【現代文の勉強法】おすすめ参考書・問題集で難関大入試に合格!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

現代文は、フィーリングや勘に頼っていては正解するのが難しい科目です。ですが、「この知識があれば解ける」というものがないことから、勉強が行き詰まってしまう方は多いのではないでしょうか。
明確な根拠がないまま問題を解いても実力はつかないので、参考書や問題集など、勉強法を指南してくれる教材を使うことをおすすめします。特に難関大学を志望するのであれば、早め早めに対策してしまいましょう!

本記事では、GMARCHや早慶上智などの難関私立大学の現代文に対応する力を磨くための、厳選された参考書を紹介していきます。しっかりと対策を行うことで、「センス」や「フィーリング」頼りの解法を卒業しましょう!

現代文の勉強法

ここでは、現代文の勉強法について紹介します。以下の内容をぜひ今後の学習に取り入れてみてください。

現代文が苦手という人は、まずは現代文という科目に関する知識を深めましょう。一部の受験生は現代文を「センス」や「フィーリング」で解ける科目であると勘違いしており、結果として実力をつける勉強法を実践できていません。

このような「なんとなく」の勉強では、GMARCHや早慶上智といった難関私立大学に合格するだけの学力を身に付けることは難しいでしょう。

大学受験の現代文は、評論と小説の問題が出題されますが、評論文の出題が中心です。そのため、評論文に頻出する語句やテーマを学習しなければなりません。

論評用語や背景知識を頭に入れておくことで、読解がスムーズに進むようになるので、「ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20」などを使用して勉強を進めましょう。

また、現代文問題に取り組む際の読み方や解き方を丁寧に解説しているのが、「船口のゼロから読み解く最強の現代文」や「田村のやさしく語る現代文」といった参考書です。

これらの参考書を使用して、現代文読解の基礎を身につけましょう。語彙力を高め、現代文読解の基礎となる読み方と解き方を学んだあなたは、問題演習を中心とした学習に進みましょう。


これらの問題集は以下で紹介します。

現代文のおすすめ参考書・問題集

参考書名
ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES)

この本は、現代文とはいかなる科目か…ということが学べる。とは言っても抽象的なので、ざっくり言うと、倫理でやるようなことを学ぶ。この参考書は、単語帖というよりも、むしろ近代、哲学、情報化…等々の現代文のテーマを学ぶことが多い。国弱の私が使ってみると、何かいてあるか分からなかった…けど、そんなもんで大丈夫。大体で良い。ただ、現代文の演習をしてると、この参考書で読んだ内容が基礎となって、文章が非常に読みやすくなっていることに気が付いた。そして、様々な現代文を解いていくなかで、この参考書は、抽象的な概念を、非常に分かりやすく、初心者用に噛み砕いて説明していると思った。おかげで、今では現代文が得意になっている。これなしでは現代文が読めない…そう思っている(現代文が得意なら別だが)ここで一言、この本が難しいと言っている人がいるが、現代文の文章は、それ以上に難しい内容が出る。そしてもう一言(笑)、この本がなんと、意外にも倫理に役立った。倫理をしていると、この本で得た知識が非常に、非常に役にたった。デカルトやベーコン等の哲学とその背景…柳田のハレとケ…近代合理主義…科学万能論…等々、数えあげるときりがない。ほぼ、書いてあること全てが役にたったといっても過言ではない。

薄くて簡単だなんて言う人が多いけど、ホントに読みづらいから現代文弱者にはキツイと思う。 私はセンター8割くらいの人間だけど、ただただ苦痛だったし、タメになったとも思えない。 ただこれより先にやる現代文の参考書も無いから、現代文に力入れたい人はやったらいい。 オススメはしない。

センター試験第1問として出題される評論文を読み解くために最低限必要な用語を、約100語に絞って基礎から解説している。 センター現代文の偏差値が50あたりで低迷している場合は、そもそも入試頻出のキーワードが理解できていないことが多いので、その対策に本書は適している。本格的な問題演習に取り組む前に済ませておけば、読解がかなり楽になる。 1日1テーマ(4〜6ページ)のペースだと、10〜15分×30日程度で終わるので、遅くとも夏休みまでに完了するのが目標。 その後でセンター対策書(「決める」や田村あたりがオススメ)をこなすと、40/50点以上はコンスタントに期待できるようになる。

レビューをもっと見る
参考書名
船口のゼロから読み解く最強の現代文 (大学受験Nシリーズ)

自分の部屋から見える景色飽きた!

今までなんとなく解いてどうにかなってきたけれど、いつのまにかどうにもならなくなってきた、という人にこそオススメしたい本。 得意な人が無意識にやってる解き方を、図も交えて論理的に分かりやすーく書いてます。文章構造を把握するためのポイントが繰り返し繰り返し説明されているから頭に入りやすい。 青色でまとめてあるデザイン、スッキリしたレイアウトもシンプルで好きです。 とにかく現代文で伸び悩んでる人にはオススメです😭😭もうみんなに読んで欲しい、、 追記 著者の別の作品である「きめる!センター現代文」も読んでみました。やはり最強の現代文をやってからきめるセンター現代文に取り組むというのがオススメです。最強(緑のほう)は現代文の核心を解説されていて、きめるセンター(赤いほう)はその考え方を使ってセンターを解く感じなので、最強を先にやるとより理解が深まると思います。

本当に苦手という人も、そうでない人も1回はやった方いい。自分はとりあえず2周した。再び現代文スランプに陥ったらまたやります。 追記: 出口さん→文字多めの詳しい解説    船口さん→文章構造をビジュアル化 という感じなので、個人に合うものを選べば良いと思います。私は文字に拒否反応を起こしてしまうので、船口さんは合っていました。

レビューをもっと見る
参考書名
田村のやさしく語る現代文―代々木ゼミ方式

中1の時に買った本にほぼ同様の内容がありましたね。 知らない人には良書かも知れませんが、知っている人からすると別の本買ったほうがいい。

期待していたがゆえにガッカリしました。 やる必要ないです。この本からは何も得られませんでした。🤦‍♂️

現代文をフィーリングで 解ける人には必要ない教材。 現代文の偏差値が45〜50に満たないなら 使用してみるのも手だと思う。 第1講読んでみると 次の読解系の参考書で活きるのでは。 第2講は問題が結構難しいので 他の簡単な読解系の参考書に進むことを勧める。 そんなに読むのには時間がかからないので やってみるのもありな参考書だと思った。

レビューをもっと見る
参考書名
入試現代文へのアクセス 基本編 (河合塾シリーズ)

現代文の参考書は何を買えばいいかわからなくて、宗先生がおすすめしてたこの本を買ってみた。 ・現代文はなんとなく解いてる ・現代文の勉強したことない ・語彙とか重要表現とか頭に入ってない ・普段、本読まない こんな私でも使いやすい参考書でした。 私的に、直接書きこめて、サッと目を通すだけで復習できるのが一番嬉しい。

現代文 小柴大輔の現代文が面白いほどわかる本→現代文キーワード読解→入試現代文へのアクセス基礎編 小柴大輔の現代文が面白いほどわかる本→入試現代文へのアクセス基礎編 前者と後者どちらがいいですか? 前者は確実性があるのですが、やはりオーバーワークでしょうか?それとも後者でも十分なのでしょうか?教えてくださったらとても嬉しいです。

語彙力皆無の私が好きな一冊!!! キーワードとかわからない語句もおぼえられるから、ほんとにおすすめーー

レビューをもっと見る
参考書名
入試現代文へのアクセス 発展編 (河合塾シリーズ)

全部で16個の文章があります。 現代文で出されやすいキーワード(自然、秩序、言語など)の文章が載っていて、各文章の後にそれぞれのキーワードについて、それらがなぜ現代文で取り扱われるのか解説をしてくれます。 各文章毎の問題には、記述と選択問題が入っています。解答編では、選択肢の違うところや、記述のポイントなどを本文の根拠となるところを示しながらとても丁寧に、なおかつめちゃくちゃわかりやすく教えてくれます。 また解答編の後ろの方にある正解へのアクセスにて、記述をするときにどんなことに注意して書けばいいのか、読む時に何を意識して読めばいいのか、といったことが簡潔にまとめられています。 私は現代文の勉強方法がわからず、とりあえず導入として購入したのですが、導入にはかなりいいと思います。より簡単な基本編や、より難しい完成編があるので、自分の学力にあったものを選びましょう。発展編の難しさは標準~ちょいムズらしいです。

このシリーズは基礎編1周→発展編 問題6周・要約4周→完成編 問題5周・要約2周やりました。1番やりこんだのがこの発展編なのでここにレビュー書きます🤗 このシリーズは解説が類を見ないほど丁寧、要約の解答例・ポイントも載っていて、自学用に最適です。私は塾で現代文の授業を取ったのは夏期・冬期講習だけでしたが、模試や過去問ではそれなりにブイブイ言わせてました。基礎編は高2に上がる前の春休みに1周、発展編は高2の夏休みから1日1題やり、1周終わるごとに間隔を少し空けて(正確にはめんどくさくなってサボりつつ)高2の冬に仕上げました。完成編は高3に上がる前の春休みに1周して、夏まで放置し(良い子は真似しちゃダメだぞ)そこから夏の終わりまでに完成させました。だいたい2週間ペースで回せるし、1題30分と時間を決めてたのでほかの勉強の邪魔にもなりませんでした。 私がこんなに繰り返し解いたのは完璧に解けるようになるまでその回数をこなさなければいけなかっただけで、2、3周で出来るならそれが一番です。 ただ間違えたところを繰り返すだけでなく、なぜ間違えたのか?選択肢が文章の内容と一致不一致している箇所はどこか?などを考えながらやりました。はじめのうちは頭で考えるのではなく書き出してやっていました。そのうち頭の中で全部の情報が整理できるようになります。問題だけでなく文章内での対比対応・並列などの関係性に着目するのも徹底してやりました(このシリーズの解説編には文章ごとに関係性の図解での解説が載ってます それをわざと見ないで自分で書き出すのもやってました)。 塾の授業を取っていないから、という理由で周囲より成績が悪いなんて嫌だし言い訳にもしたくない、と考えていました 。(経済的な理由で現代文のレギュラー授業は取るのを諦めました) あと自分に見合ったレベルのものから始めましょう!これ本当大事🥺私は自信なかったので基礎編からやりましたし成績が順調に上がっていったので高3に上がる前に完成編に手をつけました。高3の夏終わりの模試は(現代文だけで)偏差値72でした。ブイブイ!早稲田も受かったぞ!ブイブイ! 高2の秋にいきなり完成編に手を出して「全然点取れないんだよ〜wwwとりあえず繰り返すわ」と言っていた同級生は卒業式の日、「私、#春から駿台 だからwwwwwwww」と騒いでいました(笑い事じゃない)高2のソレが原因のすべてではないとは思いますが、凡人はコツコツやるのが1番です。身の丈にあった受験🥺ぴえん🥺 自信ない人は基礎編からやろうな!!!お姉さんとの約束だぞ💪 成績がスランプで上がらん!!!みたいなのはしょっちゅうでしたし焦らないのが1番です。(受験ラスト3ヶ月毎日のように泣いていた人のセリフとは思えない)学校の先生にも頻繁に質問に行ってました。 このシリーズは本当におススメです。河合出版に足向けて寝られん🥺お世話になりました😭 追記 5月15日 暇つぶしで書いたレビューが思ってたよりも多くの人に読んでもらえてるようなので学習法についてさらに追記します。参考にしてちょ〜だい(タケモトピアノのリズム) 文章を読む時一致不一致や対比対応に注意し整理して読むというのは書きましたが、それ以前に文章の内容や言葉を理解できてないと意味がないですし、英単語と同じで現代文も単語の知識がないとレベルが上がると詰みます。日本語だからいけるっしょ笑とか言ってるそこのお前のお口に広辞苑!😘学校で配布されたもの、本屋で手にとって自分の感覚にしっくりくるものなどなんでも構いませんので一冊現代文単語の本を持って暗記しておきましょう。(私は学校から貰ったやつ使ってました、そっちもレビュー書いたゾ)これに加えて、単語帳に載ってない言葉が出てきた時直接書き込むのも良いですが自分オリジナルの単語帳を作るのもおススメです。自分の弱い文章のジャンルが掴めてきますし、言葉に対して感覚が鋭くなります。片っ端から辞書引いとけ!毎日電子辞書の広辞苑で30項目以上引いてたお姉さんとの約束!(2回目)(オリジナル単語帳作るのに躍起になって時間使い過ぎないように注意) 今年は例年通りに受験が行われるかわからない状況ですが、そのことが今日勉強をサボっていい理由にはならないと思います。受験生の皆さん頑張ってね👍何かあったらコメントで聞いたりわたしのアカウントに直接連絡くださっても構いませんのでお気軽に〜それではアデュー💃💃💃

※誤り:「採用実績」→「著者出題歴」 長文はすべて二次試験や私大入試の採用実績があるもので、極端な難問易問はないと思われる。本文の解説と設問・解答の解説がそれぞれ用意されている点もすばらしい。また、発展編とあるが、ある程度できる人は手をつけてしまってもいいと思う。 ただひとつ欠点をあげるとすれば、記述問題が少ないというところだ。基本的に記述は一問か二問であり、100字を超えるものは無い。そのため文章はいいのだが、難易度自体は「発展」と銘打つほど高くないだろう。過去問へのつなぎとしては確実に完成編を挟む必要がある。

レビューをもっと見る
参考書名
入試現代文へのアクセス 完成編

良い点 ・問題がめちゃくちゃ難しいというわけではなく、かといってめちゃくちゃ簡単なわけでもない、いい塩梅 ・解説が丁寧で、正答までのプロセスを段階を追って把握することができる(特に記述) ・設問数も16題と多すぎず、短期間で濃密な学習ができ、達成感が得られる ・先述の通り解説が丁寧なので自学自習に向いている 悪い点 ・これをやらなきゃ不合格、という訳ではないので人によってはこれに取り組む時間を英語や数学に当てた方が総合点が上がる場合がある(その方が多い)

現代文得点奪取の演習としてやりましたが、得点奪取で相当鍛えられたため、少し簡単に感じました。戦略として選択問題はすぐ終わらせ、記述は条件をあらかじめ確認しといて最後に時間かけて取り組む形です。必要な要素を線引いて最後にまとめましょう。 一題一題解く上で解説と自分の思考の差異を誤答ノートで必ず言語化します。言語化というプロセスが大事です。言語化することで思考は整理され、自分の問題点を発見できるでしょう。

発展編と比べて、記述が難しくなった 内容は少し難しくなったかなっていう感じ 特に記述かなー

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    センター現代文おすすめ問題集6選!解き方がわかる問題集

    【センター現代文の参考書】高得点を取る勉強法もまとめて紹介!

    【現代文参考書】難関私大(GMARCH,早慶)向け参考書9選!

    【現代文】読解を深める現代文単語〈評論・小説〉の使い方と特徴

    【現代文問題集6選】基礎からハイレベルまで!難関私立対策はこれで決まり!

    【現代文の勉強法】おすすめ参考書・問題集で難関大入試に合格!

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に