【古文のおすすめ参考書・問題集】勉強法から勉強の手順まで紹介!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

多くの受験生にとって、古文は英語の次に立ちはだかる大きな壁です。古文単語、古文文法、敬語、古文常識など覚える内容が多岐に渡るため、いつまでも苦手である方は多いのではないでしょうか。

古語は馴染みがないため一見難しく思えますが、しっかりと的を射た勉強をすれば確実に力がつきます。ぜひ入試本番までに学力を高めましょう!

本記事では、古文の勉強法と、おすすめの参考書・問題集について紹介します。ぜひ今後の勉強の参考にしてみてください!

古文の勉強法

古文の学習は、なるべく正確に現代語訳できるようになることが重要です。
そのためには、正確な文法・語法の知識が必要不可欠になります。これから本格的に古文の学習を始めるあなたは、まずは短文ドリル形式の文法問題集で知識を整理しておきましょう。

また、最終的には長い文章を息切れせずに読み切ることができるように、少しずつ記述量の多い問題集にチャレンジしていきましょう。地道な作業ですが、自分で訳す力・説明する力を身につけることは、二次試験のみならず、センター古文の対策にも生きてきます。

古文単語や古文法など、ある程度の基礎力が付いたら、センター試験の対策に取り組んでいきましょう。センターの古文も、要求されている箇所の現代語訳がきちんとできれば、十分に満点を狙うことができます。ただし、「表現と内容を問う設問」など、独特の設問形式も見られますので、過去問に取り組み、慣れておくことが重要です。

古文単語の学習も並行して進めましょう。書店で手に取ってみて、自分の好みに合うものを選んでかまいませんが、なるべく、語の成り立ちがしっかり説明されており、またそれぞれの語義についての実際の用例が掲載されているものを選ぶことを勧めます。どうしても取っ付きにくいという場合はゴロ合わせなどの載っているものから始めて良いでしょう。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

古文の勉強におすすめの参考書・問題集

国公立大学志望者にオススメの参考書と問題集を紹介します。
自分に合った参考書を選んで効率よく勉強を進めましょう!

参考書名
ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)
著者
井上 摩梨
ページ
83ページ
出版社
河合出版

ゴリゴリ来んなこの髭面ねずみが 終わった後に喋んな もう言うことねえわ おまえやっぱ強えわ

単語力そんな無いけど文法は割と理解してるという自分にはよかったです。まだあんまやってないけど

え、なにこれ 神書や〜ん

レビューをもっと見る
参考書名
古文上達 基礎編 読解と演習45 文法理解から応用まで
著者
仲 光雄
ページ
192ページ
出版社
Z会

これから古文読解を始めようと思っています。 そこでこちらの「古文上達56」と1段階下のレベルの「古文上達45」ではどちらが良いでしょうか? 文法の理解度としては河合塾の「ステップアップノート」がそこそこ余裕で解けるくらいです。

高校1年生の時に先生に勧められた1冊です。 3年間で10周はしました。愛してます😌🌸 まず細かくテーマごとに分かれている文法確認問題があり、それを踏まえた上での長文演習では主にその文法を取り入れた問題構成になっています。 さらに解答には丁寧な日本語訳や重要品詞分解、話のあらすじが乗っているのでとても分かりやすいです。 私は1周目は3〜5割程度の正答率でしたが、日本語訳と照らし合わせながら時間をかけて読解をすることで、周数を重ねるごとにだんだん読めるようになっていきました( ; ; )!!! また、解答の日本語訳を重要単語や重要表現の箇所だけ、赤シートで隠して何度も音読をしました。 「最初の一文でどんな話か分かる」 「内容が完璧に読み取れる」 ここまでやって初めて1冊やり遂げたと言えると思います。 私はこの本に出会うまで読解がほとんど出来ませんでしたが、ただこの本を何周も地道にやり続けたことで、偏差値45→69になり、センターの古文は0〜2ミス程度に押さえられるようになりました🐵👏🏻 古文の成績上げたいけど、どのテキストからやれば良いんだろう…と悩んでるなら、騙されたと思って3周くらいやってみてください。 それで合わなかったら私ではなくZ会に文句言ってください。( ◠‿◠ )♡ ‼️‼️‼️ 古文上達45しか勝たん ‼️‼️‼️

1章につき最低5回は音読し、35章までいったところで河合模試を受験。 結果は古文と漢文で偏差値75。今まで概要把握すらできず、良くて偏差値58くらいでした。 句形には一切手をつけていないで漢文まで上がったことに驚きました。所詮漢文も書き下せば古文と同じようなもの。 大事なのはここにでてきた単語は漏らさず覚え、瞬間的に意味を言えるようにすること、そしてとにかく音読です! この際出典にも注意し、古文常識力を高めましょう。 これをやり込めば古文マスターになること間違いなし!! ちなみに現代文は相変わらず苦手で偏差値44なので国語総合の偏差値は決して高くありません(汗)

レビューをもっと見る
参考書名
古文解釈 はじめの一歩 文法から解釈へ
著者
関谷 浩
ページ
135ページ
出版社
駿台文庫

この本のお陰で古文が得意になった。 古文の本質が理解出来る。この本に助けられた!!

レビューをもっと見る
参考書名
最強の古文 読解と演習50
著者
小泉貴
ページ
352ページ
出版社
Z会出版
参考書名
最短10時間で9割とれる センター古文のスゴ技
著者
渡辺 剛啓
ページ
191ページ
出版社
KADOKAWA

選択肢の最終決定は単語力。 和訳を見て選択肢を選ぶ練習が何度か入っており、あまり実践的ではないと思いました。 単語帳と文法書を読み込んだ方がいいかもしれません。

高得点を取る人がやってる事を可視化した感じ。 裏ワザでは無くて凄ワザ。正攻法。

レビューをもっと見る
参考書名
重要古文単語315
著者
武田 博幸, 鞆森 祥悟
ページ
304ページ
出版社
桐原書店

今まで、古文単語を覚えようと思ってもなかなか頭に入ってこないので困っていました。 しかしそれがこの本と出会って変わりました…!重要古文単語315はイラストやコラム、古典常識がたくさん載っているので、とても覚えやすいです。 もっと早くこの本に出会いたかった!

古文単語を覚えるのが、単なる作業でなく楽しくなります!ぜひ手に取ってみてください。

高校入学と同時に使い始めましたが、模試の問題でもこの単語帳の内容を超えることはめったにないし、超えてもマニアックすぎて捨て問化するので、この単語帳は完全に覚えるべきです。日本語to日本語の記憶が難しいと感じる人は、1度中間に英単語を挟んでなんとなくの意味を覚えてから、例文で正確な意味を覚えていくと効果があると思います。これが受験の礎だと言っても過言ではないでしょう。

レビューをもっと見る
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    古文参考書問題集6選!GMARCH志望の方は文法・単語から学ぼう!

    【古文単語帳】読んで見て覚える重要古文単語315の使い方と特徴

    古文の勉強法とオススメ参考書・問題集【早稲田・MARCH対策】

    【古文】古文上達 読解と演習56の使い方と特徴

    【古文のおすすめ参考書・問題集】勉強法から勉強の手順まで紹介!

    【古文】「源氏」でわかる古典常識の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に