建学の精神は「人間愛」。学生一人ひとりの可能性を信じ、あたたかく慈しみ、優しく思いやり、育みます。

志望者登録9384

合格者の声401

学校教育課程数学専修

学科紹介

人はなぜ、数学を学ぶのか知る

数学は構造(パターン)の科学です。そして、数学は科学の言葉であるとも言われます。数学は、現実の現象からその特徴的な構造を取り出し、概念として抽出します。そして、抽象化された概念は、その抽象性ゆえに、様々な場面に適用可能なものになります。その抽象性が、数学が科学の言葉として用いられるゆえんです。そして、21世紀は知識基盤社会であるといわれています。人が働くことの意味が“もの”の生産から“知識”の生産へとシフトします。この21世紀を生きる若者がなぜ数学を学ばなければならないか知ることも大切な学習目標です。教育学部で学ぶことのできる数学は世の中で使われる数学のほんの一部にすぎませんが、数学が社会で果たしている役割を知るために欠かせないものばかりです。

備考

※2021年度発達教育課程設置構想中

定員:350人

入試制度:一般入試/推薦/AO(学校教育課程美術専修のみ)

初年度納入金: 1,387,000円(予定)

学士(教育学)

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に