~学問の力で、東京から世界の未来を拓く~

志望者登録37083

合格者の声976

機械システム工学科

学科紹介

それは考える機械、生命を支え育む機械 ― 新たな領域に突入した機械の進化を先導します

■コンセプト
 安全・安心で持続可能な社会を構築し、高レベルな健康維持及び医療支援を実現するために、これらの目的に関連する多様で複雑な問題を解決し、高い付加価値を生み出し、社会を快適化するための機械システムが求められています。そのようなシステムの開発には、システム工学、制御工学、ロボット工学、設計工学、生体工学、マイクロ・ナノテクノロジなどの学問領域を主体とする広範な知識と教養を有するとともに、それらを横断的な視点から活用できる人材が不可欠となってきています。
 本学科では上記の学問領域の基礎を教育することにより、求められる理想社会を構築する機械システムを創り出すことのできる創造性豊かな人材を育成します。

■カリキュラム
 機械システム工学科では「知能機械コース」と「生体機械コース」の二つの教育課程を設けており、2年次後期より各コースに所属し、各専門分野について学びます。
*知能機械コース
 「安全・安心で持続可能な社会」を実現するため、「機械制御・知能化システム」及び「サービス情報・ロボット工学」に関連する学問領域の基礎及び機械システムに共通する学問を学び、次いで固有の専門分野について学びます。当該分野の基本的な問題に対して学修した知識を適用し、知能機械システムを創り出すことのできる創造性豊かな人材を育成します。
*生体機械コース
 「高レベルな健康の維持および医療の支援」を実現するため、「医用工学・生体工学」及び「人間工学・福祉工学」に関連する学問領域の基礎および機械システムに共通する学問を学び、次いで固有の専門分野について学びます。これにより、当該分野の基本的な問題に対して学修した知識を適用し、生体機械システムを創り出すことのできる創造性豊かな人材を育成します。

■求める学生像
1. 今後の社会を支える多様で新しい機械システムの創成に関わりたいと考える人
2. 新しい方法論の展開、技術の研究・開発に取り組む上で、主体的に計画を立案し、自ら課題を設定する積極性を有する人
3. 国内外の開発・研究機関との技術交流・共同研究・共同開発に高い興味を持ち、積極的に参加する人

備考

定員:90名

入試制度:一般選抜/学校推薦型選抜/特別選抜

初年度納入金(予定額):661,800円(都民)、802,800円(都民外)

学士

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に