伝統と歴史を再確認し、すべての人と社会のために貢献する人材「サーバント・リーダー」を育成する。

志望者登録60518

合格者の声3035

法学科

学科紹介

法の専門性と国際感覚を養い、次世代に求められるエキスパートを目指す

論理的・合理的思考に基づいて、様々な社会的課題に対して妥当な解決を導ける能力を養えることは、法学部での学びの大きなメリットです。
AOYAMA LAWの通称をもつ法学部法学科では、豊かで系統的な法知識と、それを社会の諸問題に現実に適用し活かすことができる法的思考力や判断力、
さらには、分析の筋道を説得力ある言葉で表現し人に伝えることができる表現力を培います。
1年次には、「法学入門」「民法入門」などの必修科目で法学の基礎を学ぶと同時に、本学で用意されている多様なリベラルアーツ科目「青山スタンダード科目」によって幅広い教養を身につけます。
2年次以降は、専門教育科目として、基本六法(憲法・民法・刑法・商法・刑事訴訟法・民事訴訟法)はもちろん、多種多様な先端・展開科目が開講されており、
税法、経済法、知的財産権法、保険法、労働法等、ビジネスに関連した法律科目が特に充実しています。
3・4年次では、多くの学生が演習(ゼミ)に参加し、卒業論文を書き上げます。
夏期休業期間などを利用して、学部の専任教員が引率して海外(アメリカ、イギリス、オーストラリア、中国)の大学等で学ぶ法学部独自の海外研修プログラムもあります。

備考

定員380名(予定)

入試制度

一般選抜(全学部・個別学部日程)

大学入学共通テスト利用入学者選抜

その他推薦

初年度納付金(2021年度実績)

1,407,000円

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に