明日を学ぼう。

志望者登録540

合格者の声49

動物危機管理学科

学科紹介

多様な動物に関する専門知識と技術を学び、幅広い動物危機管理分野で活躍できる人材を養成。

動物危機管理とは、「動物とヒトの接点に存在するリスクや危機に対して管理すること」を意味します。この中には「動物が有するリスク」や「動物が関わるヒトへのリスク」などについて、科学的知見に基づいてリスクを評価すること(リスク評価)、リスクの軽減策や回避策の検討や管理を行うこと(リスク管理)、実際に発生した災害などの危機が動物に及ぼす影響などを最小化(減災)すること、早期回復の方策や仕組みを検討し実行すること(危機管理)などが含まれます。本学科では動物危機管理に関する専門知識と技能を身につけて、ヒトと動物が共存・共生できる安全・安心な社会の構築に寄与できる人材を養成します。

備考

<入試方式>

指定校推薦入試/公募推薦入試/特待生推薦入試

総合型選抜(Ⅰ~Ⅴ期)/大学入学共通テスト利用入試(前期・中期・後期)/一般選抜(前期・後期)

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に