建学の精神は「人間愛」。学生一人ひとりの可能性を信じ、あたたかく慈しみ、優しく思いやり、育みます。

志望者登録9384

合格者の声401

学校教育課程家庭専修

学科紹介

自分の日常をよりよくし、地域のなかでも協働する豊かな生活を創る

家庭科は、自分の日常生活を改めて見つめ、チェックし、よりよくしていく心と能力を育てる教科です。現在、食生活の乱れ、時間やお金の偏った使い方、家族や地域の人々とのコミュニケーション不足など、日常生活に生じている問題が注目されています。大学では、こうした家族・地域や衣・食・住の問題を専門的・科学的視点から、より明確に理解できるための知識や技術を習得します。私たちはみな、お互いに影響し合って生きています。自分が身に付けた知識や技術は周囲の人々との関係のなかで生かすことができます。ボランティアや地域活動を通じて、大学生ならではのスキルを活用する体験学習の場もあります。

備考

※2021年度発達教育課程設置構想中

定員:350人

入試制度:一般入試/推薦/AO(学校教育課程美術専修のみ)

初年度納入金: 1,387,000円(予定)

学士(教育学)

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に