学ぶ力は、未来を拓く

志望者登録44651

合格者の声1301

心理学科

学科紹介

人間心理の様々な側面に着目し、心理学的なものの見方を養う

 心理学の題材は、私たちの日常に数多く存在しています。例えば、思考すること、学習すること、記憶すること、悩みや迷い経験すること、自分の行動を決定し将来の計画を立てること、相手の気持ちを理解しコミュニケーションを交わすことなど、人間の心理には様々な側面があります。実験・調査・観察などの科学的方法によりデータを収集し、分析することで人の心を実証的に研究し、こうした積み重ねで心理学的ものを見る目と幅広い知識を身につけます。
学びの分野としては主に、発達・教育心理学、学習・認知心理学、臨床心理学、社会心理学の4つがあげられます。
 
 発達・教育心理学では、発達と教育の関わりを学びます。人が成長する際に、学校教育や家庭教育が身体的、認知的、社会的発達に大きな役割を果たしていることを学び、人間理解を深めます。
学習・認知心理学では、ヒトの認知機能が研究対象となります。知覚や記憶、理解、思考などヒトの認知機能を研究対象に、文献の購読、発表、討論を通じて、認知心理学の基礎知識を習得します。
臨床心理学では、心理療法の基礎的理解を深めます。臨床心理学の基礎的な学派や理論を学び、精神発達やヒトとの関係性、無意識など細分化したテーマで学びを深めます。

 社会心理学では、対人関係の問題を理解できるよう、学びを深めます。他者と相互作用しながら形成されるヒトの心理的機能を軸とする社会心理学で研究されてきた知識を得て、対人関係の問題を理解します。

このため、少人数制の心理学演習や、方法論を学ぶ心理学研究法などの授業、文献を読み、小グループで研究計画をたて、それを実施する実習によって、さまざまな心理学研究スキルを身につけていきます。

備考

定員:90人

入試制度:一般選抜/共通テスト利用選抜/学校推薦型選抜/総合型選抜/その他編入学試験等

初年度納入金(予定額):1,343,800円

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に