「実践の実践」。その誠実さを、人と社会を支える力に

志望者登録4708

合格者の声407

人間社会学科

学科紹介

実際に起こっている問題を、人々の心理や経済、情報などのさまざまな角度から考察。人や社会とつながれる能力を育てます。

人間社会学科では、現代の社会における国内外の多様な人間や文化のあり方を、さまざまな視点から理解し、直面する課題について自らテーマを設定し、他者を理解し、協働しながらその解決のために主体的に行動できる力が身につきます。

学びの領域

・社会・ビジネス系
ジェンダーや地域社会、ビジネスにおけるさまざまな組織の営みを、社会学や経営学の視点から学びます。社会調査の方法と実証する手法を理解し、課題解決のための力を養います。
  
・心理・教育系
心理学と教育学の専門知識や実験、調査の方法を学び、人間の心理や成長・発達について考察します。家庭や学校、企業など、人の営みと結びつく社会的課題の解決を探ります。
 
・メディア・コミュニケーション系
人間同士や、人と社会・情報の関わりについて、メディア論や情報社会論の観点から考察します。制作やワークショップを通して、メディアのあり方や与える影響も理解します。 
 
学びの特徴
<Point1>1年次からスタートする少人数制のゼミ
少人数制のゼミ(演習)を1年次から履修。研究課題に取り組むための情報収集や論文作成、プレゼンテーションのスキルを段階的に養います。担当の教員が、学生の研究発表について、思考や技能の面からサポートします。
 
<Point2>豊富なディスカッションで主体性と表現力を高める
演習をはじめ、社会調査や心理学の実験、メディア制作などにおいて、ディスカッションやワークショップの場を多数設けています。自ら考え、発表し、結論に導く力に加えて、他者の意見を聞く姿勢も養い、コミュニケーション能力を高めます。
 
<Point3>ビジネスの場で活きる幅広い学び
社会政策や人間形成、多文化社会、データサイエンスなど、実社会の課題に関連した応用分野を幅広く選択できます。多様性を受け入れ、持続可能な社会で活用するための知識と素養を身につけるとともに、女性のキャリアについても考えます。

備考

定員:200人(2学科一括募集)

入試制度:一般選抜/共通テスト利用選抜/学校推薦型選抜/総合型選抜/その他

初年度納入金(予定額):1,342,010円

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に