言葉は世界をつなぐ平和の礎

志望者登録5278

合格者の声317

英米語学科

学科紹介

英語運用能力とともに、英語を使っての問題解決能力を身につける。

英語は、今やビジネスシーンのみならず日常生活においても、世界共通語としての重要な地位を確立しているといえます。異文化コミュニケーションでは、英語が話せるということだけでなく、英語を使って何を、どのように受信・発信していくかが大切になってきます。

■POINT1:語学だけでなく、社会で役立つ能力
自ら学習計画を立て、それを遂行し、必要に応じて計画を修正していくことのできる「自立した学習者」の養成をめざしています。参加型の授業によって、受け身ではなく自分で考えて問題を発見し、解決する力を養うことは、社会に出てからの仕事の進め方や生きる力にもつながります。また、"協働学習"で、協調性や教養を身につけるなど、語学を学ぶだけでなく、さまざまな能力の習得をめざしています。

■POINT2:グローバルマインドの育成
世界で活躍するためには、英語を駆使してさまざまな問題の解決に取り組むことのできる能力が求められます。これに対応するため、学年が上がるにつれ、その内容がより高度になるようにカリキュラムを組み、英語をツールとして世界情勢を読み解き、地域文化、言語文化への理解を深めます。グループワークやディスカッションなど、さまざまな要素を取り入れた英語科目の多さも特徴です。英語で学ぶことで世界への視野を広げ、高い英語運用能力と幅広い教養を習得する。これこそが本学科で学ぶ大きな意義です。

備考

定員:400人

初年度納入金:1,445,000円

学士

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に