【英語勉強法】大学受験に向けて高校1,2年生が今からやるべきこと

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

高校3年生を目前にして大学受験を意識して少し焦っているあなた。周りとの差をつけようとして、英語の勉強を始めてみたものの、何から手をつけていいか分からずやる気が失せてしまった経験はありませんか?この記事ではそんなあなたのために、おすすめ勉強法と参考書をご紹介します!

私も受験生時代は、手探り次第に色んな教科書に手を出したりネットで調べたりしていました。今や検索すれば情報なんでもわかる時代、しかし情報が多すぎてどれが正しいのかもよく分かりませんよね。

そこでこの記事では私がそんな中で効果を実感できた、「受験英語の勉強の始め方」、偏差値40台の人がまずやるべき「英語の基礎を固められる勉強法と参考書」をご紹介します。

早めに英語の受験勉強を始めるメリット

世の中のほとんどの受験生は高校3年生になってから本格的な受験勉強を始めます。しかし、私はそれでは遅いと思うのです。まずその理由を紹介していて、早めに受験英語の勉強を始めるメリットをご紹介します!

文系にとって英語は命

文系にとって英語は命と言っても過言ではありません。例えばセンター試験。私立文系の満点が3科目500点中英語の配点は200点。また私立入試においても英語の割合は約4〜5割を占めています。このような数字から明らかなように、大学受験において英語は最重視されています。つまり私立文系にとって英語は、命と言っても過言ではないのです。

その命とも言える英語、その受験勉強を早めに始めない手はありませんね。早めに英語の勉強を始めて、主要科目である英語を得意科目にしちゃいましょう!

受験英語は基礎が最重要

まだ本格的に英語の勉強を始めていないあなたにとって、センター試験、ましてや各私立大学の英語の問題というのは到底解けるものではない、そう思ってしまうと思います。もちろん、そのような問題は基礎がなければ解くことはできません。

しかし逆に言うと基礎があればある程度は解けるようになります。基礎を固めた上で勉強していけば、センター試験では満点を獲得できるし、難関大学の問題も解けるようになってくるのです。また難関大学になればなるほど基礎問題は正解して当たり前の世界になってきます。そこで間違えると命取りになりかねません。つまり受験勉強において何よりも基礎が重要なのです。

もし受験勉強を始めるタイミングが遅れて、基礎がないまま勉強を進めてしまったら、センター英語などの基礎問題で失点してしまう可能性があるのです。そのようにならないためにも、基礎をしっかり固める、基礎をしっかり固めるために早めに受験勉強を始めましょう。

基礎をじっくりできるのは今しかない

基礎が最重要である、ということはお分かりいただけたと思います。まだ時間もあるのだから、英語の基礎なんか今急いでやる必要はないんじゃないか、と思ったあなた。

お忘れではありませんか?私たち私立文系の最大の敵、社会科目を。

高校3年生は社会科目に追われて、英語に費やす時間がどうしても少なくなってしまいます。その限られた時間はやはり長文読解や応用問題に充てたいですよね。なので3年生になって長文を読む時間をより増やすためにも、今、基礎を固める必要があるのです。

高校2年生から始める英語勉強法!

せっかく周りより少し早く勉強を始めるのだから、差をつけたいですよね。そこで次に今あなたにやってほしい勉強法を紹介したいと思います。

英語の基礎をしっかり固める

この時期で英語の基礎を固めることによって3年生になった時の勉強がスムーズになります。

ここで言う英語の基礎とはある程度の英単語量と英文法の基礎です。おすすめの英語参考書などは後ほど紹介します。とにかく2年生のうちはその基礎を何回も何回も繰り返すことです!そして3年生になったらすぐ長文などに取り組めるようにしましょう。

勉強の習慣を作る

またもう一つやるべきことは、勉強の習慣を作ることです。
まずこの期間にやることをリストアップします。例えば、春休み中にこの参考書を1周するという目標を立てるのです。

そして次にそれを1週間単位で何ページ進めていくか、1日単位で何ページ、とおおまかに進捗目安を決めていきます。ここで注意して欲しいことは、あくまでも現実的な計画を立てることです。無理な計画を立てて達成できずにやる気が削がれるのが一番もったいないです😫

この時期は毎日少しでもいいので英語に触れることが重要です。自分が決めたノルマを毎日達成することに意味があります。それを意識しながら、計画、達成を繰り返して習慣をつけましょう。

この時期の目安の勉強時間

受験勉強において大事なのは、量ではなく質です。
つまり、どれだけ長い時間勉強しても集中していなかったら意味がないし、逆に言うと短い時間でも集中してノルマを達成できていれば良いのです。なので今は30分でもいいのでしっかり集中して自分が決めたことを達成しましょう。

最初から長時間勉強しようとして、やる気をなくしてしまうのでは元も子もありません。なのでまずは短い時間でしっかり集中できるようになることです。そしてどんどんその時間を増やしていく。一番良くないのは長い時間かけたからといって実際全然はかどっていないのに、勉強した気になることです。時間ではなくやった量でどれだけ勉強したかを考えられるようになりましょう。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

英語の基礎を固めるのにおすすめの参考書と使い方

ここでは基礎を固める、センターレベルの参考書とその勉強法を紹介します。

英単語の参考書

まずはおすすめの英単語帳をいくつか紹介します。

英単語ターゲット1400

参考書名
英単語ターゲット1400(4訂版) (大学JUKEN新書)

苦手すぎて単語も見たくないけど これはほかのものと比べると 薄めだし小さめだしなんか耐えられる。 英語無理な人は、鉄壁とかデータベースとか DUOよりもこっちおすすめします。 厚さ、大きさもそうだけど アプリがあるからスキマ時間に出来るので 私は意外と活用できてる方だと思います。

ターゲット1200→1900で良い 理由 1400にある単語は1900に殆どあります。 しかも1900の方が応用性のある単語があるので1900だけで良いと思いやーす。 ただし、時間がある人は1400をやっても良いかもしれないですよね。

たくさんの単語が乗っているこれからの人生においてこの本がやくだつであろう

レビューをもっと見る

英単語センター1500

参考書名
英単語センター1500―体で覚えるデータベース (Toshin books)

速読英単語 (1)必修編

参考書名
速読英単語 (1)必修編 [改訂第6版]

とっても好コなので、勉強用、鑑賞用、保存用、トイレ用、お風呂用、移動用、枕用、護身用を買いました。

この本をリスニングのcdと合わせて買うと、ある程度の外国の方の話は聞き取れる。耳を慣らすという点では素晴らしいと思う。あとは演習やっとけ。

速単を買ったけれど、どうしたらいいかわからない方へ。まず読もうよ。❣️ 読めないところは、何故読めないか考えよう。 構文を意識しないで、右ページをみてわかった気になってると、速読は速読でも訳文がわかっただけなので、英文を読めるようにはなりません。 しかし英語が得意な人だと、もの足りない感じがします。読めるが故に、どう使えばいいのか素朴な疑問もあるようです。たしかにそうだ。 英語が得意な人は大勢に流されず、買わないことです。 興味を注がれる題材の英文が並んでいます。 飽きません。何回も読みました。 読み物として最良の書ではないでしょうか。 訳文に誤訳が一箇所ありますから探して下さい。so that 文です。

レビューをもっと見る

システム英単語Basic

参考書名
システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

高校に上がりたての時に、初めて使い始めた単語帳です。 元々、同じ単語帳を使い続けるのが苦手な僕でも毎日習慣づけて使い込むことが出来ました! 使い方としては、まずミニマルフレーズを完璧にして、その後に細かい意味を繰り返し覚える感じて使いました。 個人差はあると思いますが、コレを使っただけで英語の偏差値が70まで上がりました❗英検対策でも使ってみたところ、準2級程度のReadingとWritingは満点取れました❗

1ページずつザクザクに切りました、 んでシャッフル。 順番に覚えないために。 それと赤チャートも切って混ぜてやりました このおかげで早稲田B判定まで出ました でもクソへんな奴って思われます

basicの1章を引きちぎって basicじゃないほうにのりで貼り付けてやりました。

レビューをもっと見る

単語を覚えるのに最も効率的な勉強法は反復することです。毎日できるだけ多くの単語を反復しましょう。具体的には、1日100〜200単語を何周もすることです。もちろん完璧にする必要はありません。そしてその日覚えられなかった単語は翌日も反復する。英単語に限らずともたくさん反復すればするほど自然と定着していくものです。そのためにも書いて覚えるのは最終手段にしましょう。1つの単語を書いて覚えている間に、3つの単語に目を通すことができますし、後者の方が確実に効果があります。私はノルマを150個として、1日1時間ひたすら反復していました。そして覚えられなかった単語には印をつけて、翌日のノルマに追加していました。

英文法の参考書

次に文法の参考書の紹介です。

総合英語Forest

参考書名
総合英語Forest 7th Edition

これで十分な感じです。 これを使うと学校の授業が下手に思えます。 学校をサボったり、休みの時はこれを使って自分のペースでやってます。 わかりやすいです。

買った癖に使わなすぎて森生える。(座布団1枚)

フォレストを使って私は英検の対策問題集と同時に勉強をしていたら英検の対策問題にも、間違えることが減り学校の勉強の理解も増えました!私は、フォレストを使ってほんとに良かったと思いました!すごいわかりやすいです!

レビューをもっと見る

深めて解ける! 英文法 INPUT

参考書名
深めて解ける! 英文法 INPUT (大学受験Nシリーズ)

志望校に在籍している方が英語が伸びた理由としてオススメしてくれたので買いました。  ネクステレベルの文法書を終わらせた後に購入したけど早いうちにやっておくべきだった。 どうしてもネクステみたいな参考書を回してしまうと文法が暗記みたいになってしまう。しかし、この本は読者をバカにしてるのか?っていうくらい易しい解説で受験英語をほぼ網羅しているので分かりやすく、本質を教えてくれるので暗記はほぼ要らなくった。  易しく書かれている分400ページ+別冊があるのでダルい。めっちゃ回してやるぞって意気込んだけど2周でギブ。星5

文法だけじゃなくて長文読解の助けにもなってます!読んでいてそうだったのか!と驚いたり共感したり…凄く楽しかったです!初めて英語の参考書に対して拒絶反応なく読み切れました!読む価値大変あると思います!

この参考書は英語の考え方を180°覆します。いままで英文法や語法を暗記していて苦しんできた人には本当にオススメです。あなたは5文型の凄さ、to不定詞の持つ本当の意味、助動詞に含まれている主観性などを理解出来ていますか?この1冊で全て解決してくれます😊😊少し分厚めですが読んで見る価値は十分にあると思います。 対応大学→関関同立、GMARCH、神戸、大阪大学など

レビューをもっと見る

これらは問題集というよりインプット用の参考書です。問題集でアウトプットするにも、知識がなければできないので、まずこれらの参考書でしっかりインプットしてから取り組むようにしましょう。

全解説頻出英文法・語法問題1000

参考書名
全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)

ネクステなどを1周したら取り組みましょう。 かなりの部分を間違えることと思います。 かなり解説が詳しいので、解説で納得できるとは思いますが、ネクステに戻り、解説を読み比べることで更に理解が深まると思います。 個人的意見ですが、 ネクステ→英頻→ネクステ(間違えたところ)→ 英頻(間違えたところ)→英頻... でほぼどこの大学も文法は御の字でしょう。

棒参考書を何周も繰り返しても文法の得点率が上がらなく困ってはや11月 友達の紹介でこの参考書に出逢いました 量が多く、やや難問も入っているため時間をかけて丁寧にやりました 1周終わった時点ですごく伸びを感じました 2周目をもう終えた頃にはセンターの文法を9割切らなくなっていました 解説と問題冊子で別れており、本当に解説もしっかりしていてすごくいい参考書です 今思えばあの棒参考書になんであんだけ時間かけていたのか今でも不思議です (ただし、基礎をもう固めた人向け)

ヴィンテージ完全に覚えてるんだけど、それでも知らんこと結構ある。大体2割くらい分からんのある。得るものは大きいと思う

レビューをもっと見る

英文法レベル別問題集 2(基礎編)

参考書名
英文法レベル別問題集 2(基礎編) (東進ブックス)

英文法のテストで赤点ばかりを叩き出していて、センターまで1年も無い……基礎をどうにかしないといけないと思って購入しました。内容はほとんどが私立高校の入試問題で、解いてみると、高校に入学できた自分には解けました笑 ちょっと物足りない気もしますが問題数が少ないので2、3周します。 あと個人的に解説は良いと思います。上のレベルもこのシリーズでやっていきたいですね。

レビューをもっと見る

英文法レベル別問題集 3(標準編)

参考書名
英文法レベル別問題集 3(標準編) (東進ブックス)

共通テストの登場で、難関私大受験者以外にとって、英文法四択問題の演習の価値が薄れてきた。そこで、この1週間で2周回せる″最速参考書″の英文法Lv別問題集″が評価されてきている。自分自身、1週間の毎日1時間程度の学習で、楽々1周できた。薄いのにも関わらず解説が詳しく、とても優れた参考書である。

ネクステージを使っていたのですが解説が少なく理解力がない自分には合わずに悩んでいたのですがこの本の詳しい解説と厳選された問題なので問題数が多くないことから非常に取り組みやすく、自分でも理解できました 来月からレベル4に取り組もうと思っています

自分は大岩先生の初めから丁寧の後に、これを使いましたが 問題、答え、解説と基本的な問題集ではありますが、解説が不十分です。 例えばallow 人 to Vで 人がVすることを許すと熟語で覚えろとありますが、 なぜpersuade hope proposeが違うのか分かりません。これでは英文法を始めたばかりの 人には詰まってしまいます。また熟語で覚えろというのが多く、できる人にはいいのかもしれませんが、理解して覚えるという点では適していません。自分はネクステをやるよりも問題集が薄いし、早く終わらせたいからと思いやりましたが、解説の不十分さにガッカリです。 しかし英文法のインプットが終わってとにかく早く終わらせたいという人には合っているかなと個人的に思いました。 ネクステなどと異なるのは、「整理」など単元ごとにまとまったポイントがないことと (あるにはあるが簡潔です)、網羅性が低いことです。いい意味で言えば重要なポイントだけに絞っている。 時間がある人は安定のネクステなどをやった方が良さそうです。 どちらをやるにしろ基礎レベルとは書いてありますが、初学者には向いていません。 スタディサプリなどでインプットをしてからやることをオススメします。

レビューをもっと見る

深めて解ける! 英文法 OUTPUT

参考書名
深めて解ける! 英文法 OUTPUT (大学受験Nシリーズ)

めちゃくちゃ厚い(約45mm)で持ち運びも不便ですが、問題数は1316問でネクステ等とそこまで変わりません。構成も左ページに問題、右ページ解説と基本のスタイルですが、見開きに問題が2問しかないなど左ページの解説がかなり充実しています。 ネクステ等やってもイマイチ何を言ってるかわからないという人にはおすすめできると思います。意外と知られてないみたいですがかなり良書だと思います。

枕としては少々分厚いところがあるが、別冊の問題集を挟むことによって自分好みの厚さに調整できるのがgood👍 これを枕にして寝ると英文法がスラスラと頭に入ってきて感動しました

ネクステなどの無機質な解説が苦手だったのですが、これは解説が分かりやすく面白いので、取り組んでいてやる気が続きます。分厚い方の本は文法事項順に問題が並んでいるのですが、別冊でランダム問題集が付いており、実際の理解度を測ることが出来て重宝しました。 授業などで一通り英文法をやり終えたという人ならランダム問題集で演習を繰り返し、間違えたところの解説を熟読する事で力がつくと思います。この参考書自体の網羅度もやり込めばMARCHの過去問なら難なく対応できるようになるレベルだったので、しっかりと基礎を固める事が出来ました。 好きでは無かった英文法を得意になるきっかけになったので、同じく英文法に苦手意識を持っている人に是非一度見てもらいたい一冊です。

レビューをもっと見る

これらは参考書を読むよりもバンバン問題を解いていきたい人向けです。なのである程度インプットしてから使うことをおすすめします。なぜなら、もしインプットしないで問題集を解いてしまうと答えを丸暗記してしまう可能性があるからです。
なのでもし利用するときは答えについている解説をしっかり読むか、前に紹介した参考書を併用して丸暗記せずにちゃんと理解できるようにしましょう。

また参考書を利用する上で一つおすすめしたいのは、インプットとアウトプットで異なるシリーズの教材を利用することです。
というのも同じシリーズだと、どうしても同じ解説になってしまうのに対し、異なるシリーズのものはより広い分野をカバーできるからです。

この記事を書いた人
いくらが好きです。現役で慶應義塾大学 法学部に合格しました。英語と世界史が得意なので、主に英語と世界史を中心とした文系科目に関する記事を書いています。3月末から海外逃亡を決意しました。

関連するカテゴリの人気記事

【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集・参考書まとめ

【大学受験英単語】レベル別!あなたにぴったりの英単語帳を紹介

【大学受験英語】偏差値40から偏差値60までの英語勉強法

【センター英語】センター8割を確実にするマル秘テクニック

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に