130年の伝統と実績のある国内最大級の総合大学

志望者登録25241

合格者の声1805

機械工学科

学科紹介

ものづくりに必要な実践的なセンスを培うPBL教育で時代の要望に応えるエンジニアを養成

豊かな社会を実現する上で,あらゆる産業や生産活動の基盤となる機械工学の重要性は年々増しています。機械工学科では,機械エンジニアに不可欠な専門知識や技術だけでなく,時代のニーズに柔軟に対応できる創造力を養うことができるよう,体験を通じて理解を深めることができる実習・実験・製図などの実技系授業を中心としたカリキュラムを展開。それぞれが明確な達成目標を設定して機械を設計・製作し,ものづくりに必要な実践的なセンスを培うPBL(Project Based Learning)教育を特長としています。2年次以降は,自動車関連企業を目指す学生が対象の「自動車コース」,航空機やロケットにかかわる先端技術を研究する「航空宇宙コース」,高性能の機械を効率的に生産する工学を学び,ものづくりに精通した学生を育てる「機械創造コース」の3コースから各自の希望に応じてコースを選択し,専門性を深めていきます。

備考

■定員 198名

■入試制度

指定校

公募

AO入試

センター試験利用入試

地方試験

期別募集

帰国生徒・留学生推薦

編入学制度

パンフレット・願書

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に