就職率99.4%(2019年4月)達成!アクティブ・ラーニング(AL)×ゼミナール教育を実践

志望者登録220

合格者の声38

商学科

学科紹介

2年次よりコースを選択していきます

●商学科 マーケティングコース
商品をいかに効率よく、効果的に提供するか-その方法を考えるのがマーケティング。 消費者の年齢、ライフスタイル、居住地など、さまざまな視点から分析・販売戦略を考えて、求められる商品を探ります。流通、市場調査、物流などの知識を習得できます。
〇研究テーマ例:インスタグラムが旅行に与える影響、テーマパーク、どん底からのV字回復!、バーチャルYouTuber など
〇地域・観光プログラム…近年、訪日される外国人の方が多くなっていることに気がつきませんか? 日本人気は当分続き、欧米、東アジア等から多くの観光客を惹きつけています。このプログラムでは、日本の良さと地域の良さをPRする専門家を育成します。
 
●商学科 金融コース
お金が動く仕組みを理解し、金融に関する疑問を明かしていきます。銀行、証券、保険などの特徴を理解したうえで、金融と経済の関わりについて考察。株価はなぜ上下するのか? 円高・円安で誰が損や得をするのか?といったナゾも解決できます。
〇研究テーマ例:金融におけるAI、仮想通貨のこれから、あなたを狙う金融犯罪-お金に関する犯罪の話- など
〇ファイナンシャルマスター・プログラム…金融業界を目指す学生を対象とし、金融の専門科目を学びながら、関連した資格取得を目指します。また、専任教員が資格取得やキャリア形成のサポートを行います。
 
●商学科 会計コース
企業や組織には、常にお金の流れがあります。会計コースでは、こうしたお金の動きを記録し、金銭の動きを情報として管理、利用する方法を習得するほか、実務に活かせるノウハウも学びます。簿記資格取得、税理士、公認会計士を目指す人に向いています。
〇研究テーマ例:仮想通貨の会計処理、クラウドファンディング、日産自動車の経営分析 など
〇税理士養成プログラム…“税理士養成プログラム”は税理士を目指す独自のプログラムで、大学院進学を視野に入れた内容となっています。合格のためのテクニックだけを重視した指導ではなく、「合格=仕事のスタート地点」として、税理士に求められる知識・教養をトータルで学んでいきます。大学・大学院の6年間、慣れ親しんだ先生に支えられながら難関資格に挑戦します。

備考

定員:230名

入試制度:総合型、学校推薦型(指定校、公募制)、一般選抜(英語・国語、ベスト2教科)、大学入学共通テスト利用

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に