なりたいじぶん大学。

志望者登録1906

合格者の声36

不動産学科

学科紹介

法律、経済、金融、建築、デザインなどの分野を横断した学びで、実社会で役立つ知識・スキルを身につける

1.目的に応じたコース
不動産学科は、不動産の経営や不動産を取り巻くさまざまな制度や理論について学ぶビジネスコース、不動産の開発や取引に欠かせない鑑定・金融を学ぶファイナンスコース、建築デザインやまちづくりについて多角的な視点で学ぶデザインコースに分かれています。

2.4年間一貫少人数必修ゼミ
教員と学生の距離を近づけてきめ細やかな指導を行う少人数教育を重視。1年次の「不動産学基礎演習」、2年次の「不動産取引演習」、3年次の「不動産学研究」、4年次の「卒業論文」と4年間一貫のゼミによる少人数指導で、学生一人ひとりの成長を強力にバックアップします。

3.特徴ある進級要件
不動産学科では2年次、3年次の進級要件として、宅地建物取引士の資格取得を定めています。(※)そのため、1年次のうちに取得できるようカリキュラムを編成し、試験合格をめざす科目や模擬試験などを充実させています。
※進級判定には学内試験を併用します。

4.就職をバックアップするキャリア講座
将来の活躍の場は不動産、建設業界だけにとどまりません。例えば融資を行う金融機関や、倉庫や工場など広大な不動産を保有する大手メーカー、店舗の立地が重要な経営戦略となる小売業や外食産業、都市計画を推進する地方公務員、不動産を利用する一般企業など、さまざまな業界で不動産の知識は必要とされています。卒業後は多岐にわたる職種での活躍が期待されます。

備考

定員:180人

初年度納入金:1,205,300円

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に