もっと日本を。もっと世界へ。

志望者登録42838

合格者の声979

特色

創立139年の伝統を誇る 日本で最初の私立大学

國學院大學は、明治15年創設の皇典講究所を母体として創立され、大正9年には大学令により大学に昇格、わが国で初めて認可された私立大学のひとつです。
グローバル化が進む現代においては、異国文化を理解するため、まずは自国文化の理解が重要であると考えの下、世界で活躍できる人材育成を目指しています。

抜群の立地で学ぶ都心の2キャンパス

文・神道文化・法・経済の4学部は渋谷キャンパス、人間開発学部・観光学部は横浜たまプラーザキャンパスでそれぞれ4年間過ごします。
渋谷キャンパスは、渋谷駅から徒歩約13分。表参道駅と恵比寿駅からは徒歩約15分と抜群のアクセス環境です。キャンパス内には、「神殿」や考古・神道・校史の貴重な学術資料が揃う「國學院大學博物館」、国内屈指の蔵書数を誇る「國學院大學図書館」などがあります。
横浜たまプラーザキャンパスは、たまプラーザ駅から徒歩5分の好立地に加え、広大なグラウンドやトレーニングルーム、各種特別教室などを完備。さらに2019年7月に1号館がリニューアル、2020年4月に最新機器が取り揃う体育施設「SPORTS SQUARE 3(SS3)」が竣工、そして2021年4月には充実した学修環境が取り揃った、若木21が大幅にリニューアルするなど、生まれ変わったキャンパスで学生の皆さんをお待ちしています。

観光まちづくり学部 観光まちづくり学科 令和4年(2022年)4月開設

令和4(2022)年4月に開設する「観光まちづくり学部 観光まちづくり学科」は、日本各地の歴史、文化、自然をみつめ、観光を基軸に持続可能な「まちづくり」を考え、多様な側面から地域に貢献していくことができる人材を育てていきます。

人口減少社会に直面しているいま、いかにして、私たちが暮らす地域をより良く次世代へ引き継いでいけるかが喫緊の課題となっています。地域の環境・社会・経済に関する幅広い知識と技術を身に付け、それらを有機的に統合し、より良い未来へ向けた「観光まちづくり」の提案と実践ができる人材が各地で求められています。

本学部では、文系・理系の垣根を越え、地域を支える学問を理論と実践の両面から、分野横断的に学ぶことができます。

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に