【古文のおすすめ参考書・問題集】勉強法から勉強の手順まで紹介!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

多くの受験生にとって、古文は英語の次に立ちはだかる大きな壁です。古文単語、古文文法、敬語、古文常識など覚える内容が多岐に渡るため、いつまでも苦手である方は多いのではないでしょうか。

古語は馴染みがないため一見難しく思えますが、しっかりと的を射た勉強をすれば確実に力がつきます。ぜひ入試本番までに学力を高めましょう!

本記事では、古文の勉強法と、おすすめの参考書・問題集について紹介します。ぜひ今後の勉強の参考にしてみてください!

古文の勉強法

古文の学習は、なるべく正確に現代語訳できるようになることが重要です。
そのためには、正確な文法・語法の知識が必要不可欠になります。これから本格的に古文の学習を始めるあなたは、まずは短文ドリル形式の文法問題集で知識を整理しておきましょう。

また、最終的には長い文章を息切れせずに読み切ることができるように、少しずつ記述量の多い問題集にチャレンジしていきましょう。地道な作業ですが、自分で訳す力・説明する力を身につけることは、二次試験のみならず、センター古文の対策にも生きてきます。

古文単語や古文法など、ある程度の基礎力が付いたら、センター試験の対策に取り組んでいきましょう。センターの古文も、要求されている箇所の現代語訳がきちんとできれば、十分に満点を狙うことができます。ただし、「表現と内容を問う設問」など、独特の設問形式も見られますので、過去問に取り組み、慣れておくことが重要です。

古文単語の学習も並行して進めましょう。書店で手に取ってみて、自分の好みに合うものを選んでかまいませんが、なるべく、語の成り立ちがしっかり説明されており、またそれぞれの語義についての実際の用例が掲載されているものを選ぶことを勧めます。どうしても取っ付きにくいという場合はゴロ合わせなどの載っているものから始めて良いでしょう。

古文の勉強におすすめの参考書・問題集

国公立大学志望者にオススメの参考書と問題集を紹介します。
自分に合った参考書を選んで効率よく勉強を進めましょう!

参考書名
ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)

講義系の参考書使うよりも個人的には良い

これ7周したら文法めっちゃ分かるようになりました これと単語やればいけると思います

理系はこれだけやっとけば古典文法は大丈夫です。(2次試験で古文が出るとこを除く)

レビューをもっと見る
参考書名
古文上達 基礎編 読解と演習45 文法理解から応用まで

古文の基礎から学べて単元別に特化した問題演習までできる優れもの。活用とか敬語とか忘れたら見返せるし、問題も大学で過去に出題されたものとかだし、現代語訳もすごく勉強になるから何回も解き直すのにも良い。古文が苦手な人でもわかりやすくてとにかくおすすめです!

これ初めてから古文楽しい まだ前半やからちょー簡単やけど

項目がかなり細かく分かれているため、テスト直前や、ここが分からないから勉強したいという所をピックアップして取り組めるのがGood👍👍👍 しかも一つ一つの説明が丁寧。助動詞を例にとっていえば、意味や活用、接続が書いてある下に、実例を出しての説明や例外、さらに細かい文法情報、読む時のコツについても記載されているため、とにかくわかりやすい。 古文が苦手な人や、もう一度古文の基礎を固め直したい人にはすごくオススメ! 右ページに文法、左ページに演習問題、さらに次のページを見開き1ページ使って実践問題という構成なのでとにかくたくさんの古文に触れることが出来る良書✨✨ 様々なところでのレビューを見ても高評価だし、迷ったらやってみるのがいいと思う。わかりやすいし、項目一つ一つが長い訳では無いから飽きずにできる!

レビューをもっと見る
参考書名
古文解釈 はじめの一歩 文法から解釈へ

理系受験生にありがちな古文単語、文法の知識の詰め込み→問題演習で感じる「違和感」は確実に解釈の勉強を放棄していた為だと分かった。 古文事態、大まかな文構造が現代語と同じである為そのような点を軽視している受験生が多いかもしれないが、この解釈の勉強を粗末にしてはせっかくの文法知識が読解に活かせない。 文法→読解の橋渡しの役目を持つのがこの参考書だと言える。 高校によるが、文の解釈は意外と授業などでは触れない事もあるので取り組む価値は大いにあると思う。

レビューをもっと見る
参考書名
最強の古文 読解と演習50

学部次第でもあるだろうが、東大、早慶上智の古文より難しいかもしれない。センター古文で常に満点取れるような古文が得意な人が演習用に用いるのは良いだろうが、そこまで得意ではない人にとってはオーバーワークだろう。

文系でもここまでいらないのでは

一応早稲法に現役で合格した者です。 単語文法が完成してる人は、あとは古文になれるだけ。そこでこいつがオススメです。問題はとてもめんどくさいし、正味解かなくていいと思います。問題解く練習は過去問でしてください。本書の活用法は周回でしょう。そこそこ厄介な難度の古文がジャンル別に並んでいます。1周目は時間がかかりますが、その際にわからない単語や構造の所にマークを付けておき解説を書いておきましょう。2周目からは1文2分、50を2時間で音読周回出来ます。英語や歴史ばっかやってて古文を読むの久しぶり古文\(˙◁˙)/という人は入試ちょい前から周回しましょう。多分これが一番効率いいです。

レビューをもっと見る
参考書名
最短10時間で9割とれる センター古文のスゴ技

選択肢の最終決定は単語力。 和訳を見て選択肢を選ぶ練習が何度か入っており、あまり実践的ではないと思いました。 単語帳と文法書を読み込んだ方がいいかもしれません。

高得点を取る人がやってる事を可視化した感じ。 裏ワザでは無くて凄ワザ。正攻法。

レビューをもっと見る
参考書名
重要古文単語315

315だけじゃなく後ろの方にある付録までやれば共通テストなら通用します。

自称進学校で配られがちなこの単語帳ですが、一冊目の単語帳は下手に買い足すより、コレから始めるといいです。 他の単語帳より詳しめの解説と多めの例文、視覚的に覚えられるイラスト、語源など、全部ひっくるめて覚えられるので、受験勉強始めたての色々覚える時期にはピッタリかなと思います。 共テ・中堅私大ならこれ一冊である程度対応できます。難関大を目指すなら、ゴ□ゴへの橋渡しとしてコレを使うといいでしょう。

イラストでイメージが持ちやすい! とりあえずわかりやすい!!

レビューをもっと見る
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    古文参考書問題集6選!GMARCH志望の方は文法・単語から学ぼう!

    【古文単語帳】読んで見て覚える重要古文単語315の使い方と特徴

    【古文】古文上達 読解と演習56の使い方と特徴

    古文の勉強法とオススメ参考書・問題集【早稲田・MARCH対策】

    【古文のおすすめ参考書・問題集】勉強法から勉強の手順まで紹介!

    【古文】「源氏」でわかる古典常識の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に