未来に気づく、未来を築く

志望者登録1829

合格者の声52

特色

輝く未来のために東京福祉大学は精一杯応援します。

暗記力よりも柔軟な思考力や創造力、問題発見・解決能力の高い人材を輩出できる大学をめざし、2000年に開学しました。
学生一人ひとりの夢の実現にむけて、全学をあげて支援しています。
さぁ、福祉・保育・心理・教育のスペシャリストを目指して今こそ一歩を踏み出そう。

”アクティブ・ラーニング”のパイオニア

東京福祉大学では、2000年の開学当初から一貫して、独自の”アクティブ・ラーニング”を実践してきました。
本学の教育方法により能力を高めた卒業生たちは、それぞれの夢を実現し、即戦力の人材として社会で活躍しています。

■特徴1:楽しく学び、友人と一緒に力をつける授業
東京福祉大学の授業は、学生全員が授業に参加する「双方向対話型」。先生やほかの学生とのディスカッションや意見発表、レポート作成などを通して保育・福祉・教育・心理の現場で必要となる知識やコミュニケーション能力を養成します。

■特徴2:現場で活かせる技術・知識を確実に身につける
豊富な演習授業の中で、将来の仕事に必要となる技術を身につけ、実践力を高めます。

■:特徴3:豊富な現場実習を重視したカリキュラム
実際の現場での経験を通して、授業で得た知識や技術を社会で活かしていくための実践力にしていきます。

■特徴4:現場を体験し、将来に活かせる経験を積む
教職ボランティア・いきものがかり推進プロジェクトなど、ボランティア活動に学生が取り組みやすい環境になっています。

■特徴5:国際的な視野、国際理解力を備えた人材を養成する
グローバル化に対応できる国際理解力を備えた人材として活躍したい学生のための海外短期研修・交換留学プログラムに参加することも可能です。

親身なキャリアサポートと確かな実績

学生全員が希望の進路を実現できるよう、全学をあげて万全のキャリア支援体制を整えています。その結果、2019年3月の卒業生は教員採用試験に47名、公務員試験に40名、社会福祉士・精神保健福祉士に137名が合格しました。

■Focus1:得点力を養成する「キャリア開発教育科目」
難関の教員採用試験や公務員試験、国家試験、就職試験に向けて、1年次から4年次までカリキュラム内で「キャリア開発教育科目」を受講。各試験の過去問演習を中心に行い、合格できる得点力を身につけます。

■Focus2:学内に「就職支援室」「教職課程支援室」「福祉専門職支援室」を設置。実習指導や面接・論作文指導を行い、就職活動や試験合格、資格取得を親身にサポートしています。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に