あなたと向き合い、支え合う

志望者登録1250

合格者の声94

表現学科

学科紹介

表現学科の学び

・学びの特色
表現学科で育む「伝える力」は、淑徳大学の建学の精神である「共生の心」が土台にあります。自分の気持ちを伝えるには、他者の気持ちがわかることが前提となります。自分の表現したいことを伝えるためには、他者の「幸せ(痛み)」を知る必要があります。自分をアピールする「自利」ではなく、他人を尊重する「自利利他」の精神に 基づいた「伝える力」を育みます。

【専門性を高める3つのコース】
文字の力で表現する「文芸表現コース」、メディアをつくる「編集表現コース」、声で伝える「放送表現コース」の3つのコースがあります。1年次は3コースを横断的に学び、2年次以降に専攻を決めてそれぞれの専門性を高めていきます。

・文芸表現コース
文章の作り方、感情を伝える表現方法など、作品作りのための基礎的な知識と技術を学びます。深い教養と確かな語学力、そして多角的な思考力をもとに「美しい表現力」を身につけましょう。

・編集表現コース
新聞・雑誌などの出版物の編集・制作について学びます。企画の立案から文字原稿の作成・整理、読みやすいレイアウト、内容を効果的に伝えるグラフィックの活用など魅力的な紙面をつくる「編集」に挑戦します。

・放送表現コース
自らの声とその個性を生かして表現する技術を学びます。アナウンサーやナレーター、声優、あるいは介護や医療の現場での読み聞かせなど、さまざまなフィールドで活躍する「声のプロ」を目指しましょう。

備考

・総合型選抜(専願)

・学校推薦型選抜(専願)

・一般選抜

・大学入学共通テスト利用選抜

・社会人特別選抜

・帰国生徒特別選抜

・外国人留学生特別選抜

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に