社会に貢献する人材を育成する理工系総合大学

志望者登録3918

合格者の声483

リハビリテーション学科

学科紹介

2021年4月、言語聴覚学専攻が誕生しました。

【言語聴覚学専攻】
「話す」「聴く」「食べる」を支援し、人の尊厳や生きる喜びを支える言語聴覚士を育成します。本専攻では、低学年から将来を見すえた臨床教育を段階的に展開します。また、専門科目を中心に授業外の学修もプログラム化し、効率的な知識定着をはかります。卒業後も参加できる勉強会の開催やアドバイスを受けられる体制も整えるなど、行き届いた環境のもと、他者との協働力を備えた言語聴覚士を育成します。
【理学療法学専攻】
理学療法士は、病気やケガなどにより障害を持った人々の運動機能回復に寄与する医療専門職です。運動機能の回復を通して患者さんのQOL(Quality of life)向上をはかることはもちろん、スポーツの現場においてパフォーマンス向上をサポートするなど、健康な人々を対象としたフィールドも仕事のひとつ。理学療法学専攻では、リハビリテーション医療の専門職として連携・協働できる責任感を育み、生活の質の向上を目指し多くの専門的な科目を学修。高い倫理観と社会的教養を身につけ、医療の発展に誠心誠意努める理学療法士を育成します。
【作業療法学専攻】
作業療法士は、病気やケガにより障害を抱え、日常の諸活動(作業)に困難をきたした方を支援する専門職。対象者の方が社会に適応しながら、その人らしく生活を送っていくにはどうすべきか、身体と心の両面からアプローチし、的確なリハビリテーションを展開します。本専攻は、国際基準を上回るカリキュラムにより、最先端の作業療法の知識と実践的能力を養い、これからのリハビリテーション医療の充実と発展に貢献できる作業療法士を育成します。

備考

■定員

言語聴覚学専攻 40名

理学療法学専攻 80名

作業療法学専攻 40名

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に