学ぶ力は、未来を拓く

志望者登録44772

合格者の声1302

ドイツ語圏文化学科

学科紹介

言語・文学研究からサブカルチャーまでドイツ語圏のエキスパートを養成

 自分の考えを表現し伝える「発信型」のドイツ語教育を重視し、ドイツ語圏(ドイツ、オーストリア、スイスなど)の言語と文化、 そして社会事情への理解を深める多面的なカリキュラムをコース制による少人数教育で実施し、ドイツ語圏を通して「世界」を見る視野を養います。

【充実したドイツ語教育】
一人一人のドイツ語の能力に応じたクラス配分をし、 初心者も既習者も効果的に学べる学習環境を整えています。 ネイティブの教員による授業も豊富で、「読む」「書く」 だけではなく、「話す」「聞く」ための能力もアップさせ、 コミュニケーション・スキルとしてのドイツ語の習得を目指します。

【自己表現力を養成する授業】
ドイツ語を自己表現の一つとして使えるようになるには、 母語としての日本語で、まず適切な自己表現をする訓練が欠かせません。 ドイツ語圏文化学科では、一年時から、 口頭発表やディスカッションを授業に多く取り入れ、 話し方、話のまとめ方などの仕方を指導しています。 もちろん、読む力、書く力の養成も忘れていません。

【ドイツ語圏のエキスパートを目指す】
講義や演習科目は、文学、演劇、言語学、思想などを網羅し、 ドイツ語圏諸国・地域の文化や社会事情を幅広く学習できるように構成されています。 ドイツ語やドイツ文学に限らず、広くドイツ語圏の文化、社会、 政治などのアクチュアルな問題についても考察し、国際感覚豊かな人材を養成します。

 これらを達成するために、「言語・情報コース」「文学・文化コース」「現代地域事情コース」の3つからコースを自由に選択し、卒業までのプランニングを組み立てることができます。
 この他にも特別プログラムやインターンシップの単位化など、ドイツ語圏のエキスパートを目指すためのサポートが充実しています。

備考

定員:50人

入試制度:一般選抜/共通テスト利用選抜/学校推薦型選抜/総合型選抜/その他編入学試験等

初年度納入金(予定額):1,313,800円

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に