建学の精神は「人間愛」。学生一人ひとりの可能性を信じ、あたたかく慈しみ、優しく思いやり、育みます。

志望者登録9385

合格者の声401

学校教育課美術専修

学科紹介

創ることで知る自己表現

美術における「ものつくり」の活動は、自らの内的なイメージを豊かに膨らませるための想像力と、その自分の内的なイメージを視覚化された「かたち」に表現していく創造力が必要とされています。また美術では、「ものつくり」の活動を通して、表現する喜びを味わうとともに、美術文化を敬い、継承していこうとする意欲や態度も重要です。そこで美術専修の授業は実践的な美術表現の活動を通して、個人と社会と美術との関わりを考えるとともに、表現する喜びを味わい、造形的な美的感覚(感性)や技術、知識を習得することをねらいとしています。現在、学校教育における美術教育は危機的な状況にありますが、日本の美術教育の抱える諸問題について考え、より良い美術教育を追究しましょう。

備考

※2021年度発達教育課程設置構想中

定員:350人

入試制度:一般入試/推薦/AO(学校教育課程美術専修のみ)

初年度納入金: 1,387,000円(予定)

学士(教育学)

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に