古文の勉強法とオススメ参考書・問題集【早稲田・MARCH対策】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

古文単語や古文文法、敬語、古文常識など、古文は学習すべき内容がたくさんあります。それゆえ古文は多くの受験生が苦手科目として行き詰まってしまう、代表的な科目です。
そこで市販される参考書や問題集を使って勉強法を定める、という方法で古文を学んでいくのも1つの手段です。本番までに力をつけて、センター古文や難関私大の問題などを解けるようにしましょう!

本記事では、GMARCHや早慶などの私立大学を志望する方におススメの、古文参考書を紹介します。下記の参考書を上手く利用して、難関大学合格を実現しましょう!




古文の勉強法

ここでは、古文のおすすめの勉強法をお伝えします。センターレベルの内容から学習することで着実に読解力、解答力が身につくので段階的に取り組んでみてください。

まず、センター古文レベルの勉強についてです。いわゆる古文の基礎に当たる部分をマスターするのが目標です。きちんとした文法・語法の知識に基づいて、1300字程度の長文をしっかりと読めることを目標にしてください。過去問の具体的な使い方としては、まず20分で問題を解いてみること。そして答え合わせの上、間違えた設問における解答の導き方の確認を徹底的にすることが重要です。最後に、じっくりと時間をかけて、文章全体について、主体や客体を確認しながら、内容がきちんと理解できるように復習してください。

次に、難関私大レベルを意識した勉強についてです。私大の過去問でも同様に、問題を解きっぱなしにせず、最後に復習し、文章の内容を理解するということを忘れないようにしてください。この作業を繰り返すことで、少しずつ古文読解の方法を体で覚えることができるでしょう。

古文の勉強でおすすめの参考書・問題集

古文の学習に比較的多くの時間を割けるであろう私大志望の方への参考書として、以下の6つを挙げます。

*これらのうち『古文読解教則本』と『古文の読解』は、研究者の著した参考書です。特に、『古文の読解』は名著と言っていいでしょう。これ一冊で受験勉強をカバーするのには骨が折れますが、文法や単語を一通り学んだ後、読み物としてこれを少しずつ味読すれば、古文に関して怖いものはなくなると言っていいでしょう。

自分に合った参考書選びを行い、効果的な学習を行いましょう!

参考書名
富井の古典文法をはじめからていねいに 大学受験 名人の授業シ

わかりにくいです。音声も覚えずらいし、きもいし最悪です。今すぐゴミ箱に捨ててスタサプか望月を使いましょう。

『富井の古典文法』は、古典文法について講義形式で解説を行なっている参考書です。やさしめの文体で書かれているので、比較的取り組みやすいのではないかと思います。 古文が苦手な人が多い理由として、そもそもの基本的な文法知識が身についていないことが挙げられると思います。そんな中で、多くの古文の参考書というのは、文法の基礎知識を有していることは前提となっています。ですから、多くの人が最初の一歩から躓いてしまうのかもしれませんね。 一方、この参考書では、ベーシックなレベルから丁寧な解説が施されています。古文嫌いの克服に役立っと思います。別冊では、古典文法の識別マニュアルや活用法がまとめてあるので、どうしても「時間がない!」と言う時は、そちらを活用しつつの復習を行ってみるのも良いでしょう。 練習問題などは収録されていますが、問題集ではありませんので、実際にここで得ていく文法知識を「使う」感覚を身につけるためには、例文などのありとあらゆる要素を駆使していき、適時自分が「理解」し「使えている」かをチェックしていってください。 ▼ 必要があれば、『やさしくわかりやすい』シリーズに立ち返るのも良いかもしれません。

現役時理系で浪人する際に文転し、活用表ナニソレオイシイノ状態で古文の勉強を始めたド初学者です。武田塾で最初にこれをやるよう言われたのですが、初めから丁寧にというザ初学者向けのタイトルにもかかわらず「え古文ってこんなむずいの?」と感じました。でも初学すぎて良いのか悪いのかもよく分かんなかったので、少し腹立つブタギツネに煽られながらも進めてみましたが、しかし!全然頭にはいってこない!全然面白くない!全然楽しくない!の3Zで、古文が苦痛になっていた私は友達のジャガラモガラ君に古文ってこんな小難しいの?と相談しました。するとスタサプのオカリナ先生が可愛くて抜けるから性欲処理にオススメだよと言われ、乗り換えたところなんとまあ分かりやすいことか!ゲームみたいに文法が解ける!分かる分かるぞ!脳に手が追いつかねえ!ってなったので私はそれ以来古文の参考書としてではなく、枕の高さ調整にしたり、お腹が空いた時に食べたりして使ってました。特に揚げて食べるのがオススメで、助動詞の活用表の天ぷらなんかは本当に絶品でした。

レビューをもっと見る
参考書名
古文読解教則本[改訂版]―古語と現代語の相違を見つめて (駿台受験シリーズ)
参考書名
改訂版 元井太郎の 古文読解が面白いほどできる本

古文単語、文法は一通り覚えたけど、なんか古文がイマイチ読みとれない、解ききれない、そんな人にオススメです。センターの古文はこれを読むだけで満点安定します。テクニックがぎっしり詰まっています。古文読解のしみけん的参考書です。あなたも是非、元井太郎のテクを堪能してください。

話し口調で書かれているので、読みやすいです! 難関私大とかの実際の文章を使って説明していくので、最初から全部がっつり読んでいこうとすると、結構疲れます。 なので、最初はさーっとひと通り読んでみて、二回目以降から少しずつ丁寧に読んでいって、何回も繰り返し読んでいった方がいいと思います! また、文法、単語の基礎がある程度出来てから読んだ方がいいです! こんな簡単なことだったのか、と思うようなこともあるので、おすすめです!

マジ神

レビューをもっと見る
参考書名
図解古文読解講義の実況中継

早稲田の問題は注釈や前書きがほとんどないので、背景知識や古文特有の思考法を身につけたもん勝ちになります。これはそういった古文常識や古文のプロの思考法を学ぶことができるので、とてもおススメです。

「特徴」 ・古文が苦手な人にも、得意だけどもっと点を伸ばしたい人にも、とても重宝する参考書です! ・まず古文読解に役立つ"技"というのを学び、その"技"を使って入試問題などの例題で"技"の定着を図ります。 ・"技"については、「主語発見法」、「和歌の解釈法」などテーマごとに別れており、それぞれとても役立つ"技"が詳細な解説の元、凝縮されています。 本書で学んだ技は実際入試問題とかを解いてるととても役立つと実感するのでオススメです! 気になった方は一度本屋で手に取って見てください(^-^)(^-^)

古文読解が苦手な私が、最初に手にとった参考書でした。 読解のポイントや古文知識を学んだページのあと、短めの読解練習問題があるのが良いです! また、練習問題にも詳しい解説や訳があるので、文章の意味が分からなくても解説を読めばスッキリすると思います。 古文知識や古文読解のポイントを勉強したい方にオススメです!

レビューをもっと見る
参考書名
古文の読解 (ちくま学芸文庫)

読みやすい。これに尽きる。 (本好きな人に限るかもだけど) 参考書よりは断然入ってきやすいし古文の見方が変わる本です!

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    古文参考書問題集6選!GMARCH志望の方は文法・単語から学ぼう!

    【古文単語帳】読んで見て覚える重要古文単語315の使い方と特徴

    【古文】古文上達 読解と演習56の使い方と特徴

    古文の勉強法とオススメ参考書・問題集【早稲田・MARCH対策】

    【古文のおすすめ参考書・問題集】勉強法から勉強の手順まで紹介!

    【古文】「源氏」でわかる古典常識の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に