伝統と歴史を再確認し、すべての人と社会のために貢献する人材「サーバント・リーダー」を育成する。

志望者登録62420

合格者の声3076

特色

2022 年4 月 法学部に「ヒューマンライツ学科」を新設! (※2022年4月開設予定)

ヒューマンライツ学科は、「法は人権が尊重される社会を実現するためにある」という原点に立ち返り、人権問題の解決のために法が果たす役割について学ぶ日本初の学科です。
学科の名称に「人権」ではなく「ヒューマンライツ」と冠しているのは、国境を越えた普遍的な価値としての人権概念に基づいています。
貧困、戦争・紛争、ジェンダー、子ども、性的マイノリティなど、多様な人権問題について、法学はもちろん、政治学、経済学、社会学など隣接の社会科学の分野やジャーナリズムの観点からも学際的にアプローチしながら、鋭敏な人権意識、論理的思考力・表現力、分析力を身につけます。
卒業後は、公務員、弁護士、ジャーナリスト、NPO・NGO職員、民間企業の法務や人事の担当など、幅広いフィールドでの活躍が想定されます。

幅広い教養と豊かな人間性を育む本学独自の全学共通教育システム「青山スタンダード」

青山学院大学では、学部・学科に関係なく履修する幅広い教養教育システム「青山スタンダード」を学びの基礎としています。青山スタンダードとは、それまでの教養教育をさらに抜本的に改革し「確かな教養を培うための全学共通教育システム」です。
学びの導入をスムーズにする3科目「ウェルカム・レクチャー」「フレッシャーズ・セミナー」「キャリアデザイン・セミナー」を設置し、教養教育と専門教育のつながり重視するため、1年次よりコア科目、2年次よりテーマ別科目を履修できるようにしています。教養では「キリスト教理解・人間理解・社会理解・自然理解・歴史理解」、技能では「言葉の技能・身体の技能・情報の技能・キャリアの技能」の関連科目を設置しています。
青山スタンダード科目では、大学の4年間の学びの中でそれぞれの専門を追求する際の基礎力を養います。

「英語の青山」の伝統をさらに進化・充実 青山学院チャットルーム

青山学院チャットルームは、青山学院大学に在籍する留学生が担当する「チャットリーダー」と、
外国語(英語・中国語・韓国語等)によるコミュニケーションを通じて、国際交流ができる場です。
留学生向けとして、日本語チャットルームも開催しています。
チャットルームでは「チャットリーダー」と様々な言語を使って、楽しく会話をして頂きます。 グループセッションでは最大6名の学生と1名のチャットリーダーでグループごとに会話を、One to Oneセッションではチャットリーダーと1対1で会話を楽しんで頂けます。 セッションを通して、チャットリーダーの出身国の文化や生活を知ることが出来たり、日本の文化をシェア出来たり、会話の中で色々な発見や学びを得ることができます。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に