就職率97%(2022年3月卒)達成!実学×AL×少人数ゼミナール教育

志望者登録241

合格者の声56

経営学科

学科紹介

2年次よりコースを選択していきます(起業・事業承継コースのみ入試時に選択する必要があります)

(2021年11月にプレゼンコンテストで優秀賞を受賞した経営学部・小林ゼミナール)
 
●企業経営コース
さまざまな経営事象を通じて会社の仕組みと働きを学ぶ。 「モノやサービスを売って利益を分配し、組織を大きくする」という会社が発展する過程と、その過程で生じるさまざまな出来事を検証。国内外の優れた企業戦略を調べ、人的資源管理と賃金の関係、生産の立場から経営効率を上げるためのテクニックなど、企業のリアルな動きを学んでいきます。
〇研究テーマ例:リーダーシップとモチベーション、ハイブランド、5Gの新たなビジネス、音楽業界について、コンビニ業界について、化粧品業界、ポストコロナの居酒屋の在り方、アパレル業とEC、森永製菓の経営と業界分析、フリマアプリがファッション消費に与える影響、コロナで変わったファッション業界、出前館とウーバーイーツの比較、新規事業創造、小学館のキャラクター、カーシェアリング、化粧品業界の現状とこれから、コロナ禍のゲーム業界、漫画アプリ、マクドナルドの規模拡大-人的資源管理の視点から-、自分らしさを貫くリーダーシップ、同時代性のもたらす罠やトラップ、リーダーとマネジメントの比較、コロナ禍と日本の航空産業、エーザイの特徴的な経営方法、小売業大手のイオンから学ぶ経営の軌跡 など
 
●経営法務コース
現代社会では、自社の利益追求に並行して、CSR(企業の社会的責任)と略されることが多い企業の社会的責任が求められます。つまり、社会全体の利益に配慮しながら企業活動を行う必要があるのです。経営法務コースでは、このCSRや企業にかかわる法律、企業におけるコンプライアンス(法令遵守)のあり方などを学びます。
〇研究テーマ例:短時間労働、新型コロナによる人事管理の取り組みと動き、最低賃金、個人情報保護法について、テレワーク、著作権法と無断掲載について、ニューノーマルな働き方、電子契約に関わる法律、SNSでの誹謗中傷、ジョブ型雇用、ブラックバイト など
 
●起業・事業承継コース(入学時に出願する必要あり)
自分で会社を興したい、実家の事業を継ぎたいなど、経営者をめざす人のためのコースです。企業経営のあり方や事業計画の立て方、有名な起業家について学ぶとともに、実際に企業研究・見学を行います。理論と実践の両面から、経営者にふさわしいスキルを習得するのが目標です。
〇研究テーマ例:ファミリービジネスの効率性、事業承継における課題点と改善策、海外で起業するには何が必要か、起業家、その教育について、長続きする商店経営の実態、コロナ禍における飲食配達業、フィットネスクラブのビジネスモデル、企業経営におけるSNSの有効活用、若者の祭り離れを考える、地域課題解決を目指す新規事業研究 など
 
●情報コース
企業経営に関する多彩な科目と同時に、プログラミングやデータベースなど実際にコンピュータを使用した情報通信技術も学びます。IT技術をどのように経営に活かしていくか、といったITと経営のつながりについても詳しく学びます。
〇研究テーマ例:テレワーク、スマートシティ、コワーキングスペースとレンタルオフィス、仮想現実(VR)とは?、スポーツから見たICTの現状とこれからの社会、車の5G、アフターコロナ時代の配送サービスのデザイン、IOT家電、ESGデータからみる企業、チャットアプリ作成、プログラミングにおけるゲーム開発、新しいスポーツの観戦スタイル、aiboを用いたレクリエーション設計、アパレルECにおける顧客満足度向上に向けたDX技術の活用提案、5GとWiFi、テレワーク、eスポーツ など

備考

定員:230名

入試制度:総合型、学校推薦型(指定校、公募制)、一般選抜(英語・国語、ベスト2教科)、大学入学共通テスト利用

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に