130年の伝統と実績のある国内最大級の総合大学

志望者登録25240

合格者の声1805

生命応用化学科

学科紹介

生命・材料・環境にかかわる化学の知識と技術を修得し持続可能な社会の実現に貢献する

生命や環境に配慮した化学製品や医薬品,環境保全やリサイクル活動を進展させる新技術の開発など,持続可能な社会の実現のために,化学が果たすべき役割は拡大しています。生命応用化学科は,化学の基礎から先端化学技術までの実践的教育を行い,生命・材料・環境にかかわる化学の幅広い知識と実験技術の修得を目的とする学科です。カリキュラムは,環境にやさしく豊かな機能を持つ新規材料の開発を目指す「応用化学系」,地球にやさしい環境と産業プロセスの創生に取り組む「環境化学系」,生命現象を分子レベルで理解し,工学への応用を研究する「生命化学系」の3つの履修モデルで構成されています。それぞれについて,初年次から専門科目を系統的に学ぶことで,先端化学技術の知識や実験技術を早い段階から身に付けることを可能にしています。

備考

■定員 160名

■入試制度

指定校

公募

AO入試

センター試験利用入試

地方試験

期別募集

帰国生徒・留学生推薦

編入学制度

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に