【現代文参考書】難関私大(GMARCH,早慶)向け参考書9選!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

本記事では、GMARCHや早慶上智といった難関私立大学のハイレベルな現代文問題で高得点を取るための参考書をまとめて紹介していきます。本記事で紹介している参考書を使って学ぶことで、難関大学への合格を実現する実力を身につけましょう。

難関私大の現代文の特徴

GMARCHや早慶上智のような難関私大の現代文の問題は文章と設問の難易度が非常に高いのが特徴です。

模試や過去問で点数が取れていても、案外フィーリングで解いていて、回答に明確な根拠を持てていない場合もあります。このような不安定な状態では得点が安定せず、本番で失敗する可能性があるため、読解の基礎の確認を必ずしておきましょう。

おすすめの現代文参考書

田村のやさしく語る現代文

参考書名
田村のやさしく語る現代文―代々木ゼミ方式
著者
田村 秀行
ページ
127ページ
出版社
代々木ライブラリー

何でこんな参考書が評価されているのか分からない。特にp54に書いてあることを真に受けるとどつぼにはまる可能性があり非常に危険な参考書。

僕のメンヘラの女友達が優しすぎて無理って泣いてました。受験で心疲れたメンヘラの方々は必読です。

タムラさん ヤさしいです 日本語 ムズカシイですヨ シカシ、タムラさんのオカゲで ワカリマス 日本のぶんしょう ワカリマスね ヒッシャの言いたいことばかりワカリマス トクイです 日本語まさにトクイです ワタシ の Native language は日本語になりマシタ どうしてくれるんデスカ タムラせんせ い タ スケテ ください😞 異常

レビューをもっと見る

現代文の参考書の中でも基礎的な一冊です。現代文の勉強について何をしていいか分からない方はこの参考書からスタートすることがおすすめです。

船口のゼロから読み解く最強の現代文

参考書名
船口のゼロから読み解く最強の現代文 (大学受験Nシリーズ)
著者
船口 明
ページ
236ページ
出版社
学研プラス

船口先生派か出口先生派かで分かれるよな 出口先生は解説のとき文字多いけど船口先生は図にしてくれて対比関係とかわかりやすいからオススメ あと、演習量も出口先生の本より多いと思う あとは本屋で見比べて選ぶのがいいと思う

本文中に出てきた問題と同じものが冊子になってついてるので書き込んで解いても安心して2週できます。カバーを外すとデザインも良く、ツルツルで使いやすいです。

現代文をセンスで乗り切ってきた人に良い。文章構造解釈の方法が練習問題の中で繰り返し説明されており、どうやって現代文を読んだらいいのか分かった。質問の意味の解説も勉強になる。一人一冊持ってほしい名作。

レビューをもっと見る

「田村のやさしく語る現代文」と同じく、現代文の参考書の中でかなり基礎的な一冊です。「田村のやさしく語る現代文」よりも問題数が多く、より基礎的な問題をたくさんこなしたい方にはおすすめです。

現代文読解力の開発講座

参考書名
現代文読解力の開発講座 (駿台受験シリーズ)
著者
霜 栄
価格
1,100円
ページ
173ページ
出版社
駿台文庫

この本を買った日に、2億円の宝くじが当たりました。安重根に襲われた時にも、この本を尻ポケットに入れていたおかげで一命を取りとめ、受験には失敗しましたが石油王と結婚することになりました。世の中は金が全てです。読解力とかより油田を開発しましょう。

勉強になる一冊でした。フィーリングで解いていて、センターレベルはなんとかなっても、少し難しくなるとできないという人などにはすごくいいと思います。書かれている内容がわかればテクニックなどに頼らず正解できる。という著者の主張が自分と合っていたこともあり、問題そのものへの解説が少ないことは気になりませんでした。

やったけどあんま意味なかった。普通に授業の内容とかぶっとったし、なんかまあでもいいと思うんこ。

レビューをもっと見る

現代文が得意だという人でも、改めて現代文という教科の特性と解法を確認するために「現代文読解の開発講座」を一読しておくことをお勧めします。

入試現代文へのアクセス

参考書名
入試現代文へのアクセス 発展編 (河合塾シリーズ)
著者
荒川 久志
ページ
176ページ
出版社
河合出版

私も去年受験勉強の合間にここのレビュー見まくって教材漁ってました。 このアクセスの発展編は、頭良い友達が良いよって進めてくれたのと、法政受かった先輩が現代文のテキストでおすすめしてくれたので買いました! 難しめの記述が多いのと、基本編に較べて問題数は少ないですが、良問が揃ってて、効果がありました!! 現代文のテキストは使い方が難しいですが、これはレイアウトがシンプルで解説は丁寧なので私にはあってました!

頭良い友達がやってて真似しました! 記述の良問が揃っててとても効果があったと思います やりっぱなしにならないようにすればいいと思います。

レビューをもっと見る

入試現代文へのアクセスはいくつか種類がありますが、この「発展編」が難関私大志望の方にはぴったりだと思います。この「入試現代文へのアクセス」はかなり解説がしっかりしていておすすめの一冊です。

現代文と格闘する

参考書名
現代文と格闘する
著者
竹國 友康
ページ
342ページ
出版社
河合出版

〜シャンンンンン‼︎‼︎‼︎(ペンと紙がぶつかる音)〜 「クッッッ‼︎‼︎!強い!悔しいがさすがだ‼︎」 「ハッッハハ‼︎!その程度でよく私と戦ろうとしましたねぇ受験生さん!」 「なめるな‼︎今日この瞬間のためにアクセス三兄弟様とすんげぇ努力してきたんだ‼︎おめぇこそこんなもんかよ!」 〜シュインンンンンン‼︎‼︎(ページをめくる音)〜 「フッフッフッ...少しはやりますねぇ。退屈にはならなそうダ‼︎!!」 〜ババババン‼︎‼︎‼︎‼︎(罰をつける音)〜 「クソッッ‼︎河○塾だけあるな!手強い!」 __一人きりの最終決戦。最後に残るのはのは読解力かはたまた絶望か。壮絶な戦いが今始まる! 次回「現代文と格闘する」!ぜってぇみtえみてくれよな!

神書。 この本に詰め込まれているのは"テクニック"ではなく"方法論"。現代文と"格闘"するとは言い得て妙で、まさにそうすることになる。 この本を完璧にするにはかなりの時間がかかるけど、この本の凄いところは完璧にしなくてもかなりの力が手に入ること。 全部で15問あるけど2〜3問やるだけでもかなりの力がつく。 つまり全15問を完璧にすれば無敵。 「現代文と格闘する」立場から「現代文をフルボッコする」立場になれるだろう。

安易なテクニックに走るのではなく骨太な読解力を身に付けるという男らしい方針に惹かれて購入。その看板に偽りはなかったです。 内容はただひたすら丁寧に読解、要約、答案作成。 ただ丁寧すぎてくっそ時間かかるので手をつけるとしたら早めがオススメです。

レビューをもっと見る

基礎固めができたら良質な問題について詳しい解説がついている参考書を読み込むことが大切です。「現代文と格闘する」は早慶上智レベルに匹敵する問題を詳細に解説しているので、基礎のおさらいと実践力を養うために最適の一冊です。

全レベル問題集現代文5

参考書名
大学入試 全レベル問題集 現代文 5私大最難関レベル
著者
梅澤 眞由起
ページ
141ページ
出版社
旺文社

評論10題、随筆2題で構成されています。 中には早稲田政経の問題もありますが、問題難易度としては私大最難関レベルと考えると全体的にはそこまで難しくないと思います。 MARCHで現代文を点数源にしたい人や、早稲田・上智で平均点を取りたい人向けといったところでしょうか。 この一つ下がMARCHレベルですが、あちらも対象レベルにしては難しくないのでMARCH上位を受ける方は⑤までやるのをオススメします。 しかし難問・奇問が少ない分一つ一つの問題の解説が詳しいので、読み込んで復習をすれば確実に力になるでしょう。 ※南山と関学が私大最難関って…?

レビューをもっと見る

実践問題に取り組む準備ができたあなたは、「大学入試 全レベル問題集 現代文 5私大最難関レベル」で最難関大学の考え方をマスターしましょう。

得点奪取現代文

参考書名
得点奪取現代文記述・論述対策 (河合塾シリーズ)
著者
天羽 康隆
ページ
197ページ
出版社
河合出版

東大オープンや全統記述模試で頻繁に出題を担当している河合塾トップ講師が中心になって書いています。そのため学校採用教材などでありがちな悪問・奇問がほとんどなく、良問でトレーニングを積むことができます。また、随筆や小説、明治期文語文といった練習素材が不足しがちなジャンルの問題も掲載されています。採点基準がはっきりと示されており、最初の5問では添削例も載っているため自学がしやすく、論述問題の解答をどのように作るかが分かるようになります。問題のレベルはそれなりに高いので、文章が読めないという人には向いていない(まだ早い)かもしれませんが、なんとなく本文は理解できるし何を書けばいいかも分かるけど、答案の作り方・答え方に自信がないという人におすすめです。 秋から過去問演習を始める前の、春から夏の時期にやっておくと良いです。志望大学によっては過去問を解き切ってしまい、演習素材が不足する場合があると思いますが、その場合の直前演習にも使えると思います。

私は国語が得意でしたが、段々記述の書き方が分からなくなってしまって、記述模試では酷い点数を取るようになってしまいました。 そこで先生にオススメされたのが得点奪取です。 解答の組み立て方が分かりやすく、読解の説明も分かりやすいです。 また点数も書いてくれてるので、先生はもちろん自分でも採点がやりやすいです。 文系でニ次試験に現代文があるという方はやって損はないと思います。

文系でありながら先生に記述添削で強烈ダメ出しを食らいどうしようものかと思って手に取ったのがこの本。 まだ例題しかやっていないけど、 ◎解説がとても充実している ◎解答例が載っているので自分の解答と見比べることができる なにより採点基準が細かく載っているからとても良い(^^) 記述力伸ばして先生をギャフンと言わせてやります👍

レビューをもっと見る

実力がついてきたあなたは、さらに最難関レベルの問題に数多く当たっていきましょう。その時におすすめなのがこの「得点奪取現代文」です。
特に私立難関校は設問に二重三重の落とし穴があり、出題者の意図まで読み取る力が必要です。

現代文キーワード読解

参考書名
現代文 キーワード読解 [改訂版]
著者
Z会出版編集部
ページ
360ページ
出版社
Z会

現代文の参考書に欲しい要素がこれでもかってほどに詰まってる。 僕は苦手な教科をやろうって時のエンジン代わりに読んでるよ!! 哲学とか好きな人にとっては楽しいと思うし、特にニーチェとかハイデガーとか好きな人にとっては恋人と同じくらい好きになると思う。 それ以外はきついかも…。 (他の教科の合間に読んでれば、余程苦手じゃない限り1週間くらいで1周できると思うよ。もちろん全文読んでもね)

〈使い始めた時の僕〉 ・現代文超苦手 ・文章の読み方が分からない ・語彙力がかなり足りない ・センター評論が30分かけて8割程度 ・現代文で述べられている内容がチンプンカンプン(時間20分の場合) 〈効果〉 ・速読力が身に付いた(センター評論が15分で8割程度とれるようになった) ・現代文でよく使われる語彙力が身に付いた 〈内容〉 ・キーワードの解説 ・現代文の基本知識が効率よく身に付く ・現代文の基本知識が体系的に身に付く ・本文(語句の解説など)がかなり論理的で、読んでいて納得しやすい 〈個人的使い方〉 ・入試問題の文章は読まなかった(早く回すため) ・キーワードの説明をよく読んで理解した 〈おすすめしたい人〉 ・現代文が苦手で、背景知識、現代文で扱われる内容の概要を知りたい人 ・得意不得意関係なく、体系的に(論理的に)知識を身に付けたい人 ・論理的な説明じゃないとムカつく人 〈備考〉 ・速読力が上がったのは、基礎知識が増え、評論文の内容、主張を予測しながら読めるようになったという理由が大きいと考えます ・僕は現代文の参考書としては漢字以外、ほぼこれだけやりました

読書は元々好きだったが、極端に教養がなく、現代文を主観で読んでしまっていた。 しかし、本書を使用してから評論のテーマを容易につかめるようになった。 あとは他の問題集に着手して実力をつけようと思う。

レビューをもっと見る

ことばはちからダ!

参考書名
ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES)
著者
前島 良雄, 牧野 剛, 三浦 武, 吉田 秀紀, 後藤 禎典
ページ
208ページ
出版社
河合出版

薄くて簡単だなんて言う人が多いけど、ホントに読みづらいから現代文弱者にはキツイと思う。 私はセンター8割くらいの人間だけど、ただただ苦痛だったし、タメになったとも思えない。 ただこれより先にやる現代文の参考書も無いから、現代文に力入れたい人はやったらいい。 オススメはしない。

センター試験第1問として出題される評論文を読み解くために最低限必要な用語を、約100語に絞って基礎から解説している。 センター現代文の偏差値が50あたりで低迷している場合は、そもそも入試頻出のキーワードが理解できていないことが多いので、その対策に本書は適している。本格的な問題演習に取り組む前に済ませておけば、読解がかなり楽になる。 1日1テーマ(4〜6ページ)のペースだと、10〜15分×30日程度で終わるので、遅くとも夏休みまでに完了するのが目標。 その後でセンター対策書(「決める」や田村あたりがオススメ)をこなすと、40/50点以上はコンスタントに期待できるようになる。

日本語アレルギーの奴はまずこの本から! 数が少ないので何回周回しても苦じゃない! 自分の口でスラスラ言えるまで暗記だ!!

レビューをもっと見る

現代文読解において、キーワードは重要です。特に難関私大の問題となると、難しいキーワードが多々出てきて、知っていると知らないとでは大きな差になります。なのでしっかり勉強しておきましょう。メインで勉強する必要はありませんが、空き時間や移動時間に目を通すようにしましょう!

最後に

ここまでMARCHや早慶など難関私大を受ける方への現代文おすすめ参考書をご紹介してきました。

「センス」や「フィーリング」に頼らない、安定した実力を身に付けることを意識した学習を行っていきましょう!

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    センター現代文おすすめ問題集6選!解き方がわかる問題集

    【センター現代文の参考書】高得点を取る勉強法もまとめて紹介!

    【現代文参考書】難関私大(GMARCH,早慶)向け参考書9選!

    【現代文】読解を深める現代文単語〈評論・小説〉の使い方と特徴

    【現代文問題集6選】基礎からハイレベルまで!難関私立対策はこれで決まり!

    【現代文の勉強法】おすすめ参考書・問題集で難関大入試に合格!

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に