学ぶ力は、未来を拓く

志望者登録44772

合格者の声1302

生命科学科

学科紹介

分子細胞生物学を中心に据え、生命の分子レベルでの理解を目指す

 生命科学科の教育は基礎から最先端の知識を学び、それを実践することに重きが置かれています。近年の生命科学の発展は目覚ましく人口の爆発的増加による食料問題、環境汚染、高齢社会、医療に対して生命科学の研究から解決の糸口が見出されています。また、哲学、考古学、心理学、経済学といった文系の学問とも融合した分野が形成されつつあります。生命科学は今や個体だけではなく個体集団である社会を理解する上でも必要な学問となりました。

 学習院大学生命科学科では、特に豊富な実習プログラムがカリキュラムに加えられ、最新の設備を使って自らの手を動かして実験を行い、自らの頭を使っ て結果を議論する教育が大きな特徴です。実際には3年次までにそれぞれ異なる研究分野で研究に使用される機器を用いた実習が行われ、4年次になると各研究室で最先端の研究につながる研究テーマが与えられ、1年間卒業研究に従事します。大学院生は研究者として自ら研究テーマを選択し、その結果を論文の形であるいは国内、国際学会で発表する機会が与えられます。世界の一線で活躍する教授陣が学部生、大学院生と同じ目線で議論する機会も多く学部生、大学院生でも世界的な発見をする環境が整っているといえるでしょう。

 また生命科学科は8つの研究室8名の教授と8名の助教からなる比較的小さな学科です。しかし、最新の研究施設を備え、発生、再生、遺伝、進化、老化、蛋白質構造、神経など生命科学の様々な謎を解明を目指して世界でリーダーとして活躍するトップレベルの教授陣が最先端の研究を進めています。
 この少人数の体制により、分子細胞生物学を共通の基盤として、生化学、生物物理学、分子生物学、細胞生物学などの「基礎生命科学」、発生学、生理学、植物科学、神経生物学などの「統合生物科学」に加え生態環境科学、免疫生物学、バイオインフォマティクスなどの幅広い生命科学分野を学びます。さらに、新しく開講した「生命社会学」では様々な社会問題に関して生命科学だけではなく法学、経済学、心理学、哲学からの視点を他学部学生と議論をしながら学びます。

備考

定員:48人

入試制度:一般選抜/共通テスト利用選抜/学校推薦型選抜/総合型選抜/その他編入学試験等

初年度納入金(予定額):1,765,800円

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に