【古文のおすすめ参考書・問題集】勉強法から勉強の手順まで紹介!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

多くの受験生にとって、古文は英語の次に立ちはだかる大きな壁です。古文単語、古文文法、敬語、古文常識など覚える内容が多岐に渡るため、いつまでも苦手である方は多いのではないでしょうか。

古語は馴染みがないため一見難しく思えますが、しっかりと的を射た勉強をすれば確実に力がつきます。ぜひ入試本番までに学力を高めましょう!

本記事では、古文の勉強法と、おすすめの参考書・問題集について紹介します。ぜひ今後の勉強の参考にしてみてください!

古文の勉強法

古文の学習は、なるべく正確に現代語訳できるようになることが重要です。
そのためには、正確な文法・語法の知識が必要不可欠になります。これから本格的に古文の学習を始めるあなたは、まずは短文ドリル形式の文法問題集で知識を整理しておきましょう。

また、最終的には長い文章を息切れせずに読み切ることができるように、少しずつ記述量の多い問題集にチャレンジしていきましょう。地道な作業ですが、自分で訳す力・説明する力を身につけることは、二次試験のみならず、センター古文の対策にも生きてきます。

古文単語や古文法など、ある程度の基礎力が付いたら、センター試験の対策に取り組んでいきましょう。センターの古文も、要求されている箇所の現代語訳がきちんとできれば、十分に満点を狙うことができます。ただし、「表現と内容を問う設問」など、独特の設問形式も見られますので、過去問に取り組み、慣れておくことが重要です。

古文単語の学習も並行して進めましょう。書店で手に取ってみて、自分の好みに合うものを選んでかまいませんが、なるべく、語の成り立ちがしっかり説明されており、またそれぞれの語義についての実際の用例が掲載されているものを選ぶことを勧めます。どうしても取っ付きにくいという場合はゴロ合わせなどの載っているものから始めて良いでしょう。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

古文の勉強におすすめの参考書・問題集

国公立大学志望者にオススメの参考書と問題集を紹介します。
自分に合った参考書を選んで効率よく勉強を進めましょう!

参考書名
ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)
著者
井上 摩梨
ページ
83ページ
出版社
河合出版

単語力そんな無いけど文法は割と理解してるという自分にはよかったです。まだあんまやってないけど

え、なにこれ 神書や〜ん

どうしても古文の成績を上げたくて、スタサプで評価の1番高い問題集を使ってみようと思ったのが、この本と出会ったきっかけです。 授業では理解しきれなかった穴を埋めることが出来ました。係り結びの用法など、なんとなく曖昧なところを確実に出来ました。基礎から発展までカバーできると私は思います。予習よりも復習に向いていると思います。 実際かなり成績が伸びました!!とても嬉しかったです!!スタサプとこの問題集に感謝しております!!

レビューをもっと見る
参考書名
古文上達 基礎編 読解と演習45 文法理解から応用まで
著者
仲 光雄
ページ
192ページ
出版社
Z会

「あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! )」

これ一冊で基礎的な単語力文法力を長文に活かす良い練習ができると思います! ただ文法だけはあらかじめある程度の知識を入れておくことをお勧めします 全くの知識0からだと45講とかなりボリュームが多いので挫折しそうになると思います、私は実際に1度挫折しました 参考までに、、、 本書使用後全統記述→偏差値70↑ 進研記述→偏差値80↑ 本当に感謝、、

古文の勉強を開始しようと思い、授業中に開始しました。一発目の文章から脱糞の話で草を生え散らかしました。周りから白い目で見られました。脱糞しました。授業中には、はこすべからず.....。

レビューをもっと見る
参考書名
古文解釈 はじめの一歩 文法から解釈へ
著者
関谷 浩
ページ
135ページ
出版社
駿台文庫
参考書名
最強の古文 読解と演習50
著者
小泉貴
ページ
352ページ
出版社
Z会出版
参考書名
最短10時間で9割とれる センター古文のスゴ技
著者
渡辺 剛啓
ページ
191ページ
出版社
KADOKAWA

選択肢の最終決定は単語力。 和訳を見て選択肢を選ぶ練習が何度か入っており、あまり実践的ではないと思いました。 単語帳と文法書を読み込んだ方がいいかもしれません。

高得点を取る人がやってる事を可視化した感じ。 裏ワザでは無くて凄ワザ。正攻法。

レビューをもっと見る
参考書名
重要古文単語315
著者
武田 博幸, 鞆森 祥悟
ページ
304ページ
出版社
桐原書店

僕は最初古文単語が全く覚えられませんでした。しかしこの単語帳に出会ってからスラスラと意味が頭に入ってくるようになり愛用しています。この感動を誰かに伝えたいと思い、単語が覚えるのがつ⤴︎らいと言っていた友達に貸してあげました。そしたら返ってきません。何度か返してほしいと伝えてはいますが、なかなか返ってきません。ですがそれほどこの単語帳が素晴らしいということです。ですがそろそろ返してほしいのでこの場を借りて伝えさせてください。 早く返せ。

面白いから読む気になれました。何周かするうちにほとんど覚えられました。

私はこれをずっと使ってやってたけど、最後まで古文の点数が上がらなかった! 使い方が悪かったのかな? もっといい単語帳探せばよかったっていう問題でもなかったかも 可もなく不可もなく!!!!のテキスト

レビューをもっと見る
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    古文参考書問題集6選!GMARCH志望の方は文法・単語から学ぼう!

    【古文単語帳】読んで見て覚える重要古文単語315の使い方と特徴

    古文の勉強法とオススメ参考書・問題集【早稲田・MARCH対策】

    【古文】古文上達 読解と演習56の使い方と特徴

    【古文のおすすめ参考書・問題集】勉強法から勉強の手順まで紹介!

    【古文】「源氏」でわかる古典常識の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に