もっと日本を。もっと世界へ。

志望者登録41943

合格者の声969

子ども支援学科

学科紹介

幼稚園教諭・保育士としての知識や技術を学び、地域の子育てを総合的に支援できる力を養います。

■「理論」と「実践」を往還しながら学ぶ
子ども支援学科は、多様な保育・幼児教育・子育ての場での「子ども支援」「子育て支援」を探究しています。新しい時代の保育・掃除教育を創造し、今、社会が求める質の高い保育の担い手を育成します。目指すのは、保育・幼児教育を修め、医学・心理学的知識や、保護者に対するカウンセリングの技術、地域をまとめる指導力などを幅広く備え、家庭と幼稚園・保育所・認定こども園、小学校、行政を結び付けた「子ども支援」を構想できる、子育て支援のプロです。子ども支援学科では、幼稚園教諭一種免許と保育士資格の同時取得が可能です。

■地域の子どもたちとの交流で学びのヒントを得る
地域との連携を重視し、市民参加型のイベントを多く開催する人間開発学部。子ども支援学科の学生も、人形劇やおもちゃ作りなど、親子向けの企画で活躍しています。

■「地域ヘルスプロモーションセンター」で実地の学びを
地域住民・大学・行政連携の一環として、「地域ヘルスプロモーションセンター」を中心に運動教室などで地域の方々の健康づくりのサポートをしています。センターは、学生にとってカウンセリングや運動プログラムの作成などを実地で身に付けられる学びの場です。

備考

定員:100人

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に