伝統と歴史を再確認し、すべての人と社会のために貢献する人材「サーバント・リーダー」を育成する。

志望者登録51760

合格者の声2052

比較芸術学科

学科紹介

五感を駆使して芸術と向き合いながら、国際人としての教養も高めます。

比較芸術学科は「古典重視・鑑賞教育・比較学習」をキーワードに美術、音楽、演劇映像の3つの領域を学びます。美術は日本・東洋美術と西洋美術、音楽は西洋音楽と東洋音楽、演劇映像は日本古典芸能と西洋演劇、それに映画や写真などの領域を含んでいます。
本学が所蔵する貴重なビジュアル資料や映像、音源などを用いるほか、美術館・コンサート・劇場などに赴き、各領域の”本物”にふれる機会を多く設け、相互に比較しながら学ぶことが本学科ならではの特徴です。さまざまな芸術や古典に接する経験で、机上の教育からだけでは得られない教養やグローバルな視野を育みます。
「比較芸術学入門B」では、伝統的古典芸術の“鑑賞のツボ゛となる見方、聴き方、感じ方の基本を学べます。

備考

定員85名

入試制度

一般選抜(全学部・個別学部日程)

大学入学共通テスト利用入学者選抜

その他推薦

初年度納付金(2020年度実績)

1,394,000円

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に