【センター現代文の参考書】高得点を取る勉強法もまとめて紹介!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

センター現代文の勉強では、しっかりと論の流れを把握して解答することが大切です。それでも何となく読んでしまったり、数をこなすだけの勉強に陥ってしまう人は多いのではないでしょうか。
センター現代文はコツを掴めば高得点を狙える科目ですので、本番までにしっかりと読み方や解き方を確立しておきましょう!

本記事では、国公立大学を志望するあなたのための、センター現代文攻略に役立つ参考書を紹介していきます。徹底した対策を行うことで、安定した現代文の実力を手に入れましょう!

センター現代文対策におすすめの勉強法

旧帝大を目指す受験生は、勉強する科目が多いため、現代文の勉強になかなか時間を割けないという方も多いと思います。

だからと言って、何も対策をせず何となく感覚で問題を解いているようでは合格は難しいのも事実です。

対策が難しいとされがちな現代文ですが、ロジカルに解答を導き出す力を身につければ、安定的に点数を取ることは可能です。

そのためには、現代文の本質をとらえた解法を学ぶことが必要なのです。

論理的な読解ができる力を身に付ければ、あなたの現代文の得点は高いレベルで安定するはずです。センター現代文を効率よく対策するための参考書を使用して、着実に力を伸ばしましょう!

センター現代文の勉強におすすめの参考書・問題集

私が最もお勧めするのは「きめる! センター現代文」です。
「きめる!センター現代文」は、長年多くの受験生から高い評価を受けている参考書です。その解法は非常に論理的で、解説も豊富でとても分かりやすいのが特徴です。

また、現代文が苦手な人は「大学入試 全レベル問題集 現代文 2センター試験レベル」や「最短10時間で9割とれる センター現代文のスゴ技」が取り組みやすいでしょう。

逆に現代文が得意な人はテクニカルな「センター現代文解法の新技術」もお勧めです。

並行して、漢字力と語彙力のアップに励むことも重要です。
難関大学では1点の差が数百人の合否を分けるため、漢字といえど甘く見てはいけません。

「入試漢字マスター1800」は頻出漢字が厳選されており、意味も添えられているので効率よく漢字学習が行えます。

評論用語対策としては「ことばがちからだ!」が分かりやすく的が絞られているので、センターレベルならこの一冊を徹底して勉強しましょう。

参考書名
きめる!センター現代文【新旧両課程対応版】 (きめる!センターシリーズ)
著者
船口明
ページ
405ページ
出版社
学研マーケティング

センター現代文の参考書としては非常に出来のいいものとなっていることは間違いないです。具体的には、評論と小説パートに分かれていて、それぞれの設問の仕組みやそれに対するアプローチの仕方などが詳述されています。 でも正直個人的にセンター現代文は過去問演習をバチバチ決めていくうちにドンドンできるようになっていくものだ、と感じたので、余程他の教科に余裕がある人以外特別な参考書は要らないのでは?と思います。 センター現代文で高得点を獲得するために最も必要なのは「慣れ」です。テクニックにこだわらなくても大丈夫です。

センター現代文は、形式は独特だがかなりの良問であるので、しっかりとした対策をすれば点数は安定する。ではその対策はなにかということになるが、それがこの参考書にまとまっている。本書はセンター試験の過去問を徹底的に分析し、その特徴が抽象化・明文化されている。それは評論文のテーマの共通性、傍線部の言い換え、本文と選択肢の対応、小説の全体的な整理の仕方、心情問題の論点の確定方法など、様々なものがあり、これらを身につければ、あとはセンターが求める程度の語彙力(日本語力)があれば正答できる。加えて、過去に出題された漢字や語句の意味をまとめた別紙もあるので、直前にさらうのに使えるだろう。また、センター試験が現代文の問題として優れているからか、この本に書いてあることを記憶しセンター過去問で点数が取れるようになれば、自ずとSMARTと呼ばれる難関私大の評論文もある程度できるようになる。ただし、2019年度本試の小説では、この参考書の技術では選べない出題があった。また2020年度から新たな試験が始まるにつき、本書でいう「例外」的な問題が出る可能性がある。従ってこれを基礎とした上で、ほかの問題集や模試で「悪問」に慣れておくなどの、別の対策が必要になるかもしれない。

センター現代文は運なのでやらなくてもいいかも

レビューをもっと見る
参考書名
入試漢字マスター1800+ (河合塾シリーズ)
著者
川野 一幸, 晴山 亨, 立川 芳雄
ページ
232ページ
出版社
河合出版

赤のシートが3枚付いてました!過去問題集よりふた回りほどの小ささに驚きました。センター対策があったり、常用漢字以外の字には✳︎マークが付いてあります!カバーのデザインが好きなので大切に扱いたいなと思います!頑張ります!

実際に入試に出た漢字もあるのはもちろん、意味がわかりやすく載ってるので語彙力も上がる。

漢字帳って漢字を書けるようにする事を目的にやる人が多いと思うけど、それは当然やらないけんけど もっと重要なのは 漢字を見て意味が答えれるようになる事。 現代文は 基本的に ①語彙力②テーマ力③読解力 が必要なんだけど ①を鍛えるには漢字帳の意味を覚える事が1番いい、②は 現代文キーワード読解とか 普通に問題集やってつければいい、③は 現代文読解力の開発講座とか 現代文と格闘する とか解説の詳しい参考書でいける、、 俺は今まで全然本とか読んできてなかったから語彙力が乏しかったから キーワード系の参考書は勿論のこと 結構常識的な漢字すら現代文やってて意味がわからなかったからやるしかなかった。 進学校とかに行ってる人は①の力が強い人が多い、、そーゆー人たちはこんな勉強法は必要ないと思うけど 非進学校の人たちは基本①の勉強をしないといけない、、そもそも現代文の勉強をする人が少ないし やったとしても 読解系の参考書ばっかりやって1番大事な 語彙力がつけれてない、、、、英語でいうと単語帳覚えてないのに長文ばっかりやってるのと同じ。そんなアホな勉強はやめよう。 別に漢字帳とかなんでもいいけど 、武田塾の参考書ルートに入っていたから適当にこれにした。 前まで現代文は才能やからやっても伸びないと思っていたけど 文転してやらざるを得ん事になったからね( ̄∇ ̄) 俺は全体的に 国語は武田塾のルートを参考にした(´∀`) 武田塾は理系の参考書ルートはなんか微妙だけど 私立文系には良く出来ていて 特に国語と社会はかなり参考になるところがあった、てか国語は本当にほぼルート通りで伸びた、、 リア友で河合塾に行ってる阪大志望の人がいるが 夏の時点でほぼ成績(国語の)は変わらなかったけど 俺は現代文は才能じゃないって信じてやった結果 爆上げできた、、リア友の彼は今も才能と思っているらしく 伸びてないらしい、、、、、、、、、 現代文の勉強は全教科に響くので 今高1.2生は少しでもやっておこう

レビューをもっと見る
参考書名
ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES)
著者
前島 良雄, 牧野 剛, 三浦 武, 吉田 秀紀, 後藤 禎典
ページ
208ページ
出版社
河合出版

センター試験第1問として出題される評論文を読み解くために最低限必要な用語を、約100語に絞って基礎から解説している。 現代文の偏差値が50あたりで低迷している場合は、そもそも入試頻出のキーワードが理解できていないことが多いので、その対策に本書が適している。本格的な問題演習に取り組む前に済ませておけば、読解がかなり楽になる。 1日1テーマ(4〜6ページ)のペースだと、10〜15分×30日程度で終わるので、遅くとも夏休みまでに完了するのが目標。 その後でセンター対策書(「決める」や田村あなりがオススメ)をこなすと、40/50点以上はコンスタントに期待できるようになる。

日本語アレルギーの奴はまずこの本から! 数が少ないので何回周回しても苦じゃない! 自分の口でスラスラ言えるまで暗記だ!!

現代文を読む上で最低限の語彙を知っておかなければなりません。「アイデンティティ」「共同体」「メタファー」などの他人に説明できない人は必ず読みましょう。 他の参考書と比べて実際の大学入試の問題文が扱われており最も受験生よりの参考書となっています。

レビューをもっと見る
参考書名
大学入試 全レベル問題集 現代文 2センター試験レベル
著者
梅澤 眞由起
ページ
144ページ
出版社
旺文社

センター形式の問題に慣れたいというそんな人向けの参考書です。問題数は、少ないですが解説がとても丁寧でわかりやすいのでおすすめします。

センター問題形式で作られているので、センターの赤本を解く前にやるといいと思います!解説もしっかりしているので問題数は少ないですが、練習問題として使うにはいいと思います。

解説も分かりやすく取り組みやすいです。 私は塾に行ってないので、この本に書いてある小説or評論の問題の解くコツなどがとても参考になりました!(*'ω')

レビューをもっと見る
参考書名
最短10時間で9割とれる センター現代文のスゴ技
著者
宮下 善紀
ページ
192ページ
出版社
KADOKAWA/中経出版

易化したのもありますがこの本のおかげで現代文87点取れました。 過去問に取り掛かる前にやるのをオススメします。

全ての問題を解いて答え合わせまでして解答も読んだら、忘れた時にもう一回解き直して見るのが良いです。

どちらかと言えばテクニック系 いろんな解法を組み合わせて解く感じ 頭良くないと使いこなせないけど使いこなせれば強そう ちなみに俺の頭では無理だったので途中でやめました

レビューをもっと見る
参考書名
センター現代文解法の新技術 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)
著者
ページ
220ページ
出版社
桐原書店
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    センター現代文おすすめ問題集6選!解き方がわかる問題集

    【センター現代文の参考書】高得点を取る勉強法もまとめて紹介!

    【現代文参考書】難関私大(GMARCH,早慶)向け参考書9選!

    【現代文】読解を深める現代文単語〈評論・小説〉の使い方と特徴

    【現代文問題集6選】基礎からハイレベルまで!難関私立対策はこれで決まり!

    【現代文の勉強法】おすすめ参考書・問題集で難関大入試に合格!

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に