学ぶ力は、未来を拓く

志望者登録44768

合格者の声1302

英語英米文化学科

学科紹介

多様な視点で英語圏の分解にふれ、段階的な英語教育で国際人を育成

 英語英米文化学科では、言語、文学、社会、歴史、思想など様々な視点から英語圏の文化にアプローチします。こうした研究を通じて、ますます国際化が進む社会において、英語を話す人々の属する多種多様な文化を知り、多角的な視野を持った人間性豊かな人材を育てることが大きな教育目標です。そのために不可欠な英語のスキル―「読む」「書く」「話す」「聞く」―のトレーニングにも力を入れています。専門教育と連動した段階的かつ継続的な語学教育によって、英語圏文化への広く深い理解をもとに、自分の意見を英語で伝達できる実践的な運用力の養成を目指しています

 英語英米文化学科では3コース制を採っており、1、2年次で基礎知識を学んだうえで、3年次からは各自が興味と関心に応じて専門分野を選択し、コースゼミナールを中心にコース別の講義・演習を優先的に履修します。
 
A: 現代研究コース
 20世紀以降に加速度的にグローバル化している現代の英語圏文化を研究するコースです。

B: 英語文化コース
 19世紀以前のイギリスとアメリカの伝統ある歴史・文学を総合的に研究するコースです。

C: 言語・教育コース
 英語および言語一般の特性や体系を研究し、その知見を英語教育などへ応用する方法を探るコースです。

 また初年次の基礎教育も徹底しており、4年間、英語や英語圏の文化を学ぶための土台作りを徹底して行います。特に英語については、専門科目の「アカデミック・ライティング演習(初級)」に加えて、総合基礎科目の「英語」の授業も週4時間用意されており、ほぼ毎日英語の授業を受けることになります。他にもライティングやプレゼンテーションの演習をアカデミックな形式で行う科目や、サポートのスタッフ、講師も充実しています。

備考

定員:115人

入試制度:一般選抜/共通テスト利用選抜/学校推薦型選抜/総合型選抜/その他編入学試験等

初年度納入金(予定額):1,313,800円

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に