【古文のおすすめ参考書・問題集】勉強法から勉強の手順まで紹介!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

多くの受験生にとって、古文は英語の次に立ちはだかる大きな壁です。古文単語、古文文法、敬語、古文常識など覚える内容が多岐に渡るため、いつまでも苦手である方は多いのではないでしょうか。

古語は馴染みがないため一見難しく思えますが、しっかりと的を射た勉強をすれば確実に力がつきます。ぜひ入試本番までに学力を高めましょう!

本記事では、古文の勉強法と、おすすめの参考書・問題集について紹介します。ぜひ今後の勉強の参考にしてみてください!

古文の勉強法

古文の学習は、なるべく正確に現代語訳できるようになることが重要です。
そのためには、正確な文法・語法の知識が必要不可欠になります。これから本格的に古文の学習を始めるあなたは、まずは短文ドリル形式の文法問題集で知識を整理しておきましょう。

また、最終的には長い文章を息切れせずに読み切ることができるように、少しずつ記述量の多い問題集にチャレンジしていきましょう。地道な作業ですが、自分で訳す力・説明する力を身につけることは、二次試験のみならず、センター古文の対策にも生きてきます。

古文単語や古文法など、ある程度の基礎力が付いたら、センター試験の対策に取り組んでいきましょう。センターの古文も、要求されている箇所の現代語訳がきちんとできれば、十分に満点を狙うことができます。ただし、「表現と内容を問う設問」など、独特の設問形式も見られますので、過去問に取り組み、慣れておくことが重要です。

古文単語の学習も並行して進めましょう。書店で手に取ってみて、自分の好みに合うものを選んでかまいませんが、なるべく、語の成り立ちがしっかり説明されており、またそれぞれの語義についての実際の用例が掲載されているものを選ぶことを勧めます。どうしても取っ付きにくいという場合はゴロ合わせなどの載っているものから始めて良いでしょう。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

古文の勉強におすすめの参考書・問題集

国公立大学志望者にオススメの参考書と問題集を紹介します。
自分に合った参考書を選んで効率よく勉強を進めましょう!

参考書名
ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)

これでタイ語も完璧です。

高3の夏にやりましたが、簡単でした。文系の高3の夏休みには少し物足りないかなと思います。 逆にこれができていないと文法問題が解けないので、基本の確認には合うのかなと思います。 おすすめなのは、 ・高1・高2の文系の人 ・高2の冬〜高3の春に基礎の確認 ・古典文法が苦手な人 あたりですかね。 見分け方や文法書の比較的細かいところもわかるので、文法書読むのやだな…どこが大事かわからない…という人はぜひ一度開いてみるといいと思います!

とりあえず、古文がちんぷんかんぷんな人はこれをやりましょう。 自分は3周ほどしてそのおかげで基礎は固まったのはもちろん学校での授業はほとんど大丈夫です。文法では十分入試問題に太刀打ちできるようになります(そこら辺の大学等)

レビューをもっと見る
参考書名
古文上達 基礎編 読解と演習45 文法理解から応用まで

このスタディプラスのバカ高いレビューを見て先日購入しました。もともと多読目的でしたが、自分が見落としていた文法的な箇所も体系的に学ぶことが出来ました。いきなり💩なの話でビックリしますが、最初は決して難しくなく、だんだん難易度が高くなっていく感じなので、取り掛かりやすく、自身の読解レベルの向上に気付かされるでしょう。 本当に良書!こんなに取り組むのが楽しい問題集は他にないと思います!

ある程度の単語力と文法理解があればすぐに取り組めますが、極端に難易度が低いわけでも、高いわけでもなく古文独特の慣れが必要な部分を補ってくれます。 例え早慶志望でも無理に背伸びして最初から難度の高い古文をやっても慣れないうちは解けないので慌てずこれから演習をやるべきだと思いますよ。 45問は多いように感じるかもしれませんが、1問1問が割と軽いので、思っているより時間はかかりません。 ただ、これ1冊で文法もやろうというのはさすがにキツイのでステップアップノートを2.3周してからするべきだと思います。

文法確認と読解演習が同時にできて良いと思いました。一話がそんなに長くないので、コツコツと進められると思います。

レビューをもっと見る
参考書名
古文解釈 はじめの一歩 文法から解釈へ

理系受験生にありがちな古文単語、文法の知識の詰め込み→問題演習で感じる「違和感」は確実に解釈の勉強を放棄していた為だと分かった。 古文事態、大まかな文構造が現代語と同じである為そのような点を軽視している受験生が多いかもしれないが、この解釈の勉強を粗末にしてはせっかくの文法知識が読解に活かせない。 文法→読解の橋渡しの役目を持つのがこの参考書だと言える。 高校によるが、文の解釈は意外と授業などでは触れない事もあるので取り組む価値は大いにあると思う。

この本のお陰で古文が得意になった。 古文の本質が理解出来る。この本に助けられた!!

レビューをもっと見る
参考書名
最強の古文 読解と演習50

文系でもここまでいらないのでは

一応早稲法に現役で合格した者です。 単語文法が完成してる人は、あとは古文になれるだけ。そこでこいつがオススメです。問題はとてもめんどくさいし、正味解かなくていいと思います。問題解く練習は過去問でしてください。本書の活用法は周回でしょう。そこそこ厄介な難度の古文がジャンル別に並んでいます。1周目は時間がかかりますが、その際にわからない単語や構造の所にマークを付けておき解説を書いておきましょう。2周目からは1文2分、50を2時間で音読周回出来ます。英語や歴史ばっかやってて古文を読むの久しぶり古文\(˙◁˙)/という人は入試ちょい前から周回しましょう。多分これが一番効率いいです。

難しいので、古文出来ないっていう人はやらない方がええやで

レビューをもっと見る
参考書名
最短10時間で9割とれる センター古文のスゴ技

選択肢の最終決定は単語力。 和訳を見て選択肢を選ぶ練習が何度か入っており、あまり実践的ではないと思いました。 単語帳と文法書を読み込んだ方がいいかもしれません。

高得点を取る人がやってる事を可視化した感じ。 裏ワザでは無くて凄ワザ。正攻法。

レビューをもっと見る
参考書名
重要古文単語315

この単語帳、絵に書いたような自称進学校で配られました。 しかし!そのわりには、というか皆さんのレビューを見れば分かるとおり素晴らしいです! そのポイントを大きく3つに分けて説明します。 ①適度なイラストと分かりやすい語呂合わせ、語源 この単語帳はその名のとおり「見て」おぼえられるようにイラストがふんだんに使われてます。 そして下らないながらも意味のある語呂合わせがのせられてます。 しかしそれはけして無駄に多くはありません。お陰で余計な情報無しにスムーズに覚えられます。 また適度に語源の解説も入ってるので理解が深まります。 例えるなら古単版鉄壁みたいです。 ②豊富な例文 この単語帳の魅力として例文が多いことです。 大抵は1単語に多くても3文ほどでしょう。しかしこれには異なる意味の数だけのっています。例題の情景を思い浮かべることで単語の意味も覚えやすく引き出しやすくなるでしょう。さらにすごいのは見出し語以外の例文ものってることですね。この本には類義語を含めると315どころか600近くの単語があるので(確か)、それもやりこむことで難関大でも対応できますね。 ③アプリ桐原の森完全対応 このほんの出版社桐原書店から出されてる「きりはらの森」という学習アプリに完全対応してます。 これには暗記カードや、例文中の単語の意味を答える即戦力クイズがあります。 これらはシャッフル可能なので、順番で覚えてしまう心配はありません!それを避けるために単語カードを作る手間も省けます! クイズの例文はもちろん類義語のも含まれてるので、より多くの語彙を強固なものにできます。 ただ最後の方の慣用句的なのはないので注意が必要です。 僕は高1の梅雨から夏前にこれを読み込み、夏いっぱいアプリをひたすらやった結果、一年間の小テストがノー勉でほぼ満点でした。みんなが休み時間に必死に覚えるのを横目に見ながらはるかに量が多い英単をやるのは気持ちがいいものです。 定期的にパラパラめくるだけで今では古単で迷うことはありません。 僕のように理系の人は特に古単に時間はさけられないと思うので、高1の初期にこうして効率よく詰め込み適度にメンテナンスするのが1番だと思います。 参考になれば幸いです。

学校指定で購入しました。 ですので、他の古典単語集を使ったことがないので他との比較は出来ませんが…。 私が特にオススメしたいのは図があること。数学でもそうですけど、図があるだけで頭の中が整理されます。使いやすいし、古典常識のコーナーもあるのでとてもいい!!

レビューをもっと見る
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    古文参考書問題集6選!GMARCH志望の方は文法・単語から学ぼう!

    【古文単語帳】読んで見て覚える重要古文単語315の使い方と特徴

    【古文】古文上達 読解と演習56の使い方と特徴

    古文の勉強法とオススメ参考書・問題集【早稲田・MARCH対策】

    【古文のおすすめ参考書・問題集】勉強法から勉強の手順まで紹介!

    【古文】「源氏」でわかる古典常識の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に