語】センター8割を確実にするマル秘テクニック

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に