学ぶ力は、未来を拓く

志望者登録44667

合格者の声1302

哲学科

学科紹介

「哲学」という広大な学問領域に豊かな解釈でアプローチする

 学習院大学の文学部は、それまでの文政学部から独立した1952年の発足当時には、哲学科と文学科の2学科しかなかったので、本学科は文学部の全学科の中でももっとも古い一貫した歴史をもっています。哲学と思想史の分野については、歴代の優れた教授陣によって輝かしい伝統が築かれてきましたが、現在はそのほかに美術史と美学、芸術学の専門分野を加え、人文科学の根本に関わる幅広い研究と教育を行っています。

 学科の特色としては、演習による文献(主として外国語や古典語)の正確な読解と、作品(絵画・彫刻・文学など)の正しい解釈と理解を、なによりも重視しています。そして学生一人一人にはそれぞれの研究課題を見つけてもらい、実証的な手続きに基づきながらできるだけ独創的な発想が生まれるように励まし、その成果を口頭で発表してもらいます。外国語が苦手な方も、教授の適切な指導やクラスメートたちのアドバイスなどを通し、いつの間にか自力で難しい哲学書に挑戦していけるようになります。その中で新しい自分の発見と、その成長のためのお手伝いができるように、教授陣ばかりでなく助教や副手を含めた研究室全体がつねに努めています。

 また本学科には「哲学・思想史系」と「美学・美術史系」の両系があります。哲学・思想史系では、古代ギリシアから、近世、現代に至る西洋の哲学をはじめ、政治、社会、宗教、芸術、文学などの思想史的研究や、日本を中心に中国、インドなどの仏教をはじめとする東洋の諸思想の研究を行うことができます。また、さまざまな分野の中でも、特に美術・芸術に興味を持つ人は、美学・美術史系を選択することができます。この系では、日本美術史、西洋美術史の経験豊かな教授陣が、絵画史を中心とする美術史研究の指導にあたるほか、彫刻史、建築史、音楽史、美学・芸術理論など、多様な芸術領域の研究ができるようになっています。

備考

定員:95人

入試制度:一般選抜/共通テスト利用選抜/学校推薦型選抜/総合型選抜/その他編入学試験等

初年度納入金(予定額):1,313,800円

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に