技術で、社会に貢献しよう。

志望者登録41014

合格者の声593

材料工学科

学科紹介

応用物理から材料プロセスまで幅広い材料技術に十分対応できるエンジニア及び研究者の育成を目指す。

本学科では、材料力学や熱力学に始まり、量子物性論や破壊力学に至る材料工学のベースとなる基礎的理論を網羅的に学び、それらを金属、セラミックス(無機材料)、半導体、有機材料および種々の先端機能材料などの広範 囲な材料・物質に対するツールとして用いる方法を学び、プロセス、構造・ 機能物性の発現などへと発展させる教育カリキュラムを採用しています。これは他学科(例えば、応用物理学科、電子工学科、機械工学科、応用化学科 など)にはない本学科独自の講義体系であり、さらにそれらを演習、実験、ゼミナール、卒業研究において具体的な「材料」を対象として用いることで理解の向上を図ります。日々進化する、『新たな物質創製科学研究(マテリアル・サイエンス)』に十分対応できる、高度な専門知識の習得と、卒業後における産業界での新たな材料開発に十分対応できるエンジニア ならびに先端領域で活躍できる研究者育成を目指します。

備考

一般入試

指定校

外国人特別入試

帰国生徒特別入学

国際バカロレア特別入学

学士入学

編入学制度

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に