AI時代を勝ち残る進路選択

志望者登録2230

合格者の声67

生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻

学科紹介

人々の生活を支えるデザインを学び、 世界に通用する自立したデザイナーへ

プロダクトデザインとは、自動車や家電、情報通信機器、家具、スポーツ用品、玩具、化粧品、食品など、人々の生活を支えるあらゆるモノのデザインを指し、この専攻ではそうした分野で日本を代表する人材を数多く輩出しています。プロダクトデザイナーになるためには、機能や形に加えて、生産や製造のための専門的な知識や、暮らしの背景となる社会・文化に対する知識・理解など、多くの観点を学ぶ必要があります。そうした多様な課題に対し、アクティブラーニングを基本に取り組みながら、学生個々の進路に応じた表現力や思考力、人間力を鍛え、世界に通用する自立したデザイナーを育成しています。近年は語学教育に対してさらに力を入れており、国際的コンペにおける受賞者も増え続けています。

備考

自己推薦方式

公募制推薦方式

一般方式(実技試験+国語/英語)

センターⅠ方式(実技試験+センター試験)

センターⅡ方式(センター試験のみ)

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に