【センター現代文の参考書】高得点を取る勉強法もまとめて紹介!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

センター現代文の勉強では、しっかりと論の流れを把握して解答することが大切です。それでも何となく読んでしまったり、数をこなすだけの勉強に陥ってしまう人は多いのではないでしょうか。
センター現代文はコツを掴めば高得点を狙える科目ですので、本番までにしっかりと読み方や解き方を確立しておきましょう!

本記事では、国公立大学を志望するあなたのための、センター現代文攻略に役立つ参考書を紹介していきます。徹底した対策を行うことで、安定した現代文の実力を手に入れましょう!

センター現代文対策におすすめの勉強法

旧帝大を目指す受験生は、勉強する科目が多いため、現代文の勉強になかなか時間を割けないという方も多いと思います。

だからと言って、何も対策をせず何となく感覚で問題を解いているようでは合格は難しいのも事実です。

対策が難しいとされがちな現代文ですが、ロジカルに解答を導き出す力を身につければ、安定的に点数を取ることは可能です。

そのためには、現代文の本質をとらえた解法を学ぶことが必要なのです。

論理的な読解ができる力を身に付ければ、あなたの現代文の得点は高いレベルで安定するはずです。センター現代文を効率よく対策するための参考書を使用して、着実に力を伸ばしましょう!

センター現代文の勉強におすすめの参考書・問題集

私が最もお勧めするのは「きめる! センター現代文」です。
「きめる!センター現代文」は、長年多くの受験生から高い評価を受けている参考書です。その解法は非常に論理的で、解説も豊富でとても分かりやすいのが特徴です。

また、現代文が苦手な人は「大学入試 全レベル問題集 現代文 2センター試験レベル」や「最短10時間で9割とれる センター現代文のスゴ技」が取り組みやすいでしょう。

逆に現代文が得意な人はテクニカルな「センター現代文解法の新技術」もお勧めです。

並行して、漢字力と語彙力のアップに励むことも重要です。
難関大学では1点の差が数百人の合否を分けるため、漢字といえど甘く見てはいけません。

「入試漢字マスター1800」は頻出漢字が厳選されており、意味も添えられているので効率よく漢字学習が行えます。

評論用語対策としては「ことばがちからだ!」が分かりやすく的が絞られているので、センターレベルならこの一冊を徹底して勉強しましょう。

参考書名
きめる!センター現代文【新旧両課程対応版】 (きめる!センターシリーズ)
著者
船口明
ページ
405ページ
出版社
学研マーケティング

現代文と言えば、ジェラール・ピケのような感型でお馴染みの小柴先生ですが、こちらの船口先生もとても分かりやすかったです。 小説の【最も当てはまるものにマークせよ】という問いで「全部当てはまるじゃん!」と幾度も思ったことがありましたが、この本のおかげでそれは、決めるセンター生物基礎にかける時間が足りず、うまく間脳にある視床下部が上手く機能していないために起こる現象だと思いました。 決めるセンターシリーズは、ここまで徹底して連動してるのかと本当におったまげました。 これでクソFラン獨協大学にも余裕で受かるので、受験勉強はあと3日やれば良いかなと思いました。あと3日辛抱して受験勉強頑張ろうと思います。

学校の先生の解説は、抽象的でフィーリングなところがあって分からなかったけど この本は何をどう見ればいいのか明確に書いてあるからいいと思う (国語が全然できない理系の意見) あんなに現代文が嫌いだったのに楽しい 授業でのセンター対策も点数が確実に上がってきました

現代文はもう取れねぇわって諦めて古文漢文で点数稼ごうと思ってずっと勉強してましたが、友達にこれを勧められて勉強したらセンター過去問国語120ぐらいしか取れなかったのが150-160取れるようになりました!

レビューをもっと見る
参考書名
入試漢字マスター1800+ (河合塾シリーズ)
著者
川野 一幸, 晴山 亨, 立川 芳雄
ページ
232ページ
出版社
河合出版

センターから2次の対策はほんとこれで網羅できる!!間違えやすい漢字や、意味、熟語も+αで書かれていて時間が無い中でもしっかり定着させれる!

赤のシートが3枚付いてました!過去問題集よりふた回りほどの小ささに驚きました。センター対策があったり、常用漢字以外の字には✳︎マークが付いてあります!カバーのデザインが好きなので大切に扱いたいなと思います!頑張ります!

実際に入試に出た漢字もあるのはもちろん、意味がわかりやすく載ってるので語彙力も上がる。

レビューをもっと見る
参考書名
ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES)
著者
前島 良雄, 牧野 剛, 三浦 武, 吉田 秀紀, 後藤 禎典
ページ
208ページ
出版社
河合出版

薄くて簡単だなんて言う人が多いけど、ホントに読みづらいから現代文弱者にはキツイと思う。 私はセンター8割くらいの人間だけど、ただただ苦痛だったし、タメになったとも思えない。 ただこれより先にやる現代文の参考書も無いから、現代文に力入れたい人はやったらいい。 オススメはしない。

センター試験第1問として出題される評論文を読み解くために最低限必要な用語を、約100語に絞って基礎から解説している。 センター現代文の偏差値が50あたりで低迷している場合は、そもそも入試頻出のキーワードが理解できていないことが多いので、その対策に本書は適している。本格的な問題演習に取り組む前に済ませておけば、読解がかなり楽になる。 1日1テーマ(4〜6ページ)のペースだと、10〜15分×30日程度で終わるので、遅くとも夏休みまでに完了するのが目標。 その後でセンター対策書(「決める」や田村あたりがオススメ)をこなすと、40/50点以上はコンスタントに期待できるようになる。

日本語アレルギーの奴はまずこの本から! 数が少ないので何回周回しても苦じゃない! 自分の口でスラスラ言えるまで暗記だ!!

レビューをもっと見る
参考書名
大学入試 全レベル問題集 現代文 2センター試験レベル
著者
梅澤 眞由起
ページ
144ページ
出版社
旺文社

センター形式の問題に慣れたいというそんな人向けの参考書です。問題数は、少ないですが解説がとても丁寧でわかりやすいのでおすすめします。

センター問題形式で作られているので、センターの赤本を解く前にやるといいと思います!解説もしっかりしているので問題数は少ないですが、練習問題として使うにはいいと思います。

解説も分かりやすく取り組みやすいです。 私は塾に行ってないので、この本に書いてある小説or評論の問題の解くコツなどがとても参考になりました!(*'ω')

レビューをもっと見る
参考書名
最短10時間で9割とれる センター現代文のスゴ技
著者
宮下 善紀
ページ
192ページ
出版社
KADOKAWA/中経出版

ぼくは現代文が5割を上回ることがなく、 本当に頭の底から悩んでた。 そこで出逢ったのがこの子だった。 10時間で9割⁇ ぼくは目を疑った。 それでとりあえずやってみようと思い、 お金を片手に全力で車に乗った。 購入してわずか5時間で一周おわった。 過去問を解くとアラフシギ… 7割をマークした。漢字のミスを無視すると 9割だった。 だが、題名は10時間で9割, 10対5=X対9とおく。すると、アラフシギ 10時間で実は18割。 「これなら古文と漢文は必要ない。 受験は時代とともに変わりつつある。 それに対応しなければ生きていけない。」 それが10時間で9割の伝えたかったことだ。

易化したのもありますがこの本のおかげで現代文87点取れました。 過去問に取り掛かる前にやるのをオススメします。

全ての問題を解いて答え合わせまでして解答も読んだら、忘れた時にもう一回解き直して見るのが良いです。

レビューをもっと見る
参考書名
センター現代文解法の新技術 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)
著者
ページ
220ページ
出版社
桐原書店
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    センター現代文おすすめ問題集6選!解き方がわかる問題集

    【センター現代文の参考書】高得点を取る勉強法もまとめて紹介!

    【現代文参考書】難関私大(GMARCH,早慶)向け参考書9選!

    【現代文】読解を深める現代文単語〈評論・小説〉の使い方と特徴

    【現代文問題集6選】基礎からハイレベルまで!難関私立対策はこれで決まり!

    【現代文の勉強法】おすすめ参考書・問題集で難関大入試に合格!

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に